開発を低コストで抑えるならオフショア開発業者のすすめ!

フィリピンの夜景

更新日:2017年10月19日 | 公開日:2014年12月22日

オフショア開発の人件費は1人の技術者に対して、1ヶ月に20日間働く内で約5分の1や3分の1ほどと言われています。
ISOの認証はプロジェクト管理が厳格で納期もしっかりと守る必要がありますが、開発費用が削減できればその分を他に充てることも可能です。
この記事では、開発費用の削減が期待できる有名オフショア開発事業業者をご紹介します!

株式会社コウェル

株式会社 クレッシェレ

DO-NET SOFTWARE PHILIPPINES inc.

株式会社フランジア・ジャパン

株式会社 モンスター・ラボ

【まとめ】オフショア開発会社の選び方でお迷いの方は

ここ数年でオフショア開発を委託する企業が増加してきています。
プログラミングに使用する言語は世界共通のため、外国人でも問題なく開発ができ、修正も容易に行うことができます。
また、海外に拠点を移した比較的低コストの人件費で、開発費用が抑えられ質の良い結果を生み出すことが可能です。
業者の工夫により、現地とのコミュニケーションの問題も駐在員を置くことで解決しているようです。
開発能力も決して劣ることのないように、細心の注意を払って対応しています。
現地の駐在員のコスト削減のために各業者で工夫を凝らしているので、低コストでの運用を実現します。
これから開発を手がける企業は、オフショア開発業者を利用してみてはいかがでしょうか。

オフショア会社選びでお迷いの方は、日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」をぜひご利用ください。
コンシェルジュがお客様の目的を伺いぴったりのオフショア開発業者をご紹介させていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ