OA機器は今やレンタルの時代!リースとレンタルの違いは?今の御社にピッタリなのはどっち?

更新日:2017年02月19日 | 公開日:2014年11月05日

この記事を読むための時間: 3分

複合機やパソコン、シュレッダーなどのOA機器はその機材やメーカーにもよりますが、大体5年前後で交換時期だと言われています。もちろん、壊れなければ使い続けるという選択肢もありますが、OA機器も日進月歩の時代。時代の流れに乗れず業務効率が落ちてしまうリスクがひそみます。

5年毎、あるいは今すぐ。交換を検討するとなれば、リースかレンタルかを選ぶ必要があります。リース会社の契約はファイナンスリース、オペレーティングリースの2種類です。前者が新品、後者が他社でリースの終了した中古機器を契約するということになります。それぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう!

1.ファイナンスリースのメリット・デメリット

1-1.ファイナンスリースのメリット

メリット1:希望機種が新品でレンタル可能
中古リースは限られた旧型の機器から選ぶことになるため、希望通りの機能がついていないかもしれないという不安要素があります。ファイナンスリースであれば最新機種を使用できるため、そのような心配も必要ありません。


メリット2:最新の設備やシステムにも対応
あらゆるOA機器には新たな機能が追加され続けていますが、旧型の場合、その他の機器と連携を取れない可能性があります。年代がまちまちなOA機器をかき集めるのではなく、常に最新機種のリースをすることで、他の機器との連携が取れないという困った事態を避けることができます。

1-2.ファイナンスリースのデメリット

デメリット1:リース期間中の解約はできない
基本的に新規のリースは年単位の契約になるため、期間中は機種の変更等はできません。どうしても解約したい場合は、違約金を支払うことになります。

デメリット2:リース期間中の故障については、ユーザー負担
初期不良などであればメーカーに問い合わせれば無償交換してくれる場合もありますが、基本的にリース期間中の故障はユーザー負担となります。

2.オペレーティングリースのメリット・デメリット

2-1.オペレーティングリースのメリット

メリット1:フィナンシャルに比べてリース料金が格安
一度リースした機器のため、OA機器の残存価格でリース料を算出しています。OA機器本来の寿命が設定されており、それに比例して残存期間が短いものほど安くなります。

メリット2:リース期間が自由に設定可能
加えて、リース期間終了後は、①再リースをする ②買取る ③返却する の三つから選択が可能です。

2-2.オペレーティングリースのデメリット

デメリット1:希望のOA機器を要求することが困難
中古商品をリースで使うことになるので、希望通りの機種や最新の物は期待できません。あくまでも値段を抑えるという点で考えた方がよいでしょう。
 
デメリット2:老朽化・経年劣化等のOAトラブルが起きるリスク
残存期間は残っていても今までの使用環境が不明なのでいつ寿命が来るかわかりません。契約時に聞いた期間よりも早く故障してしまう恐れがあります。

3.レンタルのメリット・デメリット

メリット:必要な期間だけのレンタル契約が可能
リース契約のような期間制限はありません。機器の故障等のメンテナンスは、レンタル会社での対応となります。故障時は、無償で対応してもらえます。

デメリット:貸し出しなので機種が少ない
レンタル会社の在庫からの貸し出しとなるため、希望機種のレンタルは難しくなります。あくまでも、レンタル会社の資産からの機器となりますので注意が必要です。

【まとめ】OA機器リースとレンタルの特徴を理解しよう!

OA機器の調達を検討する場合、リースとレンタルを使い分ける基準としては
 ① 長期間使う機器を安価で抑えたいのか、
 ② 短期間だけ使いたいのか
によって分かれてきます。前者であればリースが良いでしょうし、後者であればレンタルの方が向いています。最新機種で長期間使いたいならフィナンシャルリースで使うか、あるいは購入してしまうという手があります。多少古くても構わないから安く・長く使いたいのであればオペレーティングリースが良いでしょう。短期間で新旧こだわらないならレンタルがオススメです。安価で保証もある点において、場合によってはレンタルを繰り返し使うのもありですね。

ビジネスフォン、複合機、コピー機、インテリアなど商材によっても金額や契約条件は変わってきますので、専門業者が都度アドバイスをくれる体制を作っておくと、長期的なコストカットが実現できます。

とはいえ、「他社がどのようなOA機器の使い方をしているのか」「自社に最も適したOA機器の調達方法がわからない」とお悩みの方はいるかと思います。是非、日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」までお気軽にお問い合わせください。全国のOA機器リース・レンタル業者から、あなたの希望にあった業者を担当のコンシェルジュが選定し、ご紹介致します。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください