【これから企業を考えている方へ】なぜ失敗する?新規事業でやってはいけない5つのワナ~企業内起業編~

更新日:2016年12月13日 | 公開日:2015年04月04日

この記事を読むための時間: 3分

①全方位に満遍なく労力をかけてしまう

◆限られたリソースをどこに集中するか

②考えずに調べてしまう

◆過去のデータよりこれからのビジョンが重要

③すぐ閉塞感に負けてしまう

◆最初から上手くいかないのが常識

④課題解決の方法を過去の経験からしか探せない

◆過去にとらわれないクリエイティビティを!

では現場の担当者はどういうアクションに出たかというと、回路の集積度を上げることにしました。集積度が二倍なら、1枚のウエハーから二倍の半導体がとれます。そうすると仮に歩留まり率が50%でも、実質的に元の集積度の100%の歩留まり率と変わらない結果をだすことができます。こういう発想の転換は新規ビジネス全般に通用するので、ぜひ参考にしましょう。

⑤リソースがないという嘘に縛られてしまう

◆ジョブズもクルマを売って資金を捻出した

いかがでしたか?いつも働いている環境とは、違う常識がそこにはあります。戸惑うこともあるかもしれませんが、うまくいった時の達成感は格別です。事業を進めていく上でお困りのことがあれば、「アイミツ」が力になれるかもしれません。是非ともチャレンジしてみてください!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください