炎上したら社内スタッフではもう限界!サイト炎上対策は、機械監視システムに全ておまかせ!

燃えさかる炎

更新日:2017年10月12日 | 公開日:2015年03月19日

どんなにセキュリティ対策をしていても、ネット上での炎上を避けることはかなり困難だと言えます。
どこかに火種となるものが存在していると、ちょっとしたことがきっかけで炎上というケースもあります。
いつどんな状況に陥るか予測できないネットでの炎上対策として、機械監視システムを提供する企業も現れています。
常に炎上を監視できる対策をしておけば、万が一の炎上の際にも素早く対応できるでしょう。

炎上対策を考える

『広報会議』が110社の広報部へ行ったアンケート調査によると、12.7%の企業は「企業や商品が炎上したことがある」と回答。
また過半数となる51.8%が「自社に関するネット上の声を監視している」。
また 29.1%の企業が、すでに「炎上に備えた対策マニュアルがある」と、炎上など非常時への対応準備を進めています。
逆に言えば、監視などの炎上対策を行っていない無防備状態の企業も約半数、さらに監視はしていても炎上への対策を「対策マニュアル」に落としこめていない企業が7割に達しているということになります。

もしまだネット監視や炎上対策を行っていないのなら、人的監視より費用も安く手軽に始められる「機械監視システム」の導入を炎上対策として検討してみましょう。

1.ネット監視システム リスクマネージャー

企業に対するエンドユーザーからのクレーム投稿や従業員など関係者による情報漏洩、同業者による誹謗中傷投稿などを炎上前に早期に発見し、ネット上の炎上や評判管理・風評被害対策にお役立ていただくことができます。

株式会社エーディーシー紹介ページはコチラ

2.e-mining

「e-mining」の公式サイト
出典e-mining

炎上発生時には「炎上時対策コンサルティング」と「信頼回復コンサルティング」を提供するので炎上対策万全です。

株式会社ホットリンク紹介ページはコチラ

3.日立システムズ ソーシャルリスクモニタリングサービス

4.ALSOK ネット情報監視サービス

監視対象はインターネット企業サイト、ソーシャルネットワーキングサービス(Twitter、facebook、mixi、ブログ、google+)をカバーします。

「機械監視システム」導入後の対策や課題もチェックしておきましょう

さて、炎上対策がまだ済んでいない会社向けに、「炎上対策最初の一歩」をまとめました。
一段落したら、そのタイミングで炎上対応マニュアルも作ってしまいましょう。

炎上対策まとめ

冷静沈着に
1)その投稿に反応、あるいは返信すべきか?
2)炎上に対する謝罪の必要性はあるか?
3)炎上の被害者になっていないか?
の3点を、正しく見極めるべきである。
『炎上させない、しても慌てない、ソーシャルメディア防災マニュアル』より

炎上対策のまとめは以上です!
ここまで炎上対策をやっておけば、とりあえずは一安心できますね!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください