M&Aの成功請負人が事例を語る!オーナー社長はM&Aで会社売却して手にした大金を何に使うか

更新日:2017年07月28日 | 公開日:2015年03月13日

M&Aで会社を売却した後、その売却金がどのように使用されているのかが気になる方は多いのではないでしょうか?M&Aでの売却金の使いみちは次の事業へ投資をするだけではなく、オーナー自身のこれからの生活のために使ったり、第二の人生を歩むための資金として使用したりと、その用途は意外にも多いものです。今回は、M&Aで実際に自社を売却したオーナーの事例を6つ挙げてみました。

1.貯金タイプ

2.投資タイプ

3.第二の人生タイプ

4.消費タイプ

5.イベントタイプ

6.老後生活タイプ

出典exciteママ

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?これらの事例のように、M&Aの売却資金を何に使うかは、会社売却の動機に結び付いていることが多いです。M&Aをご検討の方は長期戦になることも覚悟の上でしょう。長い道のりを進んでいくためにも、明確なM&Aでの売却後のイメージも作りながら取り組まれると良いでしょう。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください