M&Aの成功請負人が語る!数ある中から自分にあったM&A仲介会社を選ぶ7つのポイント

更新日:2016年03月11日 | 公開日:2015年07月01日

この記事を読むための時間: 3分

1.業界特化型?全業種対応型?

業界特化型の場合は、その業界の深い知識と業界の会社同士のマッチングが得意であるというメリットがありますので、ご自身の業界に対応したM&A仲介会社がある場合には、そちらも選択肢に入れるのもありでしょう。全業種対応型の場合は、幅広いネットワークが期待できます。

2.対応エリア・強いエリア

3.会社規模

4.実績

どれぐらいの規模の、どのような業界の案件をどのような役割でやった実績があるか、よく聞いて判断しましょう。

5.料金体系

M&A仲介会社によって、M&Aアドバイザリー手数料の総額の金額が数百万円から数千万円と幅がありますので、ご予算等にあったM&A 仲介会社を選びましょう。

6.担当者との相性

7.評判

いかがでしたでしょうか?上記ポイントを押さえて、自分に合ったM&A仲介会社、M&Aアドバイザーを選びましょう。しかし、一方で上記ポイントを考慮に入れながら、インターネットなどでの情報収集は大変です。そのため、imitsu(アイミツ)のコンシェルジュにおすすめのM&A仲介会社を何社か紹介してもらうのも一つの手かと思います。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください