WEBサイトにも印刷物にも!無料で使えるハイセンスな日本語フリーフォントまとめ【2015年】

更新日:2016年11月30日 | 公開日:2015年02月01日

この記事を読むための時間: 3分

フォントのちょこっと豆知識

その中で日本語の文字、和文フォントは「明朝体」と「ゴシック体」の2つに大きく分けられます。
明朝体とゴシック体の特徴は、

■明朝体
・縦線に対して横線が細く、横線の右端、曲り角の右肩に三角形の山(ウロコ)がある。
・長文に及ぶ企画書・報告書などの資料に向いている

■ゴシック体
・横線と縦線の太さがほぼ同じ、ウロコがほとんどない。
・タイトルや見出し、要点を端的にまとめたプレゼン資料に向いている

です。
見出しをゴシック体などの太めのフォント、本文を明朝体などの細めのフォントにすると、
重要な部分目立ち、区切りにもなるので読み手に優しい文章になります。
使い方を誤ると読み手に不快な思いを与えますので、使用環境にあったフォントを使用しましょう!

▼ ロゴたいぷゴシック

▼ スマートフォントUl

出典FLOP DESIGN

▼ はんなり明朝

出典Typing Art

▼ しねきゃぷしょん

出典Chiphead

▼ FGポップ

▼ あんずもじ

フォントの選び方のおさらい

いかがでしょうか。紹介しきれなかったフォントもたくさんありますので、是非お気に入りのフォントを探してみてください。
読みやすさ・見やすさ・わかりやすさを意識して素敵なwebサイトを作成しましょう♪

100万人以上に利用されているビジネスマッチングサイト「アイミツ」では、すぐれたデザインのホームページを制作できる業者を完全無料で紹介することができます。

デザインひとつで訪問者に対するサイトの印象は大きく変わります。自社サイトのリニューアルやキャンペーンページの制作の前に、まずは気軽に「アイミツ」に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください