越境ECサイト開設前にチェック!海外発送も対応している発送代行業者まとめました!

飛行機

更新日:2017年09月29日 | 公開日:2015年06月03日

飛行機

転送コム

海外への発送代行サービスとして転送コムを使う一番のメリットは、ECサイト事業者には全く費用負担がない点です。
サイトに無料で設置できるバナーから海外の顧客に転送の登録をしてもらうことができます。
発送代行の業務で外国人からの問い合わせがあった場合には全て転送コムが対応してくれます。
しかも、海外の顧客にだけ表示される海外限定表示バナーもあり、国内の顧客の目を煩わすことがありません。
支払いは、PayPalとクレジットカードに対応しています。
また、配送方法も顧客のニーズに合わせていろいろ用意されており、小口商品のアジア向け発送は発送手数料50円という圧倒的な安さです。
国内の企業400社が利用しているということも発送代行の実績の多さを裏付けていて、海外発送を安心して任せられますね。

ロケーションズ

ロケーションズの一番のおすすめポイントは、海外発送のスピードの速さです。
発送代行の実績もあり、バーコードを使ったデジタル管理が徹底されていて繁忙期でも出荷が滞ることはありません。
ワレモノ梱包資材なども用意しており、誤出荷防止にも力をいれています。
また、海外の出荷先の言語で出荷通知メールを送ってもらえるので顧客にも安心感を与えられます。
発送代行で重要視される物流に関して、徹底した管理がされているロケーションズなら、滞り無く荷物を発送できるよう尽力してくれるでしょう。

malltail

malltailは海外から日本へ、また日本から海外への発送代行サービスを提供しています。
一番のおすすめポイントは、法人契約による格安な配送料金体系です。
例えば、0.5kgの荷物をアメリカに送る場合の送料は他社の6割程度に抑えられていて非常に低価格。
無料で会員登録をすると、専用の「malltail住所」というものが取得でき、手数料や使用料が無料で利用できます。
malltail住所に届けられた荷物はスタッフにより丁寧に検品されてから海外へ発送されます。
malltailのサイトでは、実際に発送したことのある荷物の送料目安が確認できるので参考にしてみてください。

信頼できる発送代行会社選び

発送代行会社を選ぶときに重要なポイントが3つあります。
ひとつめは、問い合わせ時のレスポンスの速さです。
配送途中の荷物の状態は送る側も送られる側も大変気になるものです。
問い合わせた時にすぐに返事が来ると安心ですよね。
また、海外の顧客の問い合わせに即座に現地の言葉でフォローできると、今後の取引にも良い影響を与えてくれます。
ふたつめは、荷物の取り扱いが丁寧かどうかです。
倉庫での検品の後しっかりと梱包し直してもらえると、海外への航空便、船便ともに安心して発送してもらえます。
みっつめは、リーズナブルな料金かどうかです。
発送代行してもらう件数が多ければ多いほど、手数料、送料の差がものをいいます。
料金とサービスのバランスをよく考えて選びましょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ