【迷ったら読むべし!】リスティング広告は自社で?それとも外注?メリット・デメリットを徹底比較!

ビジネス資料

更新日:2017年10月06日 | 公開日:2015年04月23日

デジタル時代に突入し、Web広告の王道の地位を築いた「リスティング広告」。
まずは「自社で運用」するか、運用を代行してくれる「業者へ外注」するか決めなければなりません。
そこで、両者の違いを徹底的に分析してしてみます。
自社がどちらに向いているのかよく検討してみてくださいね!

そもそも「リスティング広告」って?

「リスティング」検索結果
出典Google

リスティング広告のメリットは?

◆キーワードと広告文をマッチングさせることで集客率をアップ!◆

一番のメリットは、興味や関心があるユーザー向けの広告なので訴求効果が高いことです。
また、広告が掲載されるサイトによってユーザーの心証も変わりますが、リスティング広告は有名サイトに掲載されるため、ブランドイメージも上げることができるでしょう。

予算等に合わせて掲載できる上、繁忙期などに広告を増やすなどコントロールが可能です。
加えて、クリック課金制であるため、効果が上がらない場合に高額な広告費がかからないこともメリットと言えます。

その他にも以下のようなメリットが考えられます。

自社運用のメリット・デメリット

効率的なPDCAサイクルがリスティング広告のカギ

外注のメリット&デメリット

リスティング広告業者の選び方

リスティング広告を自社で運用するか外注にするかは、それぞれにメリットとデメリットがあります。
広告管理に慣れていない、自信がない、時間がないという場合には、外注する方がいいかもしれません。
また、時間をかけてもノウハウを構築したい場合や予算が少ない場合は、自社運用になるでしょう。
運用代行業者の選定を相談できるサイトもあるので、活用するのも1つの方法です。
ぜひ、ご自身の会社に合った方法を選んでください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ