アジャイル型ソフトウェア開発契約書では従来型と違う!

手のひらを重ね合う社員たち

更新日:2017年09月15日 | 公開日:2016年11月10日

従来のソフトウェア開発のモデルは最初に詳細な設計まで決めて、その設計に従ってプログラムを組むウォーターフォール型開発が主流でした。
契約書作成の観点で考えるとこのモデルは非常にシンプルです。
しかし最近主流のアジャイル型開発では、契約締結時点はソフトウェアや開発の内容が確定していないため、契約時に何を決めればよいのかをおさえる必要があります。

ソフトウェア開発の「基本契約」と「個別契約」の位置づけ

契約書と判子

ソフトウェア開発の契約書には、「作業範囲」「責任分担」「納品成果物」「検査方法」「保証」「訴訟時の解決の方法」などを取り決める基本契約書と、「作業分担内容」「共同作業内容」を明らかにして「最終的な請負金額」を明記する個別契約書があります。

アジャイル型ソフトウェア開発では、最初に個別の契約を完全に決めることはできませんので、下の図のように、基本契約にそれない形で、フェーズごとに個別契約を結んでいくというやり方になります。

法的には「基本契約」と「個別契約」にはどちらが優先という明確な規定はありませんので、中身の役割分担をよく考えておく必要があります

このことを考える上で、IPAの補足説明が非常に参考になるので、参照しましょう。

例えば「基本契約」が優先するという法的考え方では、「基本契約」の規定と異なる約定をした「個別契約」の規定は基本契約に違反するためそもそも無効となります。
したがって、4の「基本契約において、顧客と開発者が協力してプロジェクトを進行することを明記し、単なる受注者、発注者の関係ではなく、お互いに協力すべき立場であることを明記する」はすべての個別契約に及びますので、個別の工程においても協力関係を最大限保つことが、契約書遵守の基本になります。

「基本契約」を締結した後に「個別契約」が締結されるので、「個別契約」において「基本契約」と異なる新たな約束をしたと解釈し、「個別契約」の規定が優先するという考え方もありますので、「お互いに協力すべき立場であること」などの基本的な理念以外の部分に関しては、例えば基本契約で最終納期が決まっていても、バージョンアップを繰り返すうちに、双方合意の上、さらに良いシステムを作るために最終納期を個別契約で決め直す(延長し直す)といったやり方も可能です。

アジャイル型開発での知的財産権の権利については特に注意する

パソコンとペン

ソフトウェア開発での知的財産権をどう契約書に明記するかなど一般的な知識については、このアイミツまとめの「これで安心!システム開発における著作権はこうやって保護しよう」をご参照いただくとして、ここではアジャイル型開発でとくに注意すべき点を整理しておきます。

アジャイル型開発においては、ウォーターフォール型開発のように最終的に完成された納品物をソースコードと一緒に納品してプロジェクトが完結する、という明確な線引きがしにくいという特徴があります。

ウォーターフォール型の場合には、「一切の権利を放棄する」と明記した上で、ソースコードそのものをこちらに渡してもらえば契約は完了しますが、アジャイル型開発では、そもそも「納期」というものが明確ではありません。
最新のソースコードは常に次のさらなる改良のために、開発会社の開発用パソコンの中に入っているというのが普通です。
したがって、ウォーターフォール型開発のように、一切の権利が開発側に残らないようにしたい、という場合には、プロジェクトの何処かで終了の線引きをきちんとして、改めて「今後はソースコードの改変を含めて、一切の権利を放棄する」ということを明記した契約書を結ぶ必要があります。

【まとめ】アジャイル型開発の契約書の特徴を考える

以上、アジャイル型開発の契約書作成のポイントについて解説しました。
そもそもアジャイル型開発とは、目的を明確化せずに、納品物そのものを進化させていくことが特徴なので、従来型の契約書では対応しきれないところがありますので注意してください。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」では、システム構築に関する専門知識を持ったコンシェルジュが信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。
すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください