助かりすぎて泣いた!経営者の悩みごとは全て弁護士で解決!顧問弁護士をつける5つのメリット

更新日:2016年03月11日 | 公開日:2015年08月04日

この記事を読むための時間: 3分

経営者は常に多くの不安を感じているのではないでしょうか?
取引先からの売掛金が回収できないかもしれない....新規ビジネスを始めたいが、手続きに法的に問題がないか不安....
紛争が発生し感情的にこじれてしまって前に進まない...顧問弁護士と契約することによって、そんな「不安」や「揉め事」は全て弁護士に解決してもらいましょう。

メリット1:困った事があればすぐに相談できる

メリット2:弁護士名を企業サイトやパンフレットに掲載可能

メリット3:紛争の事前予防・早期対応

メリット4:契約者の個人的な問題も相談できる

メリット5:顧問契約の月額費用も安い

まとめ

更に会社の規模によっては社内に法務部を設けたくても設けることができず頭を悩ます経営者も多いのではないでしょうか。その理由としては、法務担当者を雇うとなるとその分、人件費も掛かってしまいます。特に人件費は資金繰りを圧迫する要因ですが、低コストで顧問弁護士と契約することにより、月額顧問料内で多くの恩恵を受けることができます。この機会に身近になった弁護士との顧問契約を検討してみてはいかがでしょうか?

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください