あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

QuickSolutionの評判と実態【2020年最新版】

QuickSolution

QuickSolutionは、大阪府大阪市に本社を置く「住友電工情報システム」が提供するナレッジマネジメントツールです。AIと搭載した情報共有ツールとして、3年連続シェアNo1を獲得した実績を持っています。

さらに、導入実績は3,400サーバー以上で、多くの会社に導入されているのが魅力。今回は、QuickSolutionの評判やメリットなどを徹底調査した結果を紹介。ナレッジマネジメントの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのナレッジマネジメントツールを厳選!

目次

ナレッジマネジメントツールの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

<総評>QuickSolutionはAIを搭載したサービス

QuickSolutionは、AIを搭載したナレッジマネジメントツールで、膨大な情報を即座に検索できる機能を搭載しています。関連する検索文から検索結果を表示する「セマンティック検索」というAI技術を提供しているのが魅力です。

うろ覚えの内容でも、正しい情報を引き出すことが出来るので、作業効率を向上させることも可能。さらに、データを格納した情報共有とともに、検索ワードに詳しい人材の検索ができる機能を搭載しているのが特長です。

ナレッジマネジメントツール導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のナレッジマネジメントツールの一括見積もりが可能です。ナレッジマネジメントツール選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
ナレッジマネジメントツール選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

QuickSolutionの7つのメリット

それでは、QuickSolutionを活用することでどのようなメリットがあるかお伝えします。

実績が豊富

QuickSolutionは、検索エンジンパッケージ市場でシェアNo1を3年連続で獲得している実績があります。2020年1月時点では、導入実績が3,400サーバー以上と多くの会社に導入されているのが特長です。

IT関連や老舗和菓子店などさまざまな業種で導入されているので、初めてナレッジマネジメントを導入する方でも安心できます。AIや人工知能を取扱った大規模なイベントでの出展経験もあるので、実力のある会社に依頼したい方におすすめです。

簡単に運用できる

QuickSolutionは、「Click Navi」という機能を提供し、簡単に運用ができるように構築されています。豊富な機能を搭載しているナレッジマネジメントツールだと、複雑な設定などが必要になる場合があり注意が必要です。

カテゴリ別で情報がまとめられていて、AIが自動で絞り込み検索を行うので、クリックのみで検索できるのも魅力と言えるでしょう。

APIが豊富

豊富なAPIを提供しているので、社内システムと連携など自由にカスタマイズできます。QuickSolutionは、Javaを利用して作られているので、JavaAPIに対応しているのも魅力です。

利用頻度に応じてWEBAPIも提供しているので、さまざまな場面に対応してカスタマイズできます。国内開発を行っているのも特長で、APIを利用したカスタマイズの際にも密接にサポートしているのも嬉しいポイントでしょう。

アクセス権限管理ができる

QuickSolutionは、詳細なアクセス管理機能を提供しているので、部署やユーザーで権限を分けることができます。ファイル単位と検索対象ごとのアクセス制限に対応しているのもポイントです。

CSVデータは、開発部署以外で閲覧を許可するなど、詳細に設定ができるのでセキュリティ対策として利用できます。アクセス制限は同時に利用できるのも特長で、複数の部署を掛け持ちしている方向けに対応できるのも魅力です。

小規模から大規模に対応

QuickSolutionは、検索対象のデータサイズによって料金プランが変動しています。小規模から大規模での利用に対応し、想定されるデータサイズは800GBからとなっているのが特長です。

10名ほどの小規模利用をはじめ、10TBといった大規模なファイルサーバでも超高速で利用できます。多彩な機能を搭載しているので、大量のファイルを取扱う会社の方におすすめのナレッジマネジメントツールでしょう。

AIを搭載している

QuickSolutionは、AIを搭載したナレッジマネジメントツールで、端末を選ばずに利用できます。音声認識を搭載しているので、手が離せない場面での利用ができるのも魅力です。

多言語検索も搭載しているので、外国籍の社員や海外部署との情報共有に大きなメリットがあります。検索結果などを自動で翻訳しているので、余計な手間がかからずに利用できるのも嬉しいポイントでしょう。

検索機能が豊富

QuickSolutionは、10種類以上の検索方法を用意しているナレッジマネジメントツールです。情報共有で利用されるSharePoint内の検索や、XMLファイル検索などコアな検索にも対応しています。

さらに画像、紙文書検索での検索にも対応しているので、効率よく情報を探し出せるのが魅力。豊富な検索機能を搭載しているので、事業所が複数ある会社での利用で多くの効果を発揮するでしょう。

ナレッジマネジメントツールの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かったQuickSolutionを使うべき人・会社

ここまで紹介したメリットを踏まえ、QuickSolutionは一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

多くの情報を取扱う方

QuickSolutionは、想定される検索データのファイルサイズが50TBまで対応しているのが特長です。超高速で検索が可能なエンジンを搭載して、業務効率を向上させるナレッジマネジメントを提供しています。AIを使ったさまざまな検索機能を提供しているので、膨大な量の情報から欲しいデータを即座に見つけられるのも魅力です。

さらに、多国語の自動翻訳や音声検索、あいまい検索に対応しているのもポイントでしょう。多くのファイル形式やデータを取扱う会社だと格納場所も多くなりがちなので、すべてをまとめられるサービスだと安心です。また、複数サーバからの横断検索にも対応しているので、事業所数が多い会社での利用にも適しています。

メンバーを限定して公開したい方

QuickSolutionは、ファイルデータとユーザー、グループに対応したアクセス権限管理に対応しているのが特長です。膨大な量のデータを取扱う会社での利用に適していますが、社内すべての情報を全スタッフに閲覧許可は出せないかと思います。QuickSolutionでは、ファイルデータやユーザー、グループごとに閲覧の可否を設定することでセキュリティ対策を取ることが可能です。「この部署の社員にはプレゼン資料の閲覧を許可しない」などの詳細な設定ができます。

具体的には、派遣社員と正社員で見せられる資料を分けたい場合での利用も可能。ナレッジマネジメントツールや、ファイルサーバーを別途用意する必要が無いのも魅力でしょう。

自由にカスタマイズしたい方

JavaAPIとWEBAPIを提供しているQuickSolutionは、自由にカスタマイズして利用したい方におすすめです。社内システムとの連携や、検索機能をさらに追加したいなど、さまざまなニーズに対応しています。国内開発のナレッジマネジメントツールなので、要望に合わせて迅速にカスタマイズをサポートしているのも魅力です。

また、検索画面のカスタマイズにも対応し、さらに検索をしやすい画面構成を構築することも可能。自社製品への組み込みも要相談ですが対応できる場合もあるので、コアにカスタマイズしたい方にぴったりです。デモ版で使用感の確認できるので、気になる方はぜひ見積もりをしてみてください。

QuickSolutionの料金プラン

ここでは、QuickSolutionの料金プランについて詳しく紹介します。

【基本プラン】
・スタンダード:想定サイズ800G
・エンタープライズ(Grade2):想定サイズ2TB
・エンタープライズ(Grade6):想定サイズ6TB
・エンタープライズ(Grade10):想定サイズ10TB
・エンタープライズ(Grade30):想定サイズ30~50TB


【オプション】
各種システムとの連携
検索機能


QuickSolutionの料金プランは、サーバーの容量によって変わってきます。ライセンス価格は150万円~提供し、規模や導入オプションによって価格が違うので問い合わせが必要です。

また、オプションではシステム連携や検索機能の追加など豊富に用意があるので、詳細が知りたい方は見積もりしてみてください。

ナレッジマネジメントツールの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

QuickSolutionの導入実績・効果

ここからは、実際にQuickSolutionを導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A社

QuickSolutionの導入事例ページ(住友電工情報システム株式会社 https://www.sei-info.co.jp/quicksolution/case-studies/customers/kokuyo.html 参照)によると、A社は海外事業や新分野への展開を積極的に行っているなかでさまざまな課題に直面。課題には、知識が人材入れ替えによって上手く機能していないなどの情報共有不足がありました。また、コンプライアンス水準を上げるために、社員の「気づき」を向上させる必要性も。これらの問題を解決するためには、過去のデータを誰でも調べられる環境が必要でした。

そこで、ナレッジマネジメントの製品を検討しはじめ、2社の製品からQuickSolutionを導入。選定の決め手となったのは、サポートとカスタマイズでの対応が迅速だったことでした。また、検索データの類似データも一緒に結果として表示していたのも決め手の一つだったとのこと。オプションやカスタマイズが豊富なので、今後の展開に対応できると導入をはじめました。

社員によっては、検索機能を使い慣れていない場合があるので、検索画面をわかりやすくカスタマイズして活用することに。「気づきのためのアーカイブ」として最大限にQuickSolution利用して、導入後は月400件ほど検索されているとのことです。

B社

QuickSolutionの導入事例ページ(住友電工情報システム株式会社 https://www.sei-info.co.jp/quicksolution/case-studies/customers/hitachi-kokusai.html 参照)によると、b社は無線システムや半導体製造装置を主に取り扱っている会社です。Googleなどの検索システムを、社内のドキュメント検索として取り入れたいと考え、製品を探していました。

作業効率を踏まえて、横断検索機能が搭載されており、認証システムとの連携ができるナレッジマネジメントの導入を検討。展示会やウェブサイトを使って選定を進め、7社まで絞り込みを行いました。その中で、検索量が膨大にもかかわらず、技術力が豊富なので、コストパフォーマンスが良いとQuickSolutionを選択。検討中に技術面に関する要望を伝えると、早い段階で対応してくれたのも決め手となりました。サポート面では、対応が困難な場合でも、詳細な理由をしっかりと報告されていたのもあり、信頼できると感じたと高評価です。

導入してからは、主に閲覧権限と検索の選択方法をカスタマイズし、機密情報はログインが必要と設定。機密情報以外はログインが不要なので、セキュリティ対策をとりつつ業務効率を向上させています。今後は、導入している工場を増やし、さらに多くの情報を効率よく検索できるように活用していくとコメントがありました。

まずはQuickSolutionの見積もりを

QuickSolutionは、さまざまなカスタマイズに対応して、膨大なデータ量の検索を超高速で提供しています。標準搭載の機能がとても多く、業種を選ばずに多くの会社に導入されている実績が魅力です。

実績が多いナレッジマネジメントとして、社内全体での知識の共有ができるので、安心して運用できます。豊富なAPIも提供しているので、詳細を知りたい方はぜひ見積もりをしてみてください。アイミツでは、QuickSolutionの見積もりを受け付けています。詳しい詳細を確認するためにも、お気軽にお問い合わせください

まとめ

AIを搭載しているナレッジマネジメントとして、QuickSolutionを紹介してきました。豊富な実績をもとに、さまざまなカスタマイズに対応してサポートを提供しているのが魅力です。

さらにAIを搭載しているので、あいまい検索を行うことができ、探しているデータ名がわからなくても検索することができます。検索画面は自由にカスタマイズできるので、簡単に運用できるのも魅力なナレッジマネジメントでしょう。

ナレッジマネジメントツールの導入を検討していて、どの製品が良いか迷っている方は、アイミツまでお問い合わせください。各ナレッジマネジメントツールの見積もりを受け付けているので、自社にとって最も良いツール選ぶために活用していただければと思います。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

ナレッジマネジメントツールの見積もりが最短翌日までにそろう