あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

Accelaの評判と実態【2020年最新版】

Accela

大企業や中小企業問わず働き方改革は重要な課題となっている昨今、将来訪れる労働人口の減少に備え、2019年4月に内閣が本格的に取り組みを始めました。労働生産性を向上させつつ残業時間を減らすため、企業はさまざまな対策をとっています。

そんな動きに先駆けリリースされたのが、働き方改革の推進にぴったりなクラウドサービス、「Accela(アクセラ)」です。

AIや最新テクノロジーを駆使し業務効率化を図りたい方は、この記事を参考にナレッジマネジメントツール「Accela」の導入を検討してはいかがでしょうか。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのナレッジマネジメントツールを厳選!

目次

ナレッジマネジメントツールの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

<総評>Accelaは海外拠点ともナレッジ共有が可能なサービス

Accelaは、海外拠点ともシームレスに情報共有することの重要さにいち早く着目した、ナレッジマネジメントツールです。

グローバルに展開する企業にとって、現地の声は欠かせません。海外のニーズに応えるためには、現地ならではの地域性も取り込まなければならないでしょう。

Accleaを通してそれぞれの地域特有のノウハウや知識を全社的にシェア・応用することで、品質改善や生産性向上が望めるのではないでしょうか。

他のナレッジマネジメントと比べるとどうなのか

Accelaが他社サービスとの差を付けている点は、マルチリンガル(自動翻訳機能)を搭載していることでしょう。

海外拠点を多く持つ企業にとって、各国間でのコミュニケーションの敷居を下げることは、業務を円滑に進めるにあたり非常に重要なポイント。Accelaなら最新の自動翻訳技術(Google Translation API)を採用しているため、細かな機能にいたるまで翻訳することができます。自身では読めない資料も即座に多言語に変換されるため、新たなアイディアに繋がるでしょう。

他のナレッジマネジメントツールでは、多言語翻訳を自動で行えるものはまだまだ少ないようです。

ナレッジマネジメントツール導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のナレッジマネジメントツールの一括見積もりが可能です。ナレッジマネジメントツール選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
ナレッジマネジメントツール選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

Accelaの3つのメリット

それでは、Accelaを利用することによって、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。3つのメリットに焦点を当てて紹介していきます。

業務フローとナレッジ活用の一体化を実現できる

タスクが山積みでは業務が属人化してしまい、業務フローの整理が後手後手に回ってしまうことは珍しくありません。

しかしAccelaを導入すれば、日々更新されるマニュアルや作業指示書を「集める」、そのナレッジを必要な時に検索できるように「つなぐ」、誰しもが作業の現場で「活用する」、このフローの一体化を実現できるという点が、まず1つ目のメリットと言えるでしょう。

目的としているコンテンツに素早く辿りつける

業務を効率的に進めるためには、集積し作り上げたナレッジベースのなかから、素早く目的のコンテンツにたどり着く必要があります。Accelaを導入すれば、なかなか情報を見つけられないという心配はありません。

Accelaでは、登録された社内ルールに沿って対象のキーワードを見つけだし、適切にカテゴリ分けが行われるため、コンテンツ内容を一目で確認することが可能です。そのため、ナレッジの検索を非常にスムーズに行えるでしょう。

マルチリンガル(自動翻訳機能)と連携できる

上記でも紹介したとおり、Accelaは多言語対応が可能なナレッジマネジメントツールです。英語、中国語、スペイン語、フランス語、ロシア語、韓国語、タイ語、ベトナム語、などの主要言語を網羅しています。

コンテンツ自体の翻訳はもちろん、そのコンテンツに対するコメントや、ドリルダウンナビで表示されるタグまで迅速に翻訳可能。加えて、情報伝達に効果的な動画に対しては、各チャプターごとにつけたコメントも自動で翻訳してもらえます。

ナレッジマネジメントツールの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かったAccelaを使うべき人・会社

多くのメリットを持つAccelaですが、どのような企業がどのように活用するのが効果的なのか。いくつかのパターンに分けて整理してみました。

働き方改革を推し進めたい人

Accelaを開発したアクセラテクノロジ社は、創業以来、製造業や金融業、サービス業を主軸とし、ナレッジ共有・活用をITで支援。幅広い分野のコンサルティングをするなかで、業務フローを整理し、必要なコンテンツに素早くたどり着けることが重要だと確信しました。

Accelaを活用することで、「業務そのものをナレッジ活用で強化して遂行する作業環境」を自然と形成できるため、業務フローの見直し・改善が可能です。働き方改革を推し進めたいとお考えの方におすすめでしょう。

海外拠点を複数持つ会社

日系企業の海外進出は、この10年で2倍近くに及んでいるという統計もあるように、近年のグルーバル化の波は留まることを知りません。なかでも製造業を営む向上法人の割合が高く、70%近くがアジア圏に拠点を置いています。

そのため、英語はもちろん多言語でのコミュニケーションが生産品質向上の要と言われており、海外拠点を複数持つ会社や、これから海外進出をしたいとお考えの方には、言語の壁は重要な課題と言えるでしょう。

Accelaは、既存コンテンツを自動で翻訳できる点が強みとしており、日本の本社から一方的にナレッジを共有するだけではなく、海外拠点からの声も汲み取ることが可能です。国境を超えて活発な議論が展開できるよう設計されているため、グローバルに拠点を置く会社にはぴったりでしょう。

社内外からの問い合わせ件数が多いと悩んでいる人

業務効率化を図る際に、人員を増やすという方法が用いられる傾向がありますが、そもそもの仕事量を削減することにも注力する必要があるでしょう。例えばヘルプデスクでは、サービスの拡大などに伴い膨大な数の問い合わせを対応しなければなりません。

そういった際、人が対応するものとFAQサイトで対応するものを切り分けるということが重要になります。また、システムの利用者自身でツールを検索することで、類似課題も閲覧でき、業務への理解が深まるといったメリットもあるでしょう。

Accelaなら能動的に問い合わせを解決することができるので、問い合わせに対応する従業員の時間と手間を削減可能です。会社として非常に有益なツールと言えるのではないでしょうか。

Accelaの料金プラン

ユーザー数に応じた従量制で、月額利用料35万円(税抜)から利用することができます。
料金に関する詳細を知りたい場合には、見積もりをしてみるといいでしょう。

ナレッジマネジメントツールの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

Accelaの導入実績・効果

Accelaの導入によって実際にどのような効果が得られるのか、ナレッジマネジメントツールの導入を検討する企業担当者にとっては重要なポイントと言えるのではないでしょうか。
以下では導入実績とともに、どのような課題を解決できたのか、具体的な企業事例とともに紹介していきます。

株式会社A

Accelaの導入事例ページ(アクセラテクノロジ株式会社 https://www.accelatech.com/casestudy/025 参照)によると、株式会社Aは長きにわたって事業を展開してきた老舗企業。なかには20年以上提供してきた製品もあるため、開発当時の事情を知る技術者がいなくなってしまうことも少なくなりません。古くからある製品に関する問い合わせやメンテナンスにに対応できるよう、ナレッジを共有したいと感じたとのことです。

Accelaの導入前は、ExcelやHTMLベースのFAQ集やマニュアルを拠点別で個々に作成していましたが、継続的に利用されることが難しく、その存在を知る人も限られているという課題がありました。しかし、Accelaの導入後は誰でも簡単に情報を探し出せるようになり、利用者への問い合わせに対して迅速に対応できるようになったようです。

株式会社B

Accelaの導入事例ページ(アクセラテクノロジ株式会社 https://www.accelatech.com/casestudy/001 参照)によると、各種カメラや映像システムのメンテナンスを主な業務としているB社は、アナログからデジタルに時代が変化していったため、問題が複雑化し対応できる職人が限られてしまうというのが課題でした。

とりわけアナログの時代は、熟練者のみが各分野のノウハウを全て把握しているのが一般的でしたが、会社としてはスキルを均一化し、だれでも同じ時間で同じ対応ができることが重要だと考えたとのことです。

Accelaを導入したことで、修理履歴や受注残情報などを一元管理が可能となり、問い合わせについても素早い対応が可能となりました。ナレッジを1ヵ所に集積するだけでなく、マニュアルをカテゴリーごとにタグをつけ、整理できる点も導入の決め手。キーワードにより部分マッチでの検索もできるので、うろ覚えの情報でもすぐに見つけられると評判です。

まずはAccelaの見積もりを

ここまでで、Accelaのメリットや有効な活用方法、実際の導入事例などを紹介してきましたが、細かな機能や推奨環境・システムなどを確認するためには資料を入手するのが良いでしょう。セミナー申し込みも可能なため、導入前にしっかりと内容を確認したい方は利用してみてはいかがでしょうか。

気になった方は、ぜひ「アイミツ」より見積もりをしてみてください。

まとめ

この記事では、Accelaの特徴および活用方法などをご紹介してきました。

Accelaを導入することで業務効率化が叶えられるだけでなく、顧客満足度も向上させることができます。企業の体質改善は時間と手間がかかるので、まずお手頃価格なナレッジマネジメントツールの導入から検討してみてはいかがでしょうか。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

ナレッジマネジメントツールの見積もりが最短翌日までにそろう