あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2020年06月05日 更新日:2020年06月05日

「MCore(エムコア)」の評判と実態【2020年最新版】

MCore

「MCore(エムコア)」は、住友電工情報システムが提供するIT資産管理ツールです。2003年に住友電工グループが国内外で保有する約8万5,000台のPC管理・運用を目的に誕生して以来、数多くの実績を誇ります。

この記事では、「MCore」の実態を徹底調査。特徴や利用するメリット、使うべき人・会社などを紹介していきます。IT資産管理ツールの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのIT資産管理を厳選!

目次
アイミツ
IT資産管理の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>「MCore」は高い信頼性とスケーラビリティを備えたサービス

「MCore」は、IT資産管理とセキュリティ対策、コンプライアンス遵守を1つのシステムでシームレスに行うことができるサービスです。

最大の特徴としてあげられるのは、品質へのこだわりです。大規模環境をもつ自社での活用を前提に、国内100%自社開発によって高い信頼性を実現。さまざまな機能を備えており、直感的な操作性にも好評が寄せられています。

また、小規模環境から大規模環境まで管理が可能な高いスケーラビリティも強みの1つ。ネットワーク負荷を抑えた通信や、コストの低減が可能です。

IT資産管理を導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のIT資産管理の一括見積もりが可能です。IT資産管理選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
IT資産管理選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

「MCore」の8つのメリット

紹介したような特徴がある「MCore」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

国内100%自社開発で品質を保証

「MCore」は、住友電工グループでの使用を目的に開発されたIT資産管理・セキュリティ対策ツールです。品質に高いこだわりをもち、国内で100%自社開発を行っています。

国際的な品質管理規格である「CMMI(Capability Marturity Model Integration)」の「成熟度レベル3」を獲得した環境下で開発されているので、その品質は折り紙つきです。信頼性の高いIT資産管理ツールをお探しの方にぴったりといえます。

高いスケーラビリティでゆとりある管理・運用を実現

大規模環境での利用を想定して開発された「MCore」は、スケーラビリティの高さも業界トップクラスだといえます。約8万5,000台のPCの管理を目的に設計された経緯もあり、1万台を超える大規模環境であっても少ないサーバーで快適な運用が可能です。

大規模環境でのIT資産管理をご希望の方はもちろん、事業拡大やM&AによってPC台数の増加が想定される場合にもおすすめできるサービスでしょう。もちろん、小規模から中規模での運用にも対応しています。

負担軽減&コスト削減に貢献

1サーバー・1エージェント設計を採用しているのも「MCore」の特徴です。導入時に1度インストールを行うだけで管理・運用ができるので、バックアップやバージョンアップなどの負担がありません。システムを拡張する場合もライセンスの入れ替えだけで対応が可能なので、コスト削減を図ることができます。

また、1サーバーに10億件ものログ収集・長期保管が可能なほか、標準で搭載の超高速大容量検索エンジン「QuickSolution」では億単位のログの検索を数秒で行うことができます。内部脅威対策自動化できるのも大きな魅力です。

万全の情報漏洩対策

「MCore」は、情報漏洩対策のための機能を豊富に実装しています。外部脅威と内部不正の双方の対策が可能なので、大切な情報をリスクから守ることが可能です。

ほかのIT資産管理ツールで標準装備されているセキュリティ対策機能はほぼ網羅していますが、特徴的なのはオプションの「セキュリティパッチ・マネージメントサービス」。MicrosoftやAdobeのセキュリティパッチ適用可否を判定し、必要なパッチを自動・手動で適用することができます。

多機能&高性能!必要な機能をオールインワン

「MCore」は、IT資産管理とセキュリティ対策、コンプライアンス遵守という3領域を1つのシステムでカバーするオールインワンサービスです。それぞれの領域で豊富な機能を揃えている上に、それぞれを連携させることで無駄なくスピーディーな環境構築を実現しています。

コンプライアンス関連で特徴的なのが、PCがルールに沿って使用されているかをチェックする機能があること。違反があった場合は利用者に是正を促すので、不正利用を未然に防ぐことができます。また、セキュリティ関連ではUSBメモリの利用制限やBitLocker管理などによって情報漏えいの防止が可能です。

使いやすさ抜群!徹底したユーザー目線での開発

「MCore」の管理コンソールはwebブラウザベースなので、専用ソフトのインストールが不要で、場所を選ばずに利用が可能です。ユーザー目線を大切に開発されているため、少ない操作で必要な情報にたどりつくことができます。

また、管理者ごとに閲覧・操作できる範囲やアクセス権の制限もできるので、部署ごとの管理者に権限を委譲することも可能。外部システムとの連携も容易なので、運用を重視する方でも安心です。

企業のテレワーク導入を支援

テレワークなどの導入による働き方改革の推進を検討しているものの、コンプライアンスリスクに不安をもつ方も少なくないでしょう。「MCore」には、「PC稼働レポート」や「アプリケーション利用レポート」が搭載されているので、サテライトオフィスや自宅など遠隔地での業務状況の把握が可能です。

また、PCの操作を記録する機能や勤怠システムとの連携が可能なツールも搭載しているので、テレワークのスムーズな導入・運用が期待できます。

充実したサポート体制

「MCore」はサポート体制も充実しており、導入時には専門技術者がシステム設計からインストール、トレーニングにいたるまで一貫で対応。スムーズな導入と運用を全面的にバックアップしています。

また、専用のサポートデスクでは、システムの利用に関する質問はもちろん、トラブル発生時にも対応が可能。「MCore」に関する知識と豊富な経験をあわせもつスタッフが丁寧なサポートを行っています。

アイミツ
IT資産管理の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かった「MCore」を使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「MCore」」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

強固なセキュリティ対策をしたい方

「MCore」は情報漏洩対策の機能が充実しており、外部脅威と内部不正の双方への対応が可能です。

セキュリティの弱点をなくすための「パッチ管理機能」「ソフトウェア配布」のほか、ソフトの不正利用防止対策としては「インストールソフトウェア管理」と「ライセンス管理」を提供。そのほか、重要なデータの流出を予防「操作ログ管理」「デバイス管理」や、社内ポリシーの遵守を目的とした「ネットワーク検疫」などを利用することができます。

IT資産の管理にくわえて、強固なセキュリティ環境の実現を希望する企業にもぴったりのサービスです。

IT資産管理業務を効率化したい方

「MCore」は、IT資産管理業務の効率化を図りたいという企業に適しているサービスです。

IT資産の使用状況を把握する「インベントリ管理機能」が充実しており、PCやサーバー、ハードウェア・ソフトウェアの利用状況の自動収集が可能。「誰が・どこで・何を使っているのか」を正確に把握することでIT資産管理を最適化、業務の効率化を叶えます。また、PC以外の資産管理によって「余剰資産の見える化」ができるので、設備投資の計画にも役立てられるでしょう。

また、大切なIT資産を守ためのウイルス対策が充実しているのも大きな魅力。ウイルス対策ソフトの稼働状況を監視、常に最新の状態に維持・管理することで情報漏えいを未然に防ぎます。

PCの利用状況をリアルタイムで把握しながらIT資産を守りたいという場合にもおすすめといえます。

コンプライアンスを推進したい方

「MCore」は、コンプライアンス推進でも強みを発揮するIT資産管理ツールです。

社内ルールを徹底させるためのネットワーク検疫機能を搭載しており、社内のPCの利用状況を常に監視。PCやソフトウェアの不正使用や社内ルール違反が発見された場合には、当該PCをネットワークから隔離した上で利用者に警告、是正を促します。

違反があった場合でもネットワークから完全に切り離すのではなく、是正に必要な環境にはアクセスできる仕組みになっているため、利用者による自力の復旧が可能。トラブル発生時に都度管理者が対応する必要がないので、コンプライアンス推進だけでなく業務効率・コスト削減の観点でもおすすめです。

テレワーク導入でPCの使用状況を正確につかみたい方

「MCore」は、テレワークの導入を検討している企業にもおすすめできるツールです。働き方改革の一環として活用が広がるテレワークですが、ノウハウをもたない企業の導入ハードルは決して低くありません。在宅社員の勤務状況の把握・管理が課題となっている会社も少なくないでしょう。

「MCore」では、リモートでもPCの使用状況が可能です。在宅勤務による業務効率の向上や社員の自律性に依存する部分も多く、懸念する声もありますが、それと同時に勤務時間の把握が難しいため超過労務のリスクもあるといわれています。その点、「MCore」には「PC稼働レポート」や「アプリケーション利用レポート」機能が実装されているので、勤務状況の見える化が可能。超過労働を抑止することができます。

「MCore」を導入することで、テレワークの導入後もオフィス勤務時と同様の勤怠管理が実現するでしょう。

海外拠点のIT資産管理に力を入れたい方

「MCore」は、海外拠点のIT資産管理方法を確立したい方にもおすすめのツールです。

海外拠点におけるIT資産管理は遠隔地ゆえのガバナンスの難しさがあり、国内よりもコンプライアンス遵守やセキュリティ対策上のリスクが高くなります。外国人の管理者との意思疎通も問題としてあげられるでしょう。

その点「MCore」では、海外拠点のIT資産でも国内で一元管理ができるので安心です。PC操作ログ管理やリモートデスクトップ機能もあるので、ガバナンスの強化も可能。管理コンソールは英語・日本語、エージェント画面は英語・中国語での表記に対応しているのも大きな魅力といえるでしょう。

「MCore」の料金プラン

「MCore」の料金プランは非公開となっています。また、購入やシステム構築は販売パートナーを通じて行うこととなるため、問い合わせが必要です。

まずは「MCore」の見積もりを

「MCore」は、IT資産管理とセキュリティ対策、コンプライアンス遵守が同時に実現できる優れたツールです。小規模から大規模まであらゆる規模への対応が可能なので、幅広いニーズに応えることができるでしょう。

「MCore」についてもっと詳しく知りたいという方は、「アイミツ」で見積もりをすることをおすすめします。

まとめ

この記事では、IT資産管理ツール「MCore」の特徴や利用するメリット、使うべき人・会社などを紹介してきました。

大規模環境での使用を前提に開発されたツールである「MCore」は、1万台を超えるPCを管理する場合でもゆとりある運用が可能です。また、海外拠点のIT資産管理やテレワーク導入時の活用も可能なので、企業のさまざまなポテンシャルをもつサービスだといえるでしょう。

「MCore」では無料の体験セミナーも開催しているので、見積もりとあわせて利用してみてもいいかもしれません。

IT資産管理探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

IT資産管理が
最短翌日までにそろう