あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

CAM MACS Liteの評判と実態【2021年最新版】

CAM MACS Lite

在庫管理は、製造業や小売業、卸業などで欠かせない業務の1つです。Excelなどを用いて管理を行っている会社も多くありますが、忙しい現場ではヒューマンエラーが避けられません。

そんな時におすすめなのが在庫管理システムの導入ですが、さまざまなシステムがあるだけでなく、「在庫管理システムを単体で導入するか」「在庫管理も行えるERPを導入するか」などの検討も必要です。

本記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」の調査をもとに、キャム(福岡県福岡市)が提供する在庫管理も行えるERP・CAM MACS Liteを紹介。導入メリットや、どのような人・会社が使うべきかなどを解説していきます。

目次
アイミツ
在庫管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>CAM MACS Liteは中小企業におすすめのERP

CAM MACS Liteは、中小企業やスタートアップなどにおすすめのクラウド型のERPです。

在庫管理や販売・債権管理、財務会計といった豊富な機能を搭載しながらも、月額料金はもっとも高いプランであっても6万円(税抜)。「なんとか予算内で在庫管理もできるERPを導入したい」という会社にぴったりです。
くわえて、ビジネスの発展に対応できる高い拡張性を供えているのも大きな魅力といえるでしょう。

在庫管理システムの導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてみてはいかがでしょうか。「アイミツ」では、特に人気の在庫管理システムの一括見積もりも可能ですので、在庫管理システム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

CAM MACS Liteの8つのメリット

紹介したような特徴がある「CAM MACS Lite」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

欠品や過剰在庫を防止

CAM MACS Liteを導入するメリットとしてまず1つ目にあげられるのが、欠品や過剰在庫を防止できるということ。

CAM MACS Liteには、在庫表や在庫移動登録・明細表などの各種帳票作成・印刷機能、棚卸し機能が搭載されているため、物流・在庫管理が可能です。リアルタイムで状況が把握できるため、欠品や過剰在庫の発生が防げるのも心強いでしょう。

また、ヤマトB2やe飛伝Ⅱ、ゆうパックプリントなどの送り状データとの連携機能も搭載されています。

モール型ECも自社ECも管理可能

CAM MACS Liteを導入するメリットとして2つ目にあげられるのは、モール型ECサイトと自社ECサイトが一元管理できるということです。

EC管理機能では、Yahoo!ショッピングや楽天市場、Amazonなどのモール型ECに複数ショップを展開しているという場合や、自社ECサイトも運営している場合も簡単に管理が可能。注文や出荷、売り上げの管理、送り状の作成などを総合的にカバーしています。MakeShopとの連携に対応しているのも魅力の1つでしょう。

見積もりから入金までワンストップで管理

CAM MACS Liteを導入するメリットとして3つ目にあげられるのが、商品の見積もりから請求、入金にいたるまでをワンストップで管理できるということ。

販売・債権管理では見積もりの登録や印刷、明細表の作成にくわえ、受注・出荷、返品・値引登録、入金登録や売掛金一覧の作成なども行うことができ、入力も簡単。受注データをもとに売り上げデータが自動で作成されるほか、分析機能を供えているのも心強いポイントです。

発注から支払いまでもまとめて管理

CAM MACS Liteを導入するメリットとして4つ目にあげられるのは、発注から仕入れ、買掛、入金にいたるまでを総合的にカバーできるということ。

購買・債務管理では発注登録や返品・値引登録、入荷予定・発注残管理なども簡単に管理ができ、発注データを作成すれば仕入れデータの自動作成も可能。販売・債権管理と同様に分析も行えるほか、仕入れ明細表や支払い明細表といった各種明細表の出力にも対応しています。

実店舗の管理もOK

CAM MACS Liteを導入するメリットとして5つ目にあげられるのが、ネットショップだけでなく実店舗の管理も行えるということです。

モール型ネットショップや自社ECサイトにおける販売管理・在庫管理などにくわえて、スマレジ連携を使えば実店舗の在庫や売り上げ、発注・入荷も管理が可能。タブレットPOSに入力された売上データが自動で登録されていくので、入力漏れや入力ミスといったヒューマンエラーが未然に防げるのも心強いでしょう。

自動仕訳で会計処理も楽々

CAM MACS Liteを導入するメリットとして6つ目にあげられるのは、財務会計も行えるということです。

自動仕訳機能が搭載されているため、計算ミスや転記ミスなどを防止することができます。損益計算書や貸借対照表、製造原価報告書、キャッシュフロー計算書などを月次推移表で確認できるだけでなく、リアルタイムの財務状況も把握可能です。財務会計、ならびに分析に注力したい場合にも頼りになることでしょう。

導入まではたったの3ステップ

CAM MACS Liteを導入するメリットとして7つ目にあげられるのが、申し込み・トライアル・本契約という3ステップで導入ができるということ。

トライアルはもちろん無料で、期間は30日。じっくりと操作性を確かめることができます。また、導入までの期間は最短で1週間ほどとなっているので、「スピーディに導入できる在庫管理システムを探している」という場合にもうってつけといえるでしょう。

さらに、本契約後はメールによるサポートを提供。プランの変更などについても気軽に相談することがでいkます。

セキュリティ対策が万全

CAM MACS Liteを導入するメリットとして8つ目にあげられるのが、セキュリティ対策が万全であるということです。

システム上のデータはすべてSSL/TLS(暗号化強度256bit)によって暗号化されているため、「外部の人間にデータを盗聴されてしまう」「改ざんされてしまう」といった事態を未然に防ぐことができます。

また、ハイレベルのセキュリティを誇るAWS(Amazon Web Services)にデータが保管されるのも安心できるポイント。可用性が確保されるだけでなく、情報漏えいを徹底して防止できるでしょう。

徹底調査で分かったCAM MACS Liteを使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「CAM MACS Lite」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

在庫管理以外の機能も充実したシステムを探している会社

CAM MACS Liteを導入するべき会社としてまずあげられるのが、在庫管理以外の機能も充実しているシステムをお探しの会社です。

CAM MACS Liteはリーズナブルでありながらも、本格的なERPシステムであるのが最大の特徴。

・在庫管理機能
・EC(ネットショップ)管理機能
・販売・債権管理機能
・購買・債務管理機能
・スマレジ連携機能
・財務会計機能

といった豊富な機能を供えているので、わざわざ自社用にシステムをカスタマイズする必要がありません。

在庫管理システムとしてだけでなく、販売管理システム、財務会計システムなどとしても活用できるため、複数のシステムを導入するよりも結果的にはコストダウンにつながるのではないでしょうか。

ネットショップも実店舗もあわせて管理したい会社

CAM MACS Liteを導入するべき会社として2つ目にあげられるのが、ネットショップだけでなく実店舗もあわせて管理したいという会社です。

CAM MACS Liteは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモール型ECサイトのほか、自社ECサイトの受発注管理や販売・在庫管理などを行えますが、ネットショップのみならず実店舗の管理までカバー。スマレジ連携機能を活用すれば、実店舗の商品管理や売上管理、入出荷管理、在庫管理も行うことができます。

タブレットPOSに入力されてきた売上データはすべてCAM MACS Liteに自動で登録されていくため、「実店舗の売上を合算する際に計算ミスがあった」「売上データを転記する際に入力ミスがある」といった失敗を防ぐことができるでしょう。

中小企業でも利用できるERPを探している会社

CAM MACS Liteを導入するべき会社として3つ目にあげられるのが、中小企業でも利用できるERPシステムを探している会社です。

ERPの導入を検討しているものの、「初期費用が何百万にもなり、ランニングコストも高いイメージがある」「ERPは大企業向けのシステムなのではないか」などと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかしCAM MACS Liteは、もっともグレードの高いプランであっても、月額6万円(税抜)ですべての機能が利用可能。初期費用も最大で6万円(税抜)なので、イニシャルコスト・ランニングコストの双方を抑えることができます。

ERPは在庫管理システムだけでなく、販売管理システムや会計システムの機能を供えていることから、複数のシステムを導入する必要がないのもうれしいポイント。業務効率化にも役立てられるでしょう。

簡単に導入できる在庫管理システムを探している会社

CAM MACS Liteを導入するべき会社として4つ目にあげられるのが、簡単に導入できる在庫管理システムを探しているという会社です。

システムの導入時には、何かと時間がかかってしまうもの。オンプレミス版のシステムを導入する場合は、運用の開始までに数ヶ月もの時間を要することも少なくありません。しかし、「在庫管理の課題をすぐに解決したいため、数ヶ月も待つ余裕はない」という会社も多いでしょう。

CAM MACS Liteは、最短約1週間で導入が可能です。たったの3ステップで導入が完了するので、「なるべく早く在庫管理システムを導入したい」という場合でも問題ありません。申し込み後は本契約の前に30日間の無料トライアルが用意されているので、「使いやすいシステムであるかを確認したい」という場合も安心です。

アイミツ
在庫管理システムの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

CAM MACS Liteの料金プラン

在庫管理システムとしてのみならず、販売管理システムや財務会計システムとしての顔ももつCAM MACS Liteの料金は、3つのプランに分けられています。

【For BtoBプラン(月額費用・初期費用は同額)】
卸機能のみ:3万5,000円
卸+財務会計機能:4万5,000円
アカウント上限:5
商品・顧客登録:1万件まで

【For BtoCプラン(月額費用・初期費用は同額)】
EC機能のみ:3万5,000円
EC&店舗機能:4万円
EC+財務会計機能:4万5,000円
EC&店舗+財務会計:5万円
アカウント上限:5
商品・顧客登録:1万件まで
実店舗登録:3店まで

【For BtoC&BtoBプラン(月額費用・初期費用は同額)】
EC&卸:4万5,000円
EC&店舗&卸:5万円
EC&卸+財務会計:5万5,000円
EC&店舗&卸+財務会計:6万円
アカウント上限:5
商品・顧客登録:1万件まで
実店舗登録:3店まで

もっともリーズナブルなプランでは3万5,000円、もっともグレードの高いプランでも6万円なので、中小企業にもぴったりなシステムといえるでしょう。(価格はすべて税抜)

CAM MACS Liteの導入実績・効果

在庫管理システムにとどまらず、さまざまな機能を備えながらも高いコストパフォーマンスを実現しているCAM MACS Lite。幅広い業務の効率化を担うシステムとして注目を集めていますが、具体的な導入事例は公開されていません。

より詳細な情報が知りたいという場合は、問い合わせが必要です。

まずはCAM MACS Liteの見積もりを

CAM MACS Liteは、在庫管理システムとしての機能も備えたERPです。豊富な機能と優れたコストパフォーマンスを叶えているので、スタートアップ企業や中小企業に特におすすめのシステムといえるでしょう。

「アイミツ」では、CAM MACS Liteの見積もりが可能です。「CAM MACS Liteに関する詳しい情報が知りたい」という方は、お気軽にお問い合わせください。あわせて無料トライアルを利用してみてもいいかもしれません。

まとめ

本記事では、在庫管理システムとしても活用できるERP・CAM MACS Liteを導入するメリットや、導入すべき人・会社などを紹介してきました。

充実の機能を搭載していながらも、最大でも月額6万円(税抜)で利用できるコストパフォーマンスの高さは、なによりの魅力ではないでしょうか。ビジネスの成長にあわせたプランの変更にも柔軟に対応しているので、最小限の機能ではじめられるのもうれしいポイントです。

なお、「アイミツ」では、CAM MACS Liteを含む人気の在庫管理システムの一括見積もりも可能です。「複数の在庫管理システムを比較した上で選びたい」という方や、「自社に合った在庫管理システムが知りたい」という方は、お気軽にご利用ください。

在庫管理システム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

在庫管理システムが
最短翌日までにそろう