【2019年最新】社内SNS・情報共有ツール15個を厳選比較|今1番おすすめの社内SNS・情報共有ツールはこれだ!

Slackトップページ

更新日:2018年11月30日 | 公開日:2018年11月30日

「働き方改革」が進む中、社内で円滑・スムーズなコミュニケーションをとることが必要とされています。しかし、社内における情報の共有化が課題となっている企業が多いようです。その課題を解決するツールとして、社内SNSや情報共有ツールが注目されています。

この記事では社内SNS・情報共有ツールにはどのようなものがあるのか、選ぶ際のポイントなどを紹介。また、おすすめの社内SNS・情報共有ツールについても比較・紹介していきます。
社内SNS・情報共有ツールの導入を検討している方は、各ツールを比較して参考にしてください。

社内SNSとは?

社内SNSとは、個人向けSNSの機能を企業内専用で使用するためにカスタマイズされたSNSのこと。ビジネスを目的に、社内のメンバーだけが使えるソーシャルネットワークです。
プライベートを公開するFacebookやTwitter、Instagramなどとは異なり、社内SNSは仕事を効率よく効果的に進めるために活用されています。ビジネスに特化したアプリといっても、よいかもしれません。

社内SNSを利用することで、在宅勤務やサテライトオフィスなどのリモートワークのような新しい働き方にも対応。ビジネスの柔軟性や、スピードアップにもつながります。

社内SNSには、社員やチームメンバーが情報を書き込んだり、閲覧したりできる機能が備わっています。ほかにも営業や総務、事務などの各職種に応じて、使いやすいようにカスタマイズされているのも特長のひとつです。

社内SNSの二大巨塔はSlackとチャットワーク

たくさんの社内SNS・情報共有ツールが存在する中で、その人気を大きく二分しているのが「Slack」と「チャットワーク」です。いずれのツールも数多くの企業が導入・運用。社内におけるコミュニケーションの活性化と、仕事の効率化につなげています。
これから新しく社内SNSを検討している会社も、安心して導入できる情報共有ツールです。

ここでは、Slackチャットワークを比較。それぞれの特長やメリットについて、説明します。

Slackとは

Slack」は、2013年にアメリカでリリースされた、社内SNSです。前身の企業がオンラインゲーム開発を行う際に、社内コミュニケーションツールとして作られたのが始まりです。そのため「IT系に人気があり、柔軟性が高いツール」として評判になりました。Slackは今もエンジニアを中心に、利用が広がっています。

Slackの特長:
■圧倒的な柔軟性が最大の特長です。
他のツールと比較して、各種アプリや外部ツールとの連携機能が充実。1,500を超えるアプリや、強力なAPIを利用することができます。
■800万人以上が利用しており、実績が豊富です。
2018年現在、50万を超える組織がSlackを導入済み。フォーチュン100に選ばれている企業の中で、65社がSlackの有料プランを利用しています。2017年11月には日本語版もリリースされ、日本でも毎日50万人以上が利用しているそうです。
■好きなようにデザインをカスタマイズできます。
チャットルームのデザインを、自分の好きなようにカスタマイズできます。LINEと比較してもその自由度は高く、使いやすい社内SNSです。UIはオシャレに使うことができ、絵文字によるリアクションも可能。

Slackの1ユーザー当たりの料金について:
■有料プラン:
・スタンダードプラン:月額960円(税別)
・プラスプラン:月額1,800円(税別)
■無料の「フリープラン」があり、無期限で利用可能です。

◎こんな人におすすめです:
どのような業界の企業でも、使いやすいツールです。Slackで自社に適した外部機能を組み合わせることにより、仕事の処理スピードを上げることが可能。作業の効率化につなげることができます。そのため、さまざまなアプリとの連携による仕事の効率化を検討している方におすすめの社内SNSです。

チャットワークとは

チャットワーク」は、ChatWork株式会社が2011年にリリースした「機能が充実していて使いやすい」と評判のクラウド型の社内SNSです。チャットワークのリリース以降、その効果も格段に上がりました。そして国産の社内SNS・情報共有ツールとしては、No.1へと成長を遂げたのです。

チャットワークの特長:
■本格的なタスク管理機能が使えます。
チャットワーク最大の特長が、本格的なタスク管理機能。自分のタスクはもちろん、他のメンバーにタスクを依頼することが可能です。この機能により、依頼したタスクのやり忘れや漏れがなくなり、仕事の質を高めます。
■純国産ツールとして、実績No.1の安定感があります。
2018年10月末日時点で196,000社がチャットワークを導入済み。その数字が、ツールの利便性と安定感を証明しています。「これから社内SNS・情報共有ツールを検討したい」という企業も安心して導入できるはずです。
■簡単に使いこなせる、多彩な機能をサポートしています。
「グループチャット機能」「タスク管理機能」「ファイル共有機能」「ビデオ通話/音声通話機能」…。便利でシンプルな機能があり、誰でも簡単に使いこなせるのが特長のひとつです。

チャットワークの1ユーザー当たりの料金について:
■組織で導入する際の有料プラン:
・ビジネスプラン::月額500円(税別)
・エンタープライズ:月額800円(税別)
■無料の「フリープラン」があり、無期限で利用可能です。

◎こんな人におすすめです:
無料で利用できます。また有料プランにおいても、Slackと比較するとコストを抑えることが可能。なるべくコストを抑えたい人や、実績重視で安定したサービスを選びたい人におすすめです。

社内SNSを選ぶ上での2つのポイント

社内SNS・情報共有ツールには、さまざまな種類があります。いったいどのような点に気をつけて、社内SNS・情報共有ツールを選べばよいのでしょうか。ここでは、社内SNS・情報共有ツールを選ぶ際のポイントについて、説明します。

使いやすさ、UI

普段PCを使わないような職場の場合、ITスキルが高くない社員もいるはずです。できれば誰でも利用できる、シンプルで直感的に操作できるインターフェースが望ましいでしょう。そして大事なことは、いかに職場に社内SNS・情報共有ツールを浸透させるか。それが重要になります。

一方、エンジニアが多く、ITリテラシーが高い社員が多い職場・企業の場合。カスタマイズができたり、自分たちで機能を拡張できたりするツールが向いているといえます。

社内SNS・情報共有ツールの導入に際しては、自社にとって使いやすいサービスを選ぶことが重要です。以下のような観点から比較した上で、使いやすい社内SNS・情報共有ツールを選びましょう。

■U・Iの使いやすさ:
社内SNSや情報共有ツールを使うのに慣れていない人でも、直感的に操作ができるU・Iはありがたいものです。導入後の教育コストがかからず、ツールの運用も浸透しやすくなります。また、テキストの装飾機能やデザインのカスタマイズ機能などがあると、さらに使いやすいでしょう。
■モバイル・スマホ対応:
出張や取材など社外にいる時間が長い社員にとっては、社外からもアクセスできることが必要不可欠に。モバイルやスマホに対応している、社内SNS・情報共有ツールの方が便利です。またモバイル・スマホ用のアプリが用意されているケースが多いですが、Webブラウザで簡単に対応できるツールもあります。

ほとんどの製品は、お試し版や無料版が用意されています。正式に社内SNSや情報共有ツールを導入する前に、まずは試しに使ってみましょう。そして使い勝手を、比較検討する必要があります。

価格と機能

ツールによって、サービスはさまざまです。機能のサポートの有無も、製品によって異なります。まずは、自社の目的を満たす機能がサポートされているツールなのかどうかを見極めることが重要です。
社内SNS・情報共有ツールには、以下のような機能がサポートされています。

◎一般的にサポートされていることが多い機能:
グループチャット機能/タスク管理機能/ファイル共有機能・検索機能/ビデオ通話・音声通話機能/カレンダー機能 など

◎ツールによってサポートされている機能:
メッセージの既読・未読機能/アンケート機能/メール機能/外部サービス連携機能/ユーザー管理機能/メンション(相手を指定して投稿できる)機能/画面共有機能 など

◎価格について:
■有料プラン:
各社内SNS・情報共有ツールには複数の「料金プラン」があります。料金によってサポートされる機能が異なるため、それぞれ比較・確認する必要があります。
■無料(フリー)プラン:
コストをかけたくないという人には、「無料(フリー)プラン」がサポートされているかどうかが気になるところでしょう。ただし、無料プランには機能に制限があることが多いはずです。その制限があっても、利用目的を叶えてくれるものであれば、問題はありません。機能制限を解除したい場合は、「有料プラン」に変更することになります。
ほとんどの場合は「無料トライアル」が利用できることが可能。導入前に機能や使いやすさなどを、確認することが可能です。

Slack、チャットワーク以外のおすすめの社内SNS

ここまで、Slackチャットワークが持つそれぞれの特長・強みや、社内SNS・情報共有ツールを選ぶ際のポイントについて説明しました。Slackチャットワーク以外にも、おすすめの社内SNS・情報共有ツールがあります。

使いやすさに定評のある社内SNS3選

社内SNS・情報共有ツールの中でも特に人気の高い3つのツール「LINE WORKS」「Yammer」「Wantedly Chat」を紹介。その特長やメリットを、説明していきます。

LINEと唯一連携できる「LINE WORKS」

プライベートでLINEを使っている人は、多いことでしょう。LINE WORKSは、そのLINEをビジネスに特化させた社内SNSです。

ワークスモバイルジャパン株式会社(「LINE社」の兄弟会社として2015年に設立)が2017年2月にサービスを開始。LINEと連携できる唯一の社内SNSとして、注目されました。その1年後の2018年2月には、LINE WORKSの導入社数は1万社を突破。さまざま業種や業態のユーザーに利用されています。

「カジュアルで汎用性が高く、使いやすいUIが魅力」と評判の高いLINE WORKS。その最大の特長は「LINEとの親和性が高い」こと。LINEとの違いはスケジュール管理や画面共有など、仕事に使える機能が充実していることです。

LINEでお馴染みのチャットやスタンプをはじめ、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケート…。仕事上で活用できる、さまざまな機能を備えた「ビジネス版LINE」といえる社内SNS・情報共有ツールです。

ビジネス版Facebookとも言われる「Yammer」

「社内SNSとして完成度が高くて使いやすい」という評判の「Yammer」。マイクロソフトが開発・販売する、エンタープライズ向けの社内SNSです。150ヵ国以上、23言語とグローバルレベルで利用されています。

Yammerのインターフェースは、FacebookやTwitterなどに似ています。これらのツールを利用している人に受け入れられやすく、「ビジネス版Facebook」ともいわれています。

現在は「Office365」の中のアプリとしてYammerが組み込まれています。メッセージ投稿以外にもコンテンツの共有や作成、編集などを簡単に行うことが可能です。

Yammerは、企業など組織内限定のコミュニケーション手段として利用される社内SNS・情報共有ツールです。不特定多数のユーザーに対して、メッセージを送信・公開できるツールとは異なります。同じドメインを持つユーザー同士でないと連絡できないため、セキュリティにおいても心配がありません。

Wantedlyと連携した「Wantedly Chat」

「Wantedly chat」は、ウォンテッドリー株式会社が展開する社内SNSです。チャットを通して、簡単で効率的なコミュニケーションを実現できます。

Wantedly Chatは、「Wantedly」のアカウントと連携しています。それが、大きな特長だといえるでしょう。個人名や会社名だけでなく、役職や学歴などからも検索することが可能です。Wantedly Chatを利用することで自動的にWantedlyの全ユーザーともつながることができ、仕事のチャンスが大きく飛躍します。

またWantedly chatは、他のツールと比較して「有料プラン」がありません。豊富な機能がありながら、すべての機能を無料で利用できる点も大きな魅力です。
「グループ作成数無制限」「社員アカウント数無制限」「メッセージの保存・検索無期限」「GitHubなど外部サービスとの連携機能」「グループ内での宛先指定」「暗号化された安心な通信」などに対応。柔軟性と利便性を兼ね備えたツールです。

格安な社内SNS3選

社内SNS・情報共有ツールの中でも格安で利用できると評判の「InCircle」「ChatLuck」「定額制Web社内報サービス」。その特長や価格を、紹介します。
また番外編として、Slackチャットワークの無料プランについても紹介。参考にしてください。

月額180円から利用できる 「InCircle」

「InCircle」は、「AI CROSS株式会社」が販売する、社内SNSです。初めて扱う人でも、マニュアルなしで簡単に操作できるよう開発されました。導入実績は1,000社を超え、右肩上がりで伸びています。月額180円からと、リーズナブルな価格で導入できるのも魅力です。

InCircleは、人工知能やAPI、高度なセキュリティ技術などを備えています。社内での運用はもちろん、プロジェクト単位での利用も可能。さらに協力会社やアルバイトスタッフなど社員以外が働いている環境でも、フィットします。安全で快適なコミュニケーションを実現できる、社内SNS・情報共有ツールです。

◎料金プラン:
■Saas版(1ユーザー当たり):
・ライトプラン:月額180円(税別)
・スタンダードプラン:月額360円(税別)
・プレミアムプラン:月額600円(税別)
■オンプレミス版:問い合わせ

※無料プランはありませんが、30日間の無料トライアルが可能です。

月額300円からなのに多彩な機能が使える「ChatLuck」

「ChatLuck」は、株式会社ネオジャパンが販売する社内SNSです。ChatLuckの最大の特長は、多彩な機能を搭載していること。月額300円と、低価格で提供していることも魅力です。

個人・グループチャット機能、ファイル共有機能、写真・動画の共有、音声・ビデオ通話・画面共有、共同作業の効率を向上させる各種機能、ゲストユーザー機能、外部システム連携機能などに対応。

またカスタマイズ・制限、機密ファイル漏洩対策、アカウントセキュリティ、デバイスセキュリティ、ネットワークセキュリティ…。各種管理機能としても、対応しています。

◎料金プラン:
■クラウド版:月額費用1ユーザー当たり300円(税別)
■パッケージ版:初期費用15万円~(2年目以降:年間3万円~)

※無料プランはありませんが、30日間の無料トライアルが可能です。

何人使っても定額の「定額制Web社内報サービス」

「定額制Web社内報サービス」は、さまざまな事例やニーズをもとに立ち上げた、新しいWeb社内報サービス。社内報を専門に手掛けてきた、株式会社エンカウントが提供しています。会社の理念浸透や優秀社員の紹介など、さまざまなコンテンツで社員の離職率改善にも役立てることが可能です。

定額制Web社内報サービスは、定額制。しかも、更新し放題のサービスです。シンプルな管理システムによって、社内報の作成にかかる手間とコストを大幅に削減。簡単・スピーディーに、情報発信が可能です。

お任せの管理システムにより、CMSに詳しくない方も簡単に運用できます。社内広報担当者が行うのは、原稿と写真データをサービス提供会社に送信するだけ。運用スキルは一切不要です。あとは、テストアップされた画面を確認するだけです。

◎料金プラン:
・月額費用は10万円台から(従業員数により異なり、200名以下の規模で月額158,000円になります)

(番外)Slackやチャットワークの無料プラン

Slackチャットワークには、無料で無期限利用できる「フリープラン」があります。ただし、以下の機能制限があるので、注意しましょう。

Slackのフリープラン:
「アクセスできるのが直近の10,000件まで」「連携できるアプリは10件まで」「ファイルストレージは合計5GBまで」という機能制限があります。小規模なプロジェクトでは十分だ、という評判です。

チャットワークのフリープラン:
「累計14グループチャットまで」「ストレージ容量が5GB」「広告が表示される」などの機能制限があります。限定されたチャットグループでのみ使用するという方には、フリープランでも十分かもしれません。

社内SNS・情報共有ツールを導入したい方は、まずはフリープランで機能や操作性を確認しましょう。機能が制限された中で、じゅうぶん目的が達成されるか否かを判断する必要があります。制限を外したい場合は、有料プランに変更することを検討しましょう。

ユニークな強みを持つ社内SNS3選

最後に、社内SNS・情報共有ツールの中でも特にユニークな強みを持つ「Oneteam」「Tocaro」「Talknote」。その特徴や強みを説明します。

会議・ミーティングに特化した「Oneteam」

「Oneteam」は、会議やミーティングに特化したオンラインミーティングツール。「無駄な会議がなくなる」をコンセプトに、業務上の課題や目的に対してファイルなどのコンテンツ共有や議論を行うことが可能。800社を超える企業・団体で、利用されています。

場所や時間を問わず、議論ができる打ち合わせスペース「トピック」。利用する場合は、これをOneteam上に作成します。そして、プロジェクトや課題によって、必要なメンバーをアサイン。あとは情報や議論したい内容を書き、投稿するだけです。

議論を開始する前の背景説明や各種成果物のストック、企画・提案の提示、レポート・議事録・日報…。Oneteamのトピックは、さまざまな使い方が可能です。

◎料金プラン:
有料で価格はWebからの問い合わせになっていますが、無料トライアルも用意されています。

横断的な検索機能を持つ「Tocaro」

Tocaro」は、伊藤忠テクノソリューションズが販売するビジネス向けコミュニケーションサービスです。社内外のユーザーとのチャットや、ファイル、タスクの共有を簡単に行うことができるツール。1,000社以上の利用実績があります。

Tocaro最大の特長は、必要な情報を簡単に見つけ出せる高い検索力。グループやデータ形式の垣根を超えた横断検索により、重要な情報をすぐに見つけ出すことができます。それをもとに、コミュニケーションをとることが可能です。

また管理者機能として、さまざまな利用状況をダッシュボードで一元管理。不正行為やを悪質なアクセスを、即座に検出できます。

◎料金プラン:
・クラウド環境プラン(Enterprise):1ユーザー当たり月額800円(税別)
・オンプレミス環境プラン(On-Premises):問い合わせ
※無料プランはありませんが、無料トライアルが可能です。

AIと連携した社内SNS「Talknote」

Talknote」は、トークノート株式会社が開発した、人工知能(AI)と連携した社内SNS。「社員のモチベーションも可視化できる」と評判の高いツールです。2011年にサービス提供を開始してから、利用企業数は20,000社を突破しました。

Talknote最大の特長は、社員同士のやり取りやコミュニケーションデータをTalknote独自の人工知能で解析できること。「アクションリズム解析機能」や「オーバーワーク検知機能」というユニークな機能をサポートしています。たとえば社員間のコミュニケーション量や仕事に対するモチベーションを可視化することが可能。離職率の低下に、つなげることができます。

◎料金プラン:
月額54,000円(50名までの場合)からで、利用人数に応じた従量課金制です。くわしくは、Webフォームからの問い合わせしてみましょう。
※無料プランはありませんが、14日間の無料トライアルが可能です。

まとめ

おすすめの社内SNS・情報共有ツール15選について紹介しました。それぞれに特長や強みを持っていることがお分かりいただけたと思います。

社内SNSや情報共有ツールを導入することで、情報管理のみならず、社内の円滑なコミュニケーションを実現。仕事の生産性を、アップさせることができます。ただし、ツールによって特長や機能、価格などが異なります。自社の目的や使いやすさを考慮した上で、最も適したツールを導入することが必要になるでしょう。

仕事の効率化やチームのコミュニケーション活性化などを目的に、社内SNSや情報共有ツールを試してみてはいかがでしょうか。無料版でも十分な機能がサポートされています。まずは、登録して使ってみることです。コミュニケーションツールにお困りの方は、ぜひ社内SNSや情報共有ツールを検討してみましょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ