One team(ワンチーム)の評判と実態|15個のビジネスチャットツールを試したアイミツが徹底比較!

one team トップページ

更新日:2018年12月26日 | 公開日:2018年12月26日

働き方改革によって、業務のスリム化を目指す企業が増えてきています。しかし、多くの企業でいまだ業務を非効率的にしているのが、会議です。時間もかかり、開催日程調整などで大きな手間が生じています。そんな中、顔を合わせてミーティングをしなくとも、PCやタブレットさえあれば意見を交わしたり、資料を公開できるのが、ビジネスチャットツール「one team」です。

チャットツールには、「one team」の他にも、代表的なサービスとして「チャットワーク」「Slack」などがあり、用途や利用人数、料金などで、どのチャットツールを使うべきかを迷う人も多いでしょう。そこで、この記事ではone teamの評判と実態について、他のチャットツールと比較し、どのようなメリット・デメリットがあるのかについてご紹介します。

<総評> 「one team」は会議・打ち合わせのスリム化に特化したオンラインミーティングツール

<総評> 「one team」は会議・打ち合わせのスリム化に特化したオンラインミーティングツール

one teamは、会議や打ち合わせをオンライン上でどこでも快適に行うためのビジネスチャットツールです。
one teamを活用することで本来顔を合わせ、プリントアウトした資料を共有しながら行うべき会議や打ち合わせは必要がなくなります。またメンバーがどこにいても、通信環境さえ整っていれば快適に会議を行うことができるようになります。

他のチャットツールでは、社員同士のコミュニケーションツールの役割も果たすために、SNS化し、会話と連絡を重視するものもあります。one teamではあらゆるタイプの資料をオンライン上で共有できるため、会議などのビジネスシーンに特化した機能を備えています。

近年、働き方改革の推進によって、ノー残業デーを設ける会社や、リモートワークを認める会社も増えてきています。会議のためだけに出張先から戻ってきたり、大切な仕事を打ち切って何時間も社員の時間をとってしまえば、会議の時間分、個人の残業時間は増えていくでしょう。

one teamのようなチャットツールを使用してリモートで会議を行えば、残業時間の短縮、業務の効率化を図ることができ、会社全体の生産性がアップすることが見込まれます。特にミーティングに特化したone teamは、自宅や出張先からでも、本当に対面しているのと同じくらいスムーズにあらゆる情報交換・意見交換ができ、活発な会議を可能にするでしょう。

そもそもビジネスチャットツールとは

そもそもビジネスチャットツールとは?

そもそも「ビジネスチャットツール」とは、どういったものなのでしょうか。1998年にICQというチャットソフトが大流行し、この年のユーザーは3週間で100万人増加という世界的ヒットを飛ばしました。ただ、当時のチャット機能は、ただただテキストメッセージをリアルタイムで交換するだけのもので、ビジネスツールとして利用している人はあまりいませんでした。

しかし、近年でこのチャットという形式が見直されるようになりました。テキストメッセージで会議の日程を調整したり、納期についての相談などが行えるようになると、急速にビジネスシーンでの発展を遂げるようになります。

今では、ビジネスチャットツールは、「メールよりもレスポンスが早い」「電話と違って文字で記録が残る」「電車、新幹線など移動中も確認できる」などの利便性が評判を呼び、新たなコミュニケーションツールとして、活用されています。

そのため、社員同士のコミュニケーションツールとして活用する会社もあれば、チャットで会議を行う会社も増えてきました。フレキシブルな働き方を可能にするビジネスチャットツールは、業種を問わずに多くの会社で活用されています。

Slack、チャットワークと比べた評判は?

「one team」以外にも今は様々なチャットツールがリリースされており、各自のストロング・ポイントがあります。ここでは代表的なサービスの「Slack」と「チャットワーク」と比較します。

チャットツールの先駆けであるSlackは、one team同様メッセージ以外にもファイルの共有がドラッグ&ドロップで簡単にできるため、リアルタイムでスムーズに情報共有することができます。さらに外部ツールとの連携が豊富であり、Drop BoxやGoogle Driveなどを用いてより快適でシームレスな作業が可能になります。

2年連続でビジネスチャットツールNO.1を誇るチャットワークには、「タスク」機能があり、いつまでに何をすべきかというタスクを共有し、リマインドすることができます。one teamが「トピック」という、話題やテーマごとにチャットツールを利用するのに対し、チャットワークではグループを作成して利用します。そのため、個人対個人でも、個人対複数でも利用でき、社内外を問わずにフレキシブルにチャットのやりとりができるという特徴があります。

one teamの「トピック」は、議題ごとにスレッドが作成されるため、チャットワーク同様複数人の利用が可能ですが、何のためのチャットなのかという目的意識を持ちやすく、オンラインミーティングの効率化につながっています。

1.「one team」の6つのメリット

1.「one team」の6つのメリット

数あるビジネスチャットツールの中から、常用するツールを選択するとき、メリットの多さだけではなく、事業の性格、会社の性格や方針にマッチするものを選ぶことをおすすめします。

以下で紹介するone teamの6つの大きなメリットは、非常に汎用性が高く、事業内容を選ばずに幅広い企業に活かせると思います。

1-1.ファイルをダウンロードせずに再生できる

通常のミーティングでは、顔を合わせて1つの大画面で同じ資料を見ながら、ディスカッションを進めることが多いです。しかし、オンラインミーティングとなると、各自が共通の資料を任意の場所からダウンロードして、紙媒体やデータで手元にある状態で行う必要があります。

その点、one teamは、Word、Excel、Powerpointなどの資料をone team内で共有することができます。しかも、いちいちPCにダウンロードすることなく、one team内で再生することができるため、ミーティングがスムーズに進み、時間の節約にもつながります。

1-2.外部連携が豊富

one teamがビジネスチャットツールとして優れているのは、外部連携が豊富で、さまざまなビジネスツールがone team内で実行できる点です。Googleスプレッドシート、Gmail、Slackなどの外部ツールと連携しており、より多様な資料を、シームレスに活用できます。

Slackもビジネスチャットツールのひとつですが、このSlackをone teamの通知機能として活用することで、より参加者の反応がスピーディになり、円滑なミーティングを可能にしています。

1-3. アジェンダと議事録が一体化で無駄のない会議が可能

one teamでは、アジェンダ(ミーテイングの予定)を立てて、ミーティングをオンライン上で行うため、議事録を取る必要がありません。対面式のミーティングでは、アジェンダを立て、議事録を作成するために参加者のひとりが時間を取られてしまいます。

one teamでれば、メンバー全員が参加可能なアジェンダの作成がすぐにでき、会話のやりとりは資料も含めてすべてデータで残ります。そのため別途議事録を取る人員を割かずに、効率よく会議を進めることができ、いつでもその内容について振り返ることができます。

1-4. スマホからもサクサク操作可能

one teamは、PCだけではなく、アプリをダウンロードすれば、スマホからでも、タブレットからでもサクサク使用できます。ビジネスチャットツールの中には、同じようなサービスを提供していて、スマホ対応のものも複数ありますが、PC版よりも操作性が悪いものも少なくありません。

one teamのアプリは、PC版とほぼ同じ操作性でサクサク仕事を進めることができ、外出先からのミーティングでもレスポンスの悪さにイライラすることはないでしょう。

1-5. 最大50万円の補助金で気兼ねなく利用できる

one teamは有料チャットツールのため、利用料金の面で導入を踏みとどまっている企業も多いでしょう。しかし、one teamは、経済産業省の「平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業」におけるIT導入支援事業者に採択されました。

このため、業種や会社の資本金の金額によって、最大50万円の補助金を受けることができ、より安価でone teamを利用できます。無料プランを提供している競合と異なり、有料にこだわるからこそ提供できるサービスが、より安く使えるというメリットがあるのです。

1-6. トピック別で課題の整理がしやすい

チャットワークなどのビジネスチャットツールでは、チャットのグループを作成し、そのグループで話題を共有するという方法がとられています。ですが、one teamでは特定の「グループ」を作るのではなく、「トピック」を作成し、トピックのテーマごとにスレッドのようなものが作成されます。

画面を見てみると、メール作成画面のようになっていて、そこにメンバーからのコメントがリアルタイムで表記されるようになっています。課題別にトピックが分かれているため、問題提起もしやすく、レスポンスもしやすいのが特徴です。

2. 「one team」のつのデメリット

2. 「one team」のつのデメリット

one teamは確かに課題を社内外問わずに共有でき、シームレスなオンラインミーティングを叶えてくれるツールです。ただし、使い方や場合によっては、以下の3つのようなデメリットを感じるかもしれません。

2-1. 無料プランが14日間しか使えない

one teamは、基本的に有料のビジネスチャットツールのため、使用料金がかかります。ただし、最初から料金がかかるわけではなく、14日間限定で無料プランが用意されています。チャットワークでは、無料プランは無期限な代わりに、作成できるチャットグループが累計14個までという限定があります。

one teamは無料期間でも実際の有料プランと同じように使用できますが、14日以降に契約しなければ、すべてのトピックが消えてしまいます。

2-2. トピックが増えていくと見にくい

ポジティブな評判が多いone teamですが、トピックが増えすぎると見にくくなるというデメリットがあります。トピックが増加していくと重要なものが埋もれていく可能性が生じるのです。このデメリットに関しては、検索機能を使用することによって解決できます。

2-3. ゲストへの通知を飛ばすのにひと手間かかる

登録メンバー以外のゲストをまねいてone teamを使用する場合、ゲストがひと手間かかるという点もデメリットといえます。ゲストアカウントに通知を飛ばすためには、ゲストが所属するグループをメンションするだけで使用できます。ただし、このときゲストにメール通知をONにしておいてもらう必要があります。

これを除けば、社外のゲストにもone teamを使用してもらうことができ、社外とのオンラインミーティングが可能になります。

3.徹底調査でわかった「one team」を使うべき人・会社

3.徹底調査でわかった「one team」を使うべき人・会社

オンラインミーティングツールとして使い勝手がよく、評判も上々のone team。
特に以下にご紹介する人・会社が使用したとき、よりストロングポイントが強調されるでしょう。

3-1.支社間で日常的なコミュニケーションが必要な会社

本社の他に複数の支社や事業所を構えていて、その支社間でほぼ毎日の頻度でコミュニケーションをとる必要がある場合、one teamは有効な手段になりmす。

全国にまたがって展開している企業でも、わざわざ出張費をかけて本社に集まる必要なく、まるでその場にいるかのようなスピーディーさでミーティングを行えるからです。出張費の節約だけでなく、参加者の時短にもつながり、残業時間を減少させることができるでしょう。

3-2. 海外展開している会社

海外に支社や事業所を展開している企業にもone teamは評判をよんでいます。海外では時差もあり、ただでさえ業務にタイムラグが発生するものです。しかし、one teamを使用することで、都合のよい時にレスポンスができ、ツール内で資料も再生できるため、タイムラグが発生しにくくなります。

3-3. リモートワークを導入している会社

働き方改革の推進によって、会社に出勤しなくとも、自宅やその他のサテライトオフィスなどで仕事ができる時代になりました。リモートワークを導入している企業にとっては、自宅からでもメンバーがオンラインで会議に参加することができれば、リモートワークでは困難な意思の疎通を図ることができます。

4.徹底調査でわかった「one team」を使うべきでない人・会社

4.徹底調査でわかった「one team」を使うべきでない人・会社

汎用性が高く、さまざまな企業で評判がよいone teamですが、仕事内容などによっては、one teamを使うべきではない人や企業も存在します。

4-1. 従業員数の少ない中小企業

オンラインミーティングは、「直接顔を合わせることが難しいから」「効率化をはかるため」「時短のため」という理由で導入する企業からは評判です。しかし、常に顔を合わせているデスクワークがベースの、なおかつ従業員数が一桁の会社の場合、導入する意味があるか検討したほうがいいでしょう。チャットツールを使うまでもなく、口頭で済む規模の場合は、有料プランを導入する必要はないでしょう。

4-2. 会議は相手の顔を見て実施したいという人

one teamは情報セキュリティの国際規格 ISO/IEC27001 の基準を満たしているものの、オンラインで企業の大切な情報に関してやりとりすることに抵抗を感じる人も多いでしょう。このような理由に加えて、上司が保守的な姿勢であり、「会議=顔を合わせてするもの」という固定概念を覆せない場合には、導入に難航すると思われます。

5. 1分でできる!「one team」の登録方法

5. 1分でできる!「one team」の登録方法

確かに評判はよいけれど、有料プランだし、登録が面倒なのでは…と躊躇していませんか?one teamはたった3分あれば登録可能です。その手続きはわずか3ステップ。どれだけ簡単に登録できるかについて、ご紹介します。

5-1. 公式サイトにアクセスして、お問い合わせボタンをクリック

まず、one teamの公式サイト(https://www.one-team.com/ja)にアクセスします。次に、「お問い合わせ」のボタンをクリックします。問い合わせ用のフォームが開くので、メールアドレスを記入します。次の項目に「今回はどのような案内をご希望でしょうか?」という質問があるので、タブの中から「無料で試したい」を選択します。

5-2. 申し込みフォームに必要事項を入力して送信

そのほか、必須の記入事項は、「企業名」「お名前」「電話番号」「部署」「役職」があるので、それらすべてを記入します。最後に一番下にある「同意して送信」をクリックして申し込みは完了です。ここまで本当にわずか1分で終了するため、申し込みは非常に簡単だといえます。

5-3. one teamからの案内に従って利用開始

フォームへの入力と送信が終わると、営業日の場合はだいたい当日に返信がきます。返信されたメール内に、無料プランの案内があるので、そこから利用開始できるようになっています。営業時間は10:30~18:30なので、この時間内であれば、当日中に無料プランを試すことができるでしょう。

最初から有料プランを検討する場合や、プランに関する相談をしたいという場合にも、同じフォームを送信することで、案内を受けることができます。

6. 「one team」の効果的な使い方

6. 「one team」の効果的な使い方

one teamの評判はわかった。でも、実際に業務に導入している人の例を見てみたい!と思う方も多いでしょう。そこで、以下でone teamの効果的な使い方をご紹介します。

6-1. 事前の情報共有で会議時間を削減

アジェンダだけではなく、会議のゴールや提供予定の資料を事前にメンバーと共有することで、本来会議の序盤に行うはずの「情報共有」の時間を削減することができます。

会議の序盤は、「この会議の目的は~」「まず、配布した資料に目を通してください」といった、準備段階も含んでいるのが通常ですが、one teamを使用することで、会議の前半部分をまるごとカットできるのです。

これらの情報は、社外でも確認できるため、通勤の最中や帰宅後のちょっとした時間に目を通すこともできます。会議の時間は、本当に必要な意見交換のみを行えば、業務の効率化、スリム化につながります。

6-2. クライアントをゲストアカウントで招待し、メルマガ化する

one teamは、社外のゲストアカウントも使用することができます。この点を利用して、クライアントをゲストとして招待し、展開予定のサービスや商品に関するメールマガジンのような役割で使用するという方法があります。ゲストはメンションされたトピックに招待されるため、ゲスト側の手間はほぼかかりません。

その上、one teamが、自社のサービスをPRできる効果的な場になります。クライアントに効果的に自社の情報を伝えることができるため、広告費が別途かからないという点もメリットでしょう。

6-3.乱立するトピックには社内規定をつくる

one teamには、「トピック」によって、議題ごとに会話を分けることができるという特徴があります。この特徴は、話題ごとに参加者の頭を整理させ、テーマについて考えやすくなるというメリットがあります。一方で、多くのトピックを抱える利用者にとっては、表示されるトピックが増えると、目的のトピックが探しにくくなるというデメリットも生じます。

このような場合、社内あるいはチーム内でトピック作成に関するガイドラインを作成して使用してみることをおすすめします。どんな場合に新しいトピックを立てるかについて規定があれば、乱立を防ぐことができ、one teamをより効果的に使用できるでしょう。

7. まとめ

7. まとめ

数あるビジネスチャットツールから1つのサービスを選ぶとき、利用者数や利用料金で選ぶという方法もあります。無期限の無料プランがあれば、多くの企業が利用するため、相互ツールとして選ばれやすくなることもあるでしょう。

しかし、本当に価値のあるチャットツールを選ぶなら、無料プランで他者のチャットツールと比較した上で、有料プランがメインのone teamのようなツールも検討することをおすすめします。競合ツールと比較してみると、one teamはシームレスな社内コミュニケーションが確実にとれるうえ、会議前後の情報共有が可能です。使い方によっては、会議のすべてをオンライン上で行うことも可能です。

SNSのような端的な会話が目的ではなく、オンラインでスピーディに意見交換、情報共有を行いたいなら、one teamがおすすめです。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ