あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

更新日:2019年11月26日

【タスク管理機能を徹底比較!】効率が劇的にアップする、クラウド型グループウェア・イントラネット4選【2019年度最新版】

TODO LIST

1.iQube

ToDoリストやレポートをスケジュールと連携することができるため、スケジュール画面上でプロジェクトの進捗を一括管理できるのが特徴です。
また、情報の開示先を各グループやユーザごとに制限したり、他者にタスクを依頼することも可能です。

メッセージなどのコミュニケーション機能はないものの、スケジュールを中心とした基本機能はすべて無料で利用可能です。
無料プランには10IDまでの人数制限、30個までのコンテンツ制限があります。
月額利用料400円のスタンダードプランでは、人数、コンテンツ共に制限なしで利用することができます。

2.Aipo.com

25,000社以上の導入実績がある国内シェアNo.1のグループウェアです。
タイムライン形式で情報を共有することができるため、社内の動きの可視化に役立ちます。
コミュニケーション機能が中心のため無料プランではToDoは利用できないのですが、月額利用料420円のMプランでは利用可能です。
また、グループウェア専門アプリストア「Aipoストア」から新しいソーシャルアプリを自由にインストールできるため、自分で様々にカスタマイズできるのが嬉しい点です。

3.Google Apps for Work

Google Appsは複雑な設計のイメージが強いかもしれませんが、ToDoに関しては非常に容易な操作で管理が可能です。
また、GmailやGoogleカレンダーなど他機能との連動性も高く、スケジュールからのタスクの新規作成も可能です。
料金プランには1ユーザー月額利用料600円のものと1200円のものがあり、月額600円のプランでは30GBまで利用できます。

4.ChatWork

チャットワークは「グループチャット」、「タスク管理」、「ファイル管理」をひとつにしたビジネスチャットツールです。
タスクは他社に依頼することもでき、割り振られたタスクを完了させるとチャットに通知されるため、コミュニケーションの活性化が図れます。
また、無料プランでもビデオ会議・音声通話が可能であることも大きな特徴です。
無料プランでは14のグループチャットと5GBのストレージが利用可能で、月額利用料400円のパーソナルプランでは、人数無制限のグループチャットと10GBのストレージが利用できます。


いかがでしたでしょうか。
一言でグループウェアと言っても、基本的なタスク管理の機能が充実しているものからビデオ会議が可能なものまで、バリエーション豊かなツールが揃っているのがお分かりいただけたかと思います。
個人的には、タスク管理の面から見るとiQudeをおすすめします。
スケジュール画面上にタスクを一括登録できたり、他者にタスクを依頼できたりと、フレキシブルに利用できそうです。
グループウェアを導入することで、社内のコミュニケーションを活性化させ、ビジネスの効率化を図っていきましょう!

“グループウェア”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

グループウェア会社の
見積もりが最短翌日までにそろう

グループウェア会社の

見積もりが最短翌日までにそろう

利用実績100,000突破!
一括見積もりをする(無料)