チャットワーク(Chatwork)VSLINEWORKS(ラインワークス)徹底比較|あなたに必要なビジネスチャットツールはこれだ

LINE WORKSトップページ

更新日:2018年11月30日 | 公開日:2018年11月30日

多くのビジネスチャットツールがある中で、LINE WORKSチャットワーク(Chatwork)の2つが最終候補として残ることは少なくありません。どちらも魅力的なチャットツールですが、ビジネスでシーンで利用するのにより適しているのはどちらなのか、またそれぞれにどんな特徴や強みがあるのか気になりますよね。
この記事では、チャットワーク(Chatwork)LINE WORKSを比較し、それぞれの特徴や強み、どんな人におすすめなのかを紹介するとともに、他のビジネスチャットツールについても紹介します。ビジネスチャットツールの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもビジネスチャットツールとは

そもそもビジネスチャットツールとは

テキストベースのコミュニケーションを行うチャットツールは、これまでのメールの煩わしさを排除し、プライベートで使用するユーザーの間にあっという間に浸透しました。近年では企業での導入が進み、ビジネスシーンでの利用も加速しています。

ニュースでも話題になっている「働き方改革」では誰もが、より付加価値の高い仕事ができるように求められています。情報共有をスムーズに行い、円滑なコミュニケーションを実現するチャットツールは、近年重要視されている企業における多様な働き方にも効果を発揮します。

これまでプライベートで利用されていたチャットツールを、ビジネスシーンでの利用に耐えられるようにするため、使いやすさやセキュリティ面などの機能をビジネス向けに強化したものを「ビジネスチャットツール」といいます。

現代では、何らかの事情によりテレワークをせざるを得ない、優秀な人材を活用していくことが企業にも求められています。ビジネスチャットツールは、不足しがちな社内コミュニケーションをリアルタイムに、そして安全に行うことを可能にします。

自宅やサテライトオフィスでの勤務など、働き方の多様化が進行している中で、今後さらに遠隔地とのコミュニケーションをスムーズに行う必要性が増えてきます。これからもビジネスチャットツールの導入はますます増えていくことでしょう。

チャットワークとは

チャットワーク(Chatwork)」とは、ChatWork株式会社が2011年にリリースしたクラウド型ビジネスチャットツールです。日本発のビジネスチャットツールとして人気があります。現在では196,000社(2018年10月末日時点)にまで導入企業が増え、国産のビジネスチャットツールとしてはNo.1へと成長を遂げました。

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。ビジネスチャットツールに慣れていない人でも簡単に使うことができる、シンプルなシステムが特徴です。

チャットワークの機能としては、「グループチャット機能」、「タスク管理機能」、「ファイル共有機能」「ビデオ通話/音声通話機能」をはじめとした、さまざまな便利でシンプルな機能があり、これらの機能を利用することで業務の効率化を実現しています。

また、チャットワークはPCやスマートフォンなどデバイスを選ばないことも特徴のひとつ。どこからでも簡単にチャットワークにアクセスできるため、自宅や出張先からでも仕事に参加できます。

チャットワークは、無料の「フリー」プランのほか、有料の「パーソナル」「ビジネス」「エンタープライズ」プランの4種類が用意されています。

LINE WORKSとは

LINE WORKS」は、コンシューマ向けのコミュニケーションアプリとして高い人気を誇る「LINE」と連携することができる唯一のビジネスチャットツールです。ワークスモバイルジャパン株式会社が2017年2月に提供を開始し、スタンプや既読などLINEで使い慣れた機能が、そのままLINE WORKSにもサポートされています。

チャットアプリLINEをビジネス向けにしたツールとして、LINE WORKSはビジネスシーンで利用するための機能が充実。LINEでお馴染みのチャットやスタンプをはじめ、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事上で活用できるさまざまな機能を備えています。
LINE WORKSはLINEスタンプの利用ができるため、事務的になりがちなチャット上のコミュニケーションをより円滑なものにしてくれるツールでもあります。

リリースしてまだ間もないLINE WORKSですが、その導入社数は2018年2月時点で1万社を突破。大手有名企業から中小企業までさまざまな規模、 業種のユーザーに利用されています。

LINE WORKSには「ライト」「ベーシック」「プレミアム」と3種類の利用プランが用意されていますが、「無料プラン」はありません。

Slackとチャットワーク、LINE WORKSの違い

Slackはアメリカ発のツールで、50万を超える会社・組織で導入され、全世界で800万人以上のユーザーが利用しています。カスタマイズができるなど、特にエンジニアから高い支持を受けており、IT企業などでよく採用されています。
無料の「フリープラン」がありますが、「スタンダードプラン」は一人当たり月額960円(税別)と、LINE WORKSと比較すると割高感があります。

チャットワークは純国産で、視覚的・直観的に分かりやすいUIになっています。導入実績が豊富で、これから導入する方も安心して使えるという特徴があります。
Slackと同様、無料の「フリープラン」が用意されています。有料プランの料金はLINE WORKSと比較して同程度といえるでしょう。

LINE WORKSは2017年にリリースした新しいツールですが、LINEでお馴染みのチャットやスタンプをはじめ、ビジネスで使えるさまざまな機能を備え、スマートフォン時代に適した勢いのあるツールです。

SlackチャットワークLINE WORKSそれぞれに特徴がありますので、これから導入を検討している方は、それぞれの特徴や強みを理解した上で、自社に適したツールを導入しましょう。

チャットワークとLINE WORKSの機能・価格比較早見表

チャットワークとLINE WORKSに共通する機能・特徴

チャットワークとLINE WORKSに共通する機能・特徴

チャットワーク(Chatwork)LINE WORKSを比較して異なる点は多くありますが、共通する機能や特徴もあります。ここでは、チャットワークLINE WORKSに共通する機能・特徴を4つに分けて説明していきます。

簡単で使いやすいチャット機能

チャットワークでは「チャット機能」、LINE WORKSでは「トーク機能」と呼ばれています。どちらも組織やプロジェクト単位でグループを簡単に作成し、いつでも簡単にコミュニケーションをとることができます。社内だけでなく、お客様や取引先との連絡手段としても利用可能です。
特定のメンバー間でメッセージの送信や返信ができ、素早く正確に情報共有をすることが可能です。

タスクを管理できる

チャットワークLINE WORKSともにタスクを管理することができます。チャットワークでは「タスク機能」としてサポートされており、自分自身や他のメンバーへのタスク依頼・管理を行うことができます。それに比較して、LINE WORKSでは「カレンダー機能」に連動する形でタスク管理ができるようになっています。どちらの方が使い勝手が良いかについては、タスクを利用する用途・目的によって異なってきます。

ファイル共有機能が使える

チャットワークLINE WORKSもファイル共有機能が使えます。ファイルアップロードやファイルダウンロード、ファイル管理などの操作ができます。
チャットワークはファイル共有機能を標準でサポートしています。
LINE WORKSでは「Drive機能」と呼ばれていますが、「ベーシックプラン」「プレミアムプラン」のみがファイル共有機能に対応しており、チャットワークと比較すると機能が制限されています。

音声通話/ビデオ通話ができる

チャットワークLINE WORKSも音声通話/ビデオ通話ができます。チャット参加メンバーとの音声による通話や、顔を見ながらの会話が可能です。
特にLINE WORKSのビデオ通話は最大200人で利用することができます。大人数での会議に使いたい場合などは、LINE WORKSを利用した方がメリットを感じられます。

チャットワークのみが持つ特徴・強み

チャットワークのみが持つ特徴・強み

では、LINE WORKSと比較して、チャットワーク(Chatwork)のみが持つ特徴・強みには、どのようなものがあるのでしょうか。ここではチャットワークのみが持つ特徴・強みについて3つに分けて説明していきます。

導入実績が豊富なので安心して導入できる

チャットワーク(Chatwork)は2011年の設立以来、純国産という使いやすさと充実した機能により、196,000社という豊富な導入企業数を誇ります。導入企業は大手有名IT企業から家電量販店、法律事務所、大学、個人事業主など。さまざまな業種業界で利用されており、これから新たにチャットツールの導入を検討したいという企業も安心して導入することができます。

ユーザー管理・アクセス制限など、高度なセキュリティ機能がある

チャットワークの「ビジネスプラン」「エンタープライズプラン」が対象になりますが、「管理者によるユーザーの追加や削除」「ユーザーパスワード変更」などの管理機能があり、情報漏えいなどのリスクを低減することができます。
また、最上位の「エンタープライズプラン」では、社外ユーザー制限やIPアドレス制限、外部SNS制限など、高度なユーザー管理機能を利用することができます。

無料で使える「フリープラン」がある

チャットワークには無料で登録でき、月額料金などもかからない「フリープラン」が用意されています。フリープランには以下のような機能制限があります。
■チャットグループは累計14グループまで使用可能
■ストレージ容量は合計で5GBまで使用可能
■広告が表示される

限定されたチャットグループでのみ使用するという方には、フリープランでも十分かもしれません。14グループを越えて使いたい場合やさまざまな機能を使いたい場合は有料プランへの変更を検討する必要があります。

LINE WORKSのみが持つ特徴・強み

LINE WORKSのみが持つ特徴・強み

では逆に、チャットワーク(Chatwork)と比較して、LINE WORKSのみが持つ特徴・強みには、どのようなものがあるのでしょうか。ここではLINE WORKSのみが持つ特徴・強みについて3つに分けて説明していきます。

LINE同様に、既読・未読が判別できる

LINE WORKSにはチャットワークSlackにはない機能として、メッセージの既読・未読が確認できる機能があります。送信したメッセージが読まれたかどうかを確認したいという人にとっては便利な機能です。
また、LINE WORKSのメール機能でも、通常のLINEと同じように相手がメールを読んだ場合には「既読」として表示されます。至急の連絡や対応をしてほしい場合などには大変役に立つ機能です。

LINEスタンプが利用できる

LINE WORKSLINEと親和性の高いツールであり、LINEスタンプも利用することができます。スマートフォンユーザーのほとんどが利用し、慣れ親しんでいるLINEのインターフェースを使用しているため、毎日のようにLINEを利用している人にとって、LINE WORKSの導入は違和感なく感じることでしょう。LINE WORKSは、カジュアルに活用することができるビジネスチャットツールです。

アンケート機能が使える

LINE WORKSにはアンケート機能がサポートされています。イベントの出欠や安否状況、各種アンケートなど多彩なテンプレートが用意されています。災害時の安否確認にも利用でき、アンケートは期間を設定した上でメンバーに送信することができます。
アンケート結果は表やグラフで表示することができ、未回答者へのリマインダーも簡単に行えます。回答結果をCSVなどのファイルでダウンロードすることもできます。

チャットワークとLINE WORKSの価格比較

チャットワークとLINE WORKSの価格比較

チャットワーク(有料プラン):
個人で導入したい「パーソナルプラン」は月額400円(税別)。
組織的に導入したい場合、「ビジネスプラン」は月額500円(税別)、管理機能が強化された「エンタープライズプラン」では月額800円(税別)で利用できます。

LINE WORKS(有料プランのみ):
「ライトプラン」は月額360円(税別)、「ベーシックプラン」は月額600円(税別)、最上位の「プレミアムプラン」は月額1,200円(税別)で利用できます。

チャットワークの無料プラン:
チャットワークには「無料プラン」が用意されていますが、機能が制限されています。

LINE WORKSの無料トライアル:
LINE WORKSには無料プランがありません。30日間の「無料トライアル」はありますが、無料で継続利用することができません。
ただし、この記事を書いている2018年11月時点で「永年無料キャンペーン」が行われており、「フリープラン」として永年無料で利用することも可能です。今後もこのようなキャンペーンが継続される場合は、無料で無期限利用をするチャンスです。

チャットワークLINE WORKSともに、プランによりファイルストレージ容量や利用できる機能などが異なるため、プロジェクトの規模や必要とする機能を考慮した上で、最適なプランを導入することが必要です。

まとめ チャットワークとLINE WORKS 導入すべきは・・・

まとめ チャットワークとLINE WORKS 導入すべきは・・・

チャットワーク(Chatwork)LINE WORKSを比較してみて、それぞれに特徴・強みを持っていることが、お分かりいただけたと思います。
LINEとの親和性が高く、誰でも簡単に使えるビジネスチャットツールを導入したい会社はLINE WORKS、関係各社と着実にメッセージやタスクのやり取りを進めたい会社はチャットワークを導入するのが一般的といえそうです。

LINE WORKSと比較すると機能などが一部異なりますが、金額的な違いはそれほどないため、特にこだわりがない方は、実績があり安定しているチャットワークを利用することをおすすめします。

チャットワークを導入すべき人・会社

ここまでにチャットワーク(Chatwork)LINE WORKSを比較し、それぞれの特徴や強みについて紹介してきましたが、チャットワークはどんな人に向いているのでしょうか。2つに分けて説明していきます。

実績・安定性重視でツールを導入したい会社

チャットワークは2011年にリリースされた純国産のビジネスチャットツールです。リリース以降、その評判は順調に他の多くの企業へと広がりを見せ、2018年10月末日時点では196,000社に導入されています。この数多くの導入企業数は、チャットワークの使いやすさや利便性・安定性を証明しています。実績のある安定したビジネスチャットワークを導入したいと考えている会社は、チャットワークが第一の選択肢になるでしょう。

コストをなるべくかけずに導入したい会社

チャットワークには、無料で使える「フリープラン」が用意されているため、コストをなるべくかけずに導入したい会社におすすめです。「累計14グループチャットまで」などの機能制限はありますが、最小限の人数・限定されたグループのみで使用する場合、チャットワークは最適だと思われます。
最初は「フリープラン」を利用してみて、機能制限を外したくなった際は「有料プラン」に移行することができます。

LINE WORKSを導入すべき人・会社

では、LINE WORKSに向いているのはどんな人なのでしょうか。ここでは2つに分けて説明します。

誰でも簡単に使えるビジネスチャットツールを導入したい会社

LINE WORKSは、「ビジネス版LINE」ともいえるチャットツールで、UIもLINEをベースに作られているため、画面を見れば直感的に使用方法が分かり、誰でも簡単に使えるビジネスチャットツールです。導入に際してのハードルが低く、ツールの使用・運用方法などについての教育コストも少なくてすみます。LINE WORKSは、ビジネスチャットツールを簡単に導入・運用したいという会社におすすめのツールです。

LINEユーザーともやり取りをしたい人

LINE WORKSは、普段皆さんが使っているLINEと連携できる唯一のビジネスチャットツールです。LINE WORKSの管理者画面から「外部トーク連携機能を有効」に設定することにより、外部のLINE WORKSまたはLINEとの連携が可能になります。そのため、LINE WORKSビジネスチャットツールでLINEユーザーとコミュニケーションを取りたいという人にもおすすめです。

番外 チャットワーク、LINE WORKS以外のビジネスチャットツール3選

ここまでにチャットワーク(Chatwork)LINE WORKSを比較・紹介してきましたが、それ以外にも多くのビジネスチャットツールがあります。ここでは、その中でも人気の高い3つのビジネスチャットツール「Slack」「Yammer」「Talknote」について、それぞれの特徴や強みについて紹介していきます。

Slack

Slack

Slack」はアメリカ発のビジネスチャットツールです。世界中で数多くの企業が導入しており、全世界で800万人以上のユーザーが利用。フォーチュン100に選ばれている企業の中で65社がSlackの有料プランを利用していることからも、その人気と実績が分かっていただけると思います。

2017年11月には日本語版がリリースされたことで、日本でも利用者数が急増。日本では50万人以上が利用し、Slackのユーザー数としては既に世界第2位の大きな市場となっています。

Slackの最大の特徴は圧倒的な柔軟性にあります。Twitterやメール、Googleなどの各種アプリや外部サービスとの連携機能が充実しており、主にITエンジニアに利用されているのも特徴のひとつです。

チャット機能だけでなく、さまざまなアプリとの連携機能による仕事の効率化を検討している方にとって、Slackは有力な選択肢のひとつになるでしょう。

Yammer

Yammer

Yammer」は2008年9月にリリースされた、エンタープライズ(企業や事業などの団体)向けのソーシャル・ネットワーク・サービスです。マイクロソフトが2012年に買収し、それ以降の開発・販売を行っています。現在では150ヵ国以上、23言語とグローバルレベルで利用されているビジネスチャットツールです。

Yammerは、企業など組織内限定のコミュニケーション手段として利用されるチャットツールです。同じドメインを持つユーザー同士でないと連絡できないことが大きな特徴のひとつ。会議内容など外部に知られたくない機密事項を投稿しても問題ないため、セキュリティも万全です。

以前は単独販売されていたYammerですが、現在は「Office365」に含まれており、メッセージ投稿以外にもOfficeファイルなどの共有や作成、編集などを簡単に行うことができます。

Officeソフトの導入に併せて仕事の効率化を検討している方にとって、大きなメリットのあるツールです。

Talknote

Talknote

Talknote」はトークノート株式会社が開発したビジネスチャットツールです。2011年にサービス提供を開始してから、「共通の価値観が浸透した『いい会社』をつくる」をコンセプトに、利用企業数は20,000社を突破しました。
2017年9月には「第2回HRテクノロジー大賞」において「業務変革サービス部門優秀賞」を受賞しています。

Talknote最大の特徴は、社員同士のやり取りやコミュニケーションデータをTalknote独自の人工知能で解析する新しいビジネスチャットツールであること。社員間のコミュニケーション量や仕事に対するモチベーションを可視化することが可能です。この機能を利用することで、社員の離職率の低減につなげることができます。

また、Talknoteは販売するだけではなく、初期導入支援や運用サポートが付いていることも特徴のひとつ。導入から運用までお任せしたいという会社におすすめです。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ