SlackVSLINE WORKS(ラインワークス)徹底比較|あなたに必要なビジネスチャットツールはこれだ

Slackトップページ

更新日:2018年11月30日 | 公開日:2018年11月30日

現在、数多くのビジネスチャットツールが販売されています。その中でも「Slack」と「LINE WORKS(ラインワークス)」は人気のビジネスチャットツール。多くの人に利用されています。
いずれも、大変魅力的なチャットツールです。それぞれの機能や特長、強みなどを比較して、自社に適したツールを導入したい人も多いのではないでしょうか。
この記事では、SlackLINE WORKSを比較。それぞれの特徴や強み、どんな人におすすめなのかを紹介します。他のビジネスチャットツールについても紹介。ビジネスチャットツールの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもビジネスチャットツールとは

そもそもビジネスチャットツールとは

多くの人が利用しているチャットツールは、誰でも簡単にコミュニケーションを取れる便利なツール。LINEを筆頭に、広く普及しています。

近年は新しいコミュニケーションツールとして、ビジネスチャットツールが注目を集めているようです。「ビジネスチャットツール」とは、これまでプライベートで利用されていたチャットツールを、ビジネスシーンでも利用できるように開発。使いやすさやセキュリティ面などの機能を強化した、チャットツールです。

ビジネスでは、リアルタイムなコミュニケーションが欠かせません。そのため、ビジネスチャットツールを導入する企業が増えています。

ビジネスチャットツールの特長としては、メールや電話に比べて連絡と意思決定がスピーディーにできること。またグループごとに、情報を共有しやすいこと、ノウハウの蓄積に役立つことなどが挙げられます。またリモートワークやテレワークなど、「働き方改革」につながる情報共有ツールとしても注目されています。

また、メールと比較して「迷惑メールが届かない」「転送できるファイルの容量が大きい」ということも魅力です。さらに、送信したメッセージは後で編集・削除することも可能です。

在宅勤務やサテライトオフィスなど、働き方の多様化が今後も進行していきます。企業でのビジネスチャットツールの導入はこれからますます増えていくことでしょう。

Slackとは

Slackは、世界各国のスタートアップ企業から大企業まで数多くの企業が導入。現在も成長を続けているビジネスチャットツールです。

2013年にアメリカでリリースされて以降、1日のアクティブユーザー数および有料ユーザー数は年々増加。現在では、50万を超える会社・組織がSlackを導入。全世界で800万人以上のユーザーが利用する、ビジネスチャットツールへと成長しました。

2017年にはSlackの日本語版がリリース開始。日本では1日のアクティブユーザーが50万人以上、そのうちの15万人以上が有料プランを利用しています。Slackのユーザー数としては、世界第2位の大きな市場になりました。

Slackは、ビジネスチャットツールの中でも人気の高いツール。その人気の高さの主な理由は「連携できる外部機能が豊富」であることと、「カスタマイズのしやすさ」にあるのかもしれません。特にTwitterやメール、Googleなどの各種アプリやツールとの連携機能が、他のビジネスチャットツールと比較して充実しているのが特長です。

Slackで自社に適した外部機能を組み合わせることにより、仕事の処理スピードを上げることができます。どのような業界の企業であっても、作業の効率化につなげることができるはずです。

LINE WORKSとは

プライベートでLINEを使っている人は、多いことでしょう。LINE WORKSは、そのLINEをビジネスに特化させたビジネスチャットツールです。LINEとの違いはスケジュール管理や画面共有など、仕事に使える機能が充実していること。

「LINE」と連携できる唯一のビジネスチャットツールとして、ワークスモバイルジャパン株式会社が2017年2月に提供を開始。その1年後の2018年2月には、LINE WORKSの導入社数は1万社を突破。大手有名企業から中小企業までさまざまな規模、 業種のユーザーに利用されています。

LINEで使われているスタンプや既読などの機能が、そのままLINE WORKSにもサポート。日頃から使い慣れているコミュニケーションツールを、ビジネスシーンでも使用することができます。

それ以外にもLINE WORKSは、ビジネスシーンで利用するための機能が充実。チャットをはじめ、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケート…。仕事上で活用できる、さまざまな機能がサポートされています。LINEスタンプの利用もできるため、事務的になりがちなチャット上のコミュニケーションをより円滑なものにしてくれるはずです。

Slackとチャットワーク、LINE WORKSの違い

チャットワークは2011年にリリースされた純国産のビジネスチャットツール。視覚的・直観的に分かりやすく、使いやすいUIになっています。2018年10月末日時点で導入企業は196,000社と、国産のビジネスチャットツールとしてはNo.1へと成長を遂げました。これから導入する方も、安心して使えるビジネスチャットツールです。

Slackはアメリカ発のビジネスチャットツール。外部サービスとの連携やカスタマイズができるなど、特にエンジニアから高い支持を受けています。IT企業を中心に、その利用が広がっているようです。

LINE WORKSは2017年にリリースされた、新しいビジネスチャットツール。LINEとの親和性が高く、チャットやスタンプをはじめ、ビジネスで使えるさまざまな機能を備えています。スマートフォン時代に適した、勢いのあるツールです。

Slackチャットワークには、無料で継続して利用できるプランがあります。LINE WORKSにはありません。
有料プランの料金を比較すると、Slackの「スタンダードプラン」は一人当たり月額960円(税別)。チャットワークLINE WORKSと比較すると、割高感があります。

SlackチャットワークLINE WORKSそれぞれに特長があります。また有料プランによっても、機能はさまざま。自社に適したツールを、導入しましょう。

SlackとLINE WORKSの機能・価格比較早見表

SlackとLINE WORKSに共通する機能・特徴

SlackとLINE WORKSに共通する機能・特徴

SlackLINE WORKSを比較すると異なる点が多くあります。ここでは、SlackLINE WORKSに共通する機能・特長を説明していきます。

簡単にグループチャットができる

SlackLINE WORKSも、複数人が参加するグループチャットを簡単に作成。コミュニケーションをとることができます。LINE WORKSでは「トーク機能」と呼ばれており、LINEでお馴染みの見慣れたインターフェイスです。誰もがすぐに使いこなせます。Slackでは、チーム別やプロジェクト別などの単位を「チャンネル」と呼んでいます。SlackLINE WORKSグループチャットにより、特定のメンバー間でメッセージの送信や返信ができます。リアルタイムで情報共有をすることが可能です。

ファイル共有機能が使える

SlackLINE WORKSもファイル共有機能が使えます。
Slackでは、PDFや画像、動画などのさまざまなファイルをドラッグ&ドロップ。メンバー間でファイルを、共有できるようになります。
LINE WORKSでは「Drive機能」と呼ばれています。「ベーシックプラン」「プレミアムプラン」のみがファイル共有機能に対応。プランを選ぶ際には、注意が必要です。

豊富な連携ツールや外部サービスが利用できる

Slackは300種類以上の外部サービスと連携が可能。GoogleDriveやDropboxなど、数多くのベーシックなアプリとの連携機能が備わっています。またエンジニアがよく利用するGitHubやTrelloとの連携も可能。
LINE WORKSは、パートナー企業が得意とする分野のさまざまなツールやサービスとの連携ができます。組織連携やSSO、Bot開発、総務/人事/労務管理、営業・顧客管理の機能などのソリューションの利用が可能。
SlackLINE WORKSも、これらの外部サービスと連携。効率的に業務を行うことが可能です。

マルチデバイスで利用できる

SlackLINE WORKSマルチプラットフォームで場所を選ばず、複数のデバイスで利用することができます。
Slackは、Mac/Windows/Linux環境のパソコンや、Android/iOS/Windows環境のスマートフォンなどに対応。ほぼすべての環境で使うことができます。
LINE WORKSには専用アプリを用意。PC版(Windows/Mac OS)のほかに、モバイル版(Android/iOS)専用アプリがあります。

Slackのみが持つ特徴・強み

Slackのみが持つ特徴・強み

では、LINE WORKSと比較して、Slackのみが持つ特長・強みには、どのようなものがあるのでしょうか。ここではSlackのみが持つ特長・強みについて説明していきます。

オリジナルのカスタマイズができる

Slackでは、ワークスペース単位で自分の好きなようにUIをカスタマイズできることも、魅力のひとつ。LINEと比較しても、その自由度はかなり高くなっています。Slackは、オシャレで使いやすいUI。自分らしくチャットルームのデザインを、カスタマイズする楽しさがあります。
また、Slackでは絵文字でリアクションすることも可能。絵文字の種類は豊富に用意されており、自分でオリジナルの絵文字を追加できます。

プログラムコードを共有できる

ITエンジニアを中心に利用が広がっているSlackは、「snippet」という「プログラムコードを投稿できる」機能があります。これによりソースコードを簡単にメンバー間で共有することが可能。IT企業やプログラマー・システムエンジニアにとっては、必須の機能です。Slackは使いやすいシンプルなインターフェース。しかも、エンジニア間のコミュニケーションも円滑に行えるという特長を備えています。

無料で始められる「フリープラン」がある

Slackには、無料版を用意。無料の「フリープラン」には、以下の機能制限があります。
■アクセスできるのは直近の10,000件まで
■連携できるアプリは10件まで
■ファイルストレージは合計5GBまで

ただし無期限で利用できるため、特定のグループチャットのみで利用する小規模なプロジェクトでは十分でしょう。機能制限を解除するためには、有料プランに移行する必要があります。

LINE WORKSのみが持つ特徴・強み

LINE WORKSのみが持つ特徴・強み

Slackと比較して、LINE WORKSのみが持つ特長・強みには、どのようなものがあるのでしょうか。ここではLINE WORKSのみが持つ特長・強みについて、説明していきます。

タスクを管理する機能がある

LINE WORKSには、タスクを管理する機能がサポートされています。チャットワークのような単独のタスク管理機能は持っていません。「カレンダー機能」に連動する形で、タスク管理ができるようになっています。ただし、この機能が利用できるのは、「ベーシックプラン」以上になります。

メッセージやメールの既読・未読に対応している

LINEユーザーに受け入れられやすいUIが特長のLINE WORKSは、既読・未読にも対応しています。複数メンバーが参加しているグループチャットでは、部署名や個人名で検索すると、誰が既読で誰が未読なのかを確認することもできます。また、LINE WORKSのメール機能も同様。相手がメールを読んだ場合には、「既読」として表示されます。送信したメッセージやメールが読まれたかどうかを確認したい人にとっては、便利な機能です。

安否確認にも使えるアンケート機能がある

LINE WORKSには、アンケートの作成や送信・集計をする機能がサポートされています。イベントや飲み会などの出欠確認や部門内の意識調査、業務改善案の意見収集など、さまざまなテンプレートが用意。うまく使いこなすことで、業務改善につなげることができる機能です。
またLINE WORKSのアンケート機能には、安否確認テンプレートもあります。自然災害時における社員の安否確認や、出社可否などもすぐに確認することが可能です。

SlackとLINE WORKSの価格比較

SlackとLINE WORKSの価格比較

Slack(有料プラン):
「スタンダードプラン」は月額960円(税別)、上位の「プラスプラン」は月額1,800円(税別)と、LINE WORKSと比較すると割高感があります。

LINE WORKS(有料プランのみ):
「ライトプラン」は月額360円(税別)、「ベーシックプラン」は月額600円(税別)、最上位の「プレミアムプラン」は月額1,200円(税別)で利用できます。

Slackの無料プラン:
「アクセスできるのが直近の10,000件まで」「ファイルストレージは合計5GBまで」と機能が制限されています。

LINE WORKSの無料トライアル:
LINE WORKSには30日間の「無料トライアル」があります。残念ながら、継続利用できる無料プランはありません。
ただし、この記事を書いている2018年11月時点で「永年無料キャンペーン」が行われています。今後もこのようなキャンペーンが実施される場合は、「フリープラン」として永年無料で利用することも可能です。

SlackLINE WORKSともに、料金プランによりファイルストレージ容量や利用できる機能などが異なります。プロジェクトの規模や必要とする機能を考慮した上で、最適なプランを導入することが必要です。

まとめ SlackとLINE WORKS 導入すべきは・・・

まとめ SlackとLINE WORKS 導入すべきは・・・

SlackLINE WORKSを比較しました。それぞれに特長・強みを持っていることが、お分かりいただけたと思います。
ITに関するスキルが高く、社内にITエンジニアを抱えて開発をしている会社はSlack。LINEとの親和性が高く、誰でも簡単に使えるビジネスチャットツールを導入したい会社はLINE WORKSを導入するのが良さそうです。

有料版のSlack「スタンダードプラン」が月額960円(税別)であるのに比べ、LINE WORKS「ベーシックプラン」は月額600円(税別)。いずれも、低コストで利用することができます。機能がそこまで大きく変わらないので、特にこだわりがない方は、LINE WORKSを利用することをおすすめします。

Slackを導入すべき人・会社

SlackLINE WORKSを比較し、それぞれの特長や強みについて紹介してきました。Slackはどんな人に向いているのでしょうか。2つに分けて説明していきます。

ITエンジニアが多い会社

元々,IT業界の開発現場から始まったSlack。ソフトウェア開発プラットフォームである「GitHub」との連携や、プログラムソースコードを共有できる「Snippet機能」などの特長があります。Slackはほかにも「Dropbox」や「Trello」など多くの外部ツールとの連携が可能。多くのITエンジニアを抱えるチームや、開発現場にマッチしたビジネスチャットツールであることは間違いありません。

自分らしくカスタマイズして使いたい人

Slackの特長のひとつとして、自分の好きなようにカスタマイズできるUIが挙げられます。毎日仕事で使用するチャットは、自分の好きなデザインにアレンジするのがおすすめです。また、オリジナルの絵文字を登録して使用する機能もあります。楽しみながら使えるビジネスチャットツールと言えるでしょう。

LINE WORKSを導入すべき人・会社

では、LINE WORKSに向いているのはどんな人なのでしょうか。ここでは2つに分けて説明します。

簡単に使えるビジネスチャットツールを導入したい会社

LINE WORKSは、LINEと親和性の高いビジネスチャットツールです。日頃からLINEを使用している人にとって、LINE WORKSは大変使いやすいインターフェースになっています。そのため、簡単に誰もが使えるビジネスチャットツールを導入したいという会社におすすめです。導入に際してハードルが低いため、ツールの使用方法や運用方法などの費用が少なくてすむというメリットもあります。

メッセージの「既読」を確認しながら仕事を進めたい人

Slackチャットワークにない機能もあります。それは、LINEで使われているメッセージの既読・未読を確認できる機能が、そのままLINE WORKSにもサポートされていること。また、メッセージだけでなく、送信したメールを相手が読んだかどうか確認できる機能もついています。至急の要件が「既読」にならない場合、早く次の対応をとることが可能。仕事が遅れることのないよう、「既読」を確認しながら仕事を進めたい方にもおすすめです。

番外 Slack、LINE WORKS以外のビジネスチャットツール3選

SlackLINE WORKSを比較・紹介してきました。それ以外にも多くのビジネスチャットツールがあります。その中でも人気の高い3つのビジネスチャットツール「チャットワーク」「Yammer」「Talknote」について、紹介していきます。

チャットワーク

チャットワーク」は、2011年にリリースされたビジネスチャットツールです。日本の会社が作った日本発のツール。ITにあまり慣れていない人にも使いやすいUIや、タスク管理などの充実した機能が特長です。

チャットワークの導入企業は196,000社(2018年10月末日時点)。国産のビジネスチャットツールとして、No.1に成長を遂げました。

チャットワークには、「タスク管理機能」「グループチャット機能」「ファイル共有機能」「検索機能」「ビデオ通話/音声通話機能」など、便利でシンプルな多くの機能がサポートされています。チャットワークで社外の人とコミュニケーションを取ることもでき、誰でも簡単に使いこなせるツールです。

安定した実績のあるビジネスチャットツールを使いたいという人は、チャットワークがまず第一の選択肢になるでしょう。

Yammer

Yammer」は、単独アプリとして販売されていました。ところが2012年にマイクロソフトが買収。現在は「Office365」のアプリソフトの中に含まれている、ビジネスチャットツールです。

Yammer世界で150ヵ国以上、23言語で利用されています。フォーチュン500に選ばれている企業の85%で、社内チャットツールとして採用。ビジネスの成長をサポートする社内SNSツールとして確固たる地位を築いています。

UIはFacebookやTwitterに似ているため、それらを日常的に使用している人を中心に受け入れられやすいようです。メッセージ投稿機能のほかにも、Yammerのアプリ内で直接、Officeファイルの作成や共有。編集を簡単にできることも、特長のひとつです。気軽に使うことができるビジネスチャットツールだといえるでしょう。

Officeソフトの導入に併せて、ビジネスチャットツールの導入を検討している会社におすすめのツールです。

Talknote

Talknote」は、トークノート株式会社が開発したビジネスチャットツール。2011年にサービス提供を開始し、現在では利用企業数が20,000社を突破しました。

Talknote最大の特長は、独自の人工知能を用いた社員同士のやり取りやコミュニケーションデータを解析できる機能があること。2017年9月には「第2回HRテクノロジー大賞」において「業務変革サービス部門優秀賞」を受賞しました。

「アクションリズム解析機能」では、社員の離職につながる可能性のある、気持ちの変化を早期に発見することが可能。また「オーバーワーク検知機能」では、Talknoteへのアクセス時間帯を管理することで社員の状況を把握することができます。

また、Talknoteは「販売して終わりではない」ことも特長のひとつ。初期導入支援や運用サポートがついているので、導入から運用までお任せしたいという会社におすすめです。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
5万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ