【2019年最新】グループウェア15個を厳選比較|今1番おすすめのグループウェアはこれだ!

グループウェア

更新日:2018年12月26日 | 公開日:2018年12月26日

アイミツではこれまで約120種類のグループウェアをピックアップ。料金や機能、使い勝手など、みなさまにご紹介してきました。

そのそれぞれに長所と短所があり、いずれも決して万人向けのツールとは言えません。そうしたなかでも、ある程度の汎用性を備えている製品があります。それは業種や企業の規模を問わず、一定の評価を獲得しているグループウェアが存在するのは確かです。

以下が、アイミツのおすすめするグループウェア15選です。グループウェア選びで迷ってしまった際は、このなかから選べば、後悔することは少ないと思います。

【アイミツのおすすめグループウェア15選】

1.「G Suite」
2.「Office 365」
3.「kintone」
4.「aipo」
5.「トークノート」
6.「R-GROUP」
7.「GRIDY」
8.「iQube」
9.「desknet's NEO」
10.「Wow Talk」
11.「J-MOTTO グループウェア」
12.「rakumo for G Suite」
13.「サイボウズ Office」
14.「Garoon」
15.「zoho connect」

グループウェアとは?

グループウェアとは?

グループウェアは、チームで取り組む仕事をアシストするためのツールです。

電子メールのほか、多彩な機能がパッケージ化。社内専用のチャットや掲示板を使い、社員同士がリアルタイムにコミュニケーションをとることができます。またライブラリで、営業資料や画像を共有。予算申請や休暇取得のワークフローを回したり、会議室や備品の利用状況を確認したりすることができます。身近なところでいえば、Microsoftが提供している「Office 365」。あの製品もグループウェアの1つです。

グループウェアが普及するきっかけになったのは、1996年にIBMからリリースされた「Lotas Notes 4.0」と言われています。当時は、インターネット黎明期。情報化社会への対応の必要性が叫ばれるなかで、アメリカを中心にIT関連企業や大手メーカーが「Lotas Notes 4.0」を導入しました。その後、グループウェアは世界中に浸透しはじめたのです。

現在では、サーバーを必要としないクラウド型が主流。グループウェア全体のマーケット(約1,050億円)のうち、85%以上のシェアをクラウド型が占めています。半導体や電子機器の受託製造を手掛けているあるメーカーでは、クラウド型のグループウェアを導入。社内のワークフローシステムと、セキュリティ体制を強化しました。しかも業務効率も大幅に改善。大きな成果を得ることができたのです。

あなたにぴったりのグループウェアを選ぶ5つのポイント

あなたにぴったりのグループウェアを選ぶ5つのポイント

グループウェアを導入する際は、どんな点に気をつける必要があるのでしょうか。5つにまとめてみました。

1.操作性

グループウェアは、基本的に社員全員が使うツールです。動作が遅かったり、複雑な機能に迷ってしまったりすることがあれば、会社全体の生産性に影響します。ITやシステムへのリテラシーが低い人にも考慮しながら、使い勝手の良いグループウェアを選びましょう。

成功のヒケツは、トライアル期間を上手く利用すること。「G Suite」をはじめとするクラウド型グループウェアのほとんどが、2週間~1ヵ月のトライアル期間を設けています。基本的にこの間は無料で使えるので、主要機能をひと通り試してみましょう。他社の製品とも比較しながら、候補を絞り込んでいくのがおすすめです。

2.機能

たとえば、メールソフトやスケジューラーが既に導入済みの場合。全社的に問題なく使えているのなら、その仕組みを無理に変える必要はありません。既存のツールは活かしつつ、よりリアルタイムにコミュニケーションがとれる社内専用チャットやワークフロー機能が充実。グループウェアを導入した方が、いいのではないでしょうか。

大切なのは、グループウェアによって何を実現するのかということ。現状の業務体制や部署ごとの課題をきちんと整理したうえで、ソリューションとなりえる機能が付いたグループウェアを選びましょう。

3.料金

グループウェアの利用料金の相場は、ユーザー1人あたり月額600円~800円ほど。ボリュームディスカウント(ユーザー数に応じた割引制度)が用意されているものも多く、一見安価に見えます。ところが従業員500名の企業で年間通じて利用すれば、年額350万円~500万円ほどの出費は避けられません。将来的な採用計画なども視野に入れながら、自社の身の丈に合ったツールを選ぶのも重要なポイントです。

4.セキュリティ

グループウェアを選ぶ際は、セキュリティ対策に目を向けるのも大切です。企業の情報流出の約80%は内部の犯行・過失が原因で起こると言われています。そういった点でアクセス制限機能や監査ログ機能(アプリケーションごとにユーザーの行動を監視できる機能)は必須。そのうえで、できればISO27001(情報セキュリティマネジメント)の認証を取得している会社のグループウェアを選んだ方がいいでしょう。

また、クラウド型のグループウェアの多くが外部のデータセンターにサーバーを置いています。万が一に備え、データセンターの免震対策なども確認しておきたいところです。

5.カスタマイズ性

グループウェアは、大手ITサービス企業の開発競争によって多機能化が進んでいます。業態や会社の規模によって、業務課題は実にさまざま。そのすべてを1つのグループウェアで解決するのは、簡単ではありません。

「どこまでカスタマイズできるのか」「その際に技術的なサポートは受けられるのか」といった点もしっかり確認しておきましょう。自社にサーバーエンジニアやネットワークエンジニアがいる企業なら、より拡張性の高いオンプレミス型も選択肢の1つになるのではないでしょうか。ただクラウド型と比べて高額になるのも、否めません。

特におすすめのグループウェア5選

特におすすめのグループウェア5選

ここからは、上記の15選をそれぞれの特性に沿ってご紹介していきます。まずは、アイミツがとりわけおすすめするグループウェア5選から。

「G Suite」

「G Suite」

https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/

検索エンジン最大手のGoogleが運営する、クラウド型のグループウェアです。「Gmail」「Googleカレンダー」など、それ自体が単体で提供されているアプリがパッケージ化。法人向けに、監査ログ機能がついています。2006年のサービス開始以来、全世界500万社以上に導入されてきました。

何より大きな特長は、コストパフォーマンスの高さ。たとえば「Basicプラン」の場合、社員1人あたり月額600円。メールやビデオ会議、共有カレンダー、オンラインストレージ…。こうした機能が、ひと通り使えます。初期費用がかかることもありません。できるだけコストを抑え、グループウェアを導入したい企業にとっては、最適な選択肢の1つになるのではないでしょうか。

専用のサポートデスクには、アプリやネットワークに精通したエンジニアが常駐。メール・電話での問い合わせを、24時間体制で受け付けています。アプリでやりとりしたデータは、冗長化されたデータセンターに保存。情報漏えい・消失の心配もいりません。

G Suiteの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「Office 365」

「Office 365」

https://www.office.com/

Microsoftが提供しているクラウド型のグループウェアです。世界トップクラスの導入実績数を誇っています。シンクタンクやリサーチ会社によるグループウェアのシェア調査でも、毎年必ず上位にランクイン。口コミ・レビューサイトを見ても、星3つ以下の投稿はほとんどありません。ユーザーからの評価も極めて高いと言えるでしょう。
特長は、「G Suite」に引けをとらないハイコストパフォーマンス。ユーザー1人あたり月額540円から利用可能です。また、中位以上のプランではExcelやPowerPointといったMicrosoftアプリのライセンスも付与。さらに、最大1TBの大容量ストレージが用意。大量のデータ保存が可能です。できるだけコストを抑え、業務効率化を図りたい企業におすすめのグループウェアの1つです。

機能面でも料金面でも、これといったデメリットはありません。ただMacの一部の機種では、WordやExcelなどのOfficeアプリの動作が遅くなることがあるようです。その点だけは、注意しましょう。

Office 365の情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「kintone」

「kintone」

https://kintone.cybozu.co.jp/

ソフトウェア開発大手のサイボウズが、提供しているグループウェアです。豊富な機能の使い勝手の良さが人気を呼び、2011年のサービス開始以来、1万社以上の企業に利用されてきました。

特筆すべきは、業務課題に合わせて自社オリジナルのアプリを作成できること。顧客管理・名刺管理・ワークフローなど、100種類を超える基本アプリを用意。ドラッグ&ドロップ操作だけで、自由自在にカスタマイズできます。Excelのデータベースを、ワンタッチでアプリ化することも可能です。

プログラミングの知識は、まったく求められません。業務フローや組織体制が変わった際も、エンジニアの手を煩わせることはありません。業種特有の課題に悩みを抱えている企業にとっては、最適なソリューションの1つになるはずです。

加えて、非常にスピーディーに導入できるのも人気の理由の1つ。公式サイトの登録フォームにメールアドレスなどの必要事項を入力するだけで、その日のうちから無料トライアルをスタートできます。

kintoneの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「aipo」

「aipo」

https://aipo.com/

TOWN株式会社(東京都中央区)が提供するグループウェアです。もともとはオープンソースのプログラムとして開発され、2018年にパッケージ版としてリリース。中小企業を中心に、トータル1万社以上のクライアントに利用されています。

何より大きな魅力は、業務課題に合わせて必要な機能だけを選べること。カレンダー機能(1人あたり月額200円)。社内SNS(1人あたり月額100円)、ワークフロー(1人あたり月額100円)など機能ごとに料金を設定。必要に応じて、自由に組み合わせて利用できます。

業務用のメールについてはGmailで事足りているなら、チャットと社内SNSだけを導入。あるいは既にチャットワークなどを導入済みなら、ワークフローのみ契約するといった使い方も可能です。無駄なコストをできるだけ抑えたい中小企業には、うってつけのツールではないでしょうか。

UIやレイアウトも、利用者の目線に立って開発。チャットは、LINEやFacebookメッセンジャーと同じ感覚でやりとりできます。グループウェアが初めての人も、心配いりません。

aipoの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「トークノート」

「トークノート」

https://talknote.com/

トークノート株式会社(東京都港区)が提供。社員同士のコミュニケーション向上に特化して開発された、グループウェアです。2011年のサービス開始以来、1万社以上のクライアントに利用されてきました。

特長はAI(人口知能)を活用した、独自の解析機能。システムへのアクセス時間や、社内SNSへの投稿数を自動集計。それらをもとに、社員1人ひとりのモチベーションをグラフ化して表示します。モチベーションが著しく下がっている場合は、人事やマネージャーにアラート通知が届きます。休職や離職を未然に防ぐことが可能です。さらにアクセスした時間帯から、社員の睡眠時間を検知。オーバーワークの解消や、ヘルスケアにも役立ちます。

ただ、ワークフローや顧客管理といった一般的なグループウェアに見られる機能がついていません。その点は非常に残念です。フラットな職場環境づくりを進めたい企業、あるいは社員と組織のエンゲージメント(愛着、つながりの強さ)を高めたい企業にとっては、ぴったりのツールだと思います。

トークノートの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

無料で利用できるグループウェア3選

無料で利用できるグループウェア3選

続いてご紹介するのは無料で使えるグループウェア3選。予算の限られる中小企業やスタートアップにとってはいずれも有力候補になるのではないでしょうか。

「R-GROUP」

「R-GROUP」

https://jp.r-group.com/

東京とアメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くRグループ株式会社が提供しているグループウェアです。2010年のリリース以来、トータルの導入実績は2,000社以上。2013年のアップデート以後は多言語にも対応しており、世界中でユーザー数を伸ばしています。

何より大きな魅力は文字通り永久無料で使えること。利用期間・ユーザー数ともに無制限なうえ、オンラインストレージの容量にも制限がなく、画像やドキュメントを好きなだけ保存できます。コストをかけずにグループウェアを導入したい企業はもちろん、大量のデータを取り扱うネットショップなどにもおすすめです。

基本機能も充実していて、タイムカードやファイル共有、チャットなど12種類のアプリを標準搭載。スマートフォン対応の無料通話機能も付いているので、通信コストの削減にも一役買ってくれるのではないでしょうか。

R-GROUPの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「GRIDY」

「GRIDY」

https://ksj.co.jp/knowledgesuite/free/

ナレッジスイート株式会社(東京都港区)が開発・提供しているクラウド型グループウェアです。ITベンダーや不動産会社など幅広い業種のクライアントに利用されています。2010年には「東京ベンチャー技術大賞」のベストイノベーション賞、2012年にはASPIC「ASP・SaaSクラウドアワード」の会長特別賞を受賞しました。

特徴は「R-GROUP」と同様に利用人数の制限がなく無料で使えること。スケジューラー、チャット、タイムカードなど23種類に及ぶ基本機能が搭載されており、さまざまな業務シーンをカバーします。

一方で月額6,000円からの有料プランも用意されていて、前述の機能に加え、部署や役職にあわせて細かくデータの共有範囲やアクセス権限を設定することが可能です。まずは手軽な無料プランからスタートし、事業が拡大して社員数が増えてきたタイミングで有料プランへ切り替えるのもいいかもしれません。

広告やインテリアのデザインを手がけているある企業では、「GRIDY」を導入したことによってリモートワークや変則出勤の社員との情報共有が活発になり、業務効率が大幅にアップしました。

GRIDYの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「iQube」

「iQube」

http://www.iqube.net/

こちらは株式会社ガイアックス(東京都中央区)が提供しているクラウド型のグループウェア。2008年のリリース以来、トータル5,000社以上のクライアントに導入されています。

何より大きな魅力は期間無制限の無料プラン。ユーザー数こそ10名までに限られるものの、チャットやスケジューラー、ToDoリストなど12種類のアプリを永続的に利用できます。とりわけスケジューラーの使いやすさには定評があり、会議や来客といった用件にあわせて予定を色分けし、定例MTGなども繰り返し登録ができるほか、予定が近づくとブラウザ上にポップアップを表示するプラグインも用意されています。

また非常にわかりやすいインターフェイスも特徴の1つ。デザイン的な目新しさはないものの、その分利用者のリテラシーを問わず、初めてでも操作に迷うことなく使えます。予算の限られるスタートアップや、初めてグループウェアを導入する中小企業には最適な選択肢の1つになるのではないでしょうか。

iQubeの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

セキュリティがしっかりしているグループウェア3選

セキュリティがしっかりしているグループウェア3選

グループウェアを選ぶうえでは不正アクセスや情報漏洩対策も大切なポイントです。続けてセキュリティに優れた3つのグループウェアをご紹介します。

「desknet's NEO」

「desknet's NEO」

https://www.desknets.com/

株式会社ネオジャパン(神奈川県横浜市)が提供しているグループウェアです。前身サービスの「desknet's」とあわせてトータル380万社以上に導入されており、ナショナルクライアントの利用実績も少なくありません。日経コンピュータによるグループウェアの顧客満足度調査では4年連続で第1位に選出されています。

何より大きな特徴は、国内トップクラスのセキュリティ対策。SSL(暗号化通信)や接続元のIPアドレス制限、電子証明書によるクライアント認証など豊富なセキュリティオプションが用意されており、利用範囲や組織体制にあわせて組み合わせることが可能です。システム自体も世界No.1のシェアを誇るAWS(Amazon Web Service)をベースに開発されていて、災害などの緊急時も安定して稼働します。

加えてリーズナブルな料金も人気の理由の1つ。ユーザー1人あたり月額400円から契約することができ、仮に従業員500名の企業なら、Googleの「G Suite」と比べて年間120万円以上のコストを削減することができます。

desknet's NEOの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「Wow Talk」

「Wow Talk」

https://www.wowtalk.jp/

ワウテック株式会社(東京都港区)が提供しているグループウェアです。2014年のサービス開始とクラウド型としては後発組ながら、導入実績は3,000社以上。清水建設やセブン銀行といった大手企業での利用も少なくなく、契約継続率は99%をマークしています。

高度な管理機能に特徴があり、社員の役職や所属部署にあわせてロール(役割)を設定し、細かくアクセス権限を付与することが可能。組織の統制や情報マネジメントに力を入れている企業におすすめです。端末を紛失してしまった際も速やかにアクセスをブロックできるので、情報漏洩などの心配もいりません。

また、直感的に使えるインターフェイスも特徴の1つ。各アプリの操作画面はモノトーンを基調としたシンプルなデザインで、アイコンなども必要最小限に抑えられているので、操作に迷ったりすることもありません。

業務用システムの開発・販売を行っているある企業では、「iQube」を導入したことで顧客先に常駐しているメンバーとリアルタイムにやりとりができるようになり業務効率が大幅に改善。プロジェクトの開始・終了にあわせて必要な権限をコントロールすることで、情報漏洩のリスクも軽減しました。

Wow Talkの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「J-MOTTO グループウェア」

「J-MOTTO グループウェア」

https://www.j-motto.co.jp/

リスモン・ビジネス・ポータル株式会社(東京都中央区)が提供しているグループウェアです。社員1人あたり月額150円からの料金でチャットやカレンダー、オンラインストレージといった機能を利用できます。2000年にリリースされて以来、4,000社以上のクライアントに導入されてきました。

低価格ながらセキュリティ面に非常に力が入れられており、2重のアクセス制限のほか、SSL(暗号化通信)にも完全対応しています。各アプリ上でやりとりしたデータはISO27001(情報セキュリティマネジメント)を取得しているデータセンターで管理されるため、情報漏洩・消失の心配はいりません。できるだけコストを抑えつつ、セキュリティにもきちんと配慮したい企業にぴったりのグループウェアだと思います。

また、会員向けの優待サービスが用意されていて、大塚商会の「たのめーる」や西濃運輸の宅配便サービスを割引料金で利用できます。オフィスの経費削減にも一役買ってくれそうですね。

J-MOTTO グループウェアの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

カスタマイズ性が高いグループウェア4選

カスタマイズ性が高いグループウェア4選

最後にご紹介するのはカスタマイズ性の高さに定評があるグループウェア4選。既存のシステムとグループウェアを併用していきたい企業、自社特有の業務課題に悩んでいる企業におすすめです。

「rakumo for G Suite」

「rakumo for G Suite」

https://rakumo.com/product/gsuite/

rakumo株式会社(東京都千代田区)が提供しているクラウドツールです。トータル1,400社・61万人以上のユーザーに利用されており、99%の契約継続率をマークしています。

特徴は既存のグループウェア・SFA(営業支援システム)に組み合わせられること。現時点で「G Suite」と「Salesforce」に対応しており、それぞれの基本機能を活かしつつ、タイムカードや交通費の精算といった機能を追加できます。プロモーション動画などを手がけているある映像制作会社では、それまで使っていたGoogleカレンダーに「rakumo」のカレンダー機能を組み合わせることで、メンバーの予定をグループごとに色分けし、同時進行しているプロジェクトの進捗をひと目で把握できるようになりました。

加えて、中小企業やスタートアップが利用しやすいリーズナブルな料金も魅力の1つ。カレンダー(1人あたり月額100円)、ワークフロー(1人あたり月額300円)といったようにアプリごとに独立した料金が設定されているため、コストを必要最小限に抑えられます。

rakumo for G Suiteの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「サイボウズ Office」

「サイボウズ Office」

https://products.cybozu.co.jp/office/

ソフトウェア開発大手のサイボウズ株式会社(東京都中央区)が提供しているグループウェアです。国産グループウェアの代名詞的存在で、1997年のリリース以来、約20年の間に60万社以上のクライアントに導入されてきました。ノークリサーチ社による中小企業のITアプリケーション利用調査では、11年連続でグループウェア部門の1位に選ばれています。

料金・機能・使い勝手いずれの面にも定評があり、社員1人あたり月額500円からの料金でチャットや掲示板、ToDoリスト、タイムカードといった機能を利用できます。さらに月額300円の追加料金を支払えば、豊富な基本アプリを自社オリジナルの業務用ツールへカスタマイズすることも可能です。

また、操作画面のレイアウトもユーザーの声を取り入れられながら繰り返しアップデートされていて、初めての人も操作に迷ったりすることはありません。実際に「サイボウズ Office」を利用しているユーザーのブログや口コミサイトを見てもネガティブな声はほぼ見当たらず、非常に高い評価を受けています。

サイボウズ Officeの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「Garoon」

「Garoon」

https://garoon.cybozu.co.jp/

「kintone」や「サイボウズ Office」でおなじみのサイボウズ株式会社が提供しているグループウェアです。2002年のサービス開始以来、トータル4,800社・200万人以上のユーザーに利用されてきました。とりわけ従業員1,000名以上のエンタープライズ領域では国内トップクラスのシェアを誇ります。日経BPによる自治体向けのグループウェア満足度調査でも、1位にランクイン。

特筆すべきは、そのカスタマイズ性の高さです。「kintone」をはじめとするサイボウズのクラウドサービスに加え、APIによって20種類以上のツールとつなぎ込むことが可能。外部データベースとの連携、カスタムアプリの作成など、オプションサービスも豊富です。

また、管理機能が非常に充実。組織体制や役職に合わせ、従業員や社外パートナーのロール(役割)を設定できます。しかも各人に対し、アクセス権限を持たせることが可能。1つひとつの業務をしっかり管理・統制し、組織体制を強くしていきたい企業向けのツールです。

Garoonの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

「zoho connect」

「zoho connect」

https://www.zoho.com/jp/connect/

Zoho Corporation(アメリカ・カリフォルニア州)が提供しているクラウド型のグループウェアです。業種や規模を問わず世界中で数多くのクライアントに導入されており、2019年にサービスが終了する「サイボウズ Live」の後継機種としても注目を集めています。

何より大きな魅力は業界トップクラスの格安料金とカスタマイズ性の高さ。ユーザー数が増えるほど単価が下がる料金体系をとっており、100名までなら1人あたり月額100円、500名までなら1人あたり月額80円でチャットや社内SNS、文書作成といった機能を利用できます。「サイボウズ Office」や「kintone」に見られるようなカスタムアプリの作成機能も付いていて、基本アプリを自社オリジナルの業務ツールへ仕立てることが可能です。

古本の買い取りとネット販売事業を行なっているある企業では、「Zoho Cnnect」を導入したことによって全国8ヵ所の拠点化の情報共有が活発化。大量の顧客情報をスムーズに共有できるようになり、オーダーへの対応漏れも大幅に減りました。

zoho connectの情報を更に詳しく知りたい方はこちら

まとめ

まとめ

今回はアイミツがおすすめする15のグループウェアについてご紹介しました。それぞれ料金や機能に違いはあるものの、いずれも豊富な導入実績があり、口コミ・レビューサイトでも非常に高い評価を受けています。グループウェアを初めて導入する企業にも、他社からの乗り換えを検討している企業にも有力候補になるのではないでしょうか。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
9万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ