【保存版】ここなら絶対大丈夫!法人向けプロバイダのススメ!

胸をなで下ろす男性とキーボード

更新日:2017年10月12日 | 公開日:2015年01月28日

個人向けと法人向けのプランの違い

簡潔に述べると、個人向けと法人向けの違いは「通信料制限の有無」「固定IPの取得」です。

膨大な量のデータ通信を行った際に、プロバイダが定めるデータ量を超えると通信速度に規制がかかってしまいます。
携帯電話でも「使いすぎて制限された~」よく聞く話ですね。
そうなると業務どころではありません(当たり前ですが)

固定IPを取得することで、社内ネットワークへのアクセスは許可し、社外からのアクセスを制限できます。
そうすることで、セキュリティレベルを引き上げ、安全なネットワーク運用ができます。

プロバイダによっては、法人契約でないと営利目的のサイトの運営を禁止している会社もありますので、必ずプランごとの利用規約は確認しましょう!

ASAHIネット

「ブロードバンドアワード 2010」のISP部門においてベストISPに輝いたASAHIネットは法人向けプロバイダの顧客満足度が10年連続1位に選ばれています。(2015年1月現在)
中小企業だけではなく大手企業にも多く支持されているので、使いやすさと信頼度はお墨付きです。
また、固定IPアドレスは複数回線を乗り換えることによりコストを大幅に削減することができるようです。

株式会社朝日ネット紹介ページはコチラ

複数回線の乗り換えでコストを大幅に削減できます

so-net

「So-net」法人インターネット接続
出典So-net

超高速通信、回線の質が高いことに定評があり、セキュリティ、サポート面もばっちりなプロバイダと言えばso-netです。
モバイルルータ利用プランの用意、「光ファイバー」「高速モバイル」から固定IP割り当てなど、SOHO、個人事業主向けのオプションサービスも充実しています。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社紹介ページはコチラ

2回線目以降の費用がかからないのは嬉しいですね。

BUSINESSぷらら

BUSINESSぷららは、NTTグループのプロバイダなのでサポートがしっかりしています。
プランも豊富で、自社の通信環境にあったサービスを受けることができ、ホームページを解説するためのサーバプランの用意もあります。
またフィルタリングサービスを標準搭載しているので安心して利用できますよ。

株式会社NTTぷらら紹介ページはコチラ

法人向けひかりTV、これはちょっと羨ましいです。

OCN

「OCN for business」公式サイト
出典OCN

フレッツ光を提供するプロバイダの中で、会員数が最も多く知名度も高いのがOCNです。
NTT系列のプロバイダなのでセキュリティ面も心配ありません。
「外出先で社内サーバーやイントラネットへのアクセスを」「容量が大きいファイルでも快適に送受信したい」、など様々な用途から選べるプランも魅力的です♪

NTTコミュニケーションズ株式会社紹介ページはコチラ

サーバ障害ほど怖いものはないのです。

BIGLOBE法人接続サービス

細かなサービスが受けられるので中小法人・個人事業主・SOHOからの評価も高いです。
パソコンやスマートフォンをまとめて守るセキュリティ対策サービスも完備、外出中でのインターネット環境もバッチリ保証してくれます。
低価格で集客に強いホームページ制作や運用ができる、「まるっとおまかせホームページ」と、BIGLOBE法人向けインターネット接続サービスと合わせて利用すると、初期費用が2万円で利用できるのでとても便利です♪

ビッグローブ株式会社紹介ページはコチラ

ホームページ制作「ITPARK」、こちらでやることが殆ど無いのではないか?と思うレベルです。

おわりに

セキュリティ対策は勿論、いざというときのサポートもプロバイダ選びにおいて重要なポイントです。
個人契約ならまだしも法人契約。
しっかりしたサポート、月額料金、安定した回線速度…と考えると簡単には決められません。
無用なトラブルを避けるためにも、焦らずじっくり考えていきたいですね。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ