【第1回】クリエイティブな繁盛店舗作りの知られざるコツ

店舗外観

更新日:2017年10月17日 | 公開日:2015年02月04日

クリエイティブな店舗とは?

「クリエイティブな店舗」と言うと、お洒落でキラキラなビジュアル的なものを想像されるかもしれませんが、私が考えるクリエイティブな店舗とは商売に不可欠な機能が優れたお店のことです。
業種によって商売に不可欠な機能は異なりますが、飲食業やパン屋・ケーキ屋などの製造販売業にとって不可欠な機能は次の三点です。

①製造機能(簡単に言うと厨房です)

②販売機能(売場、ホール、レジなど)

③視覚機能(内外観の見た目、照明効果など)

「商品や料理を作りやすく」、「接客しやすく」、「お客様にとって心地が良い空間」、これらがバランスよく実現されているお店がクリエイティブな店舗と言えるでしょう。
すごく当たり前のことを言っていますが、この三つの機能がバランス良く計画されている店舗は意外と少ないのです。
例えばオーナーシェフにありがちな、製造機能が優れている割に販売・視覚機能が弱いお店。サービスや販売がもたついたり、不快に感じる空間であったりしては、せっかくクオリティーの高い商品を提供していても魅力が半減してしまいます。

逆に視覚機能に優れているがそれ以外の機能がおろそかなお店。
お店の雰囲気だけで騙されるほどお客様は甘くありませんよ。
こうした機能バランスの悪さはお客様やスタッフにストレスを与えます。

あなたのお店の機能バランスは大丈夫ですか?

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください