知っておきたい!本当に頼れるのはどこ?花粉症からメンタルケアまで任せられる、内科の産業医の探し方

更新日:2015年09月10日 | 公開日:2015年06月01日

この記事を読むための時間: 3分

労働安全衛生法 第13条で、「常時50人以上の労働者を使用する事業場」では産業医の選任が義務です。つまり、産業医は必ず探しておかなければなりません。また、あなたの職場がこの法律に当てはまらなかったとしても、産業医の探し方を知っておいて損はありませんよね。何かあった時に産業医の存在は心強いものです。内科はもちろん花粉症の相談から膀胱炎の治療、そして近年重要視されているメンタルケアまで、頼れる産業医の探し方をまとめてみました。

●フェミナス産業医事務所

●株式会社メディカルトラスト

●鈴森内科クリニック

●セントラルメディカルサポート

●新宿野村ビルクリニック

●まとめ

あなたの会社が50人以上の規模であるのなら、法律で産業医との契約が義務づけられています。また、50人未満の規模だったとしても産業医と契約することで、従業員の健康、精神面の充実を守りやすくなるのは言うまでもありません。

従業員は会社の財産です。できるかぎり心身共のケアが受けられるように取りはからってあげてください。内科はもちろん、最近では精神面での問題も非常に増えています。良き産業医と出会えれば従業員のモチベーションは上がり、結果的には会社の利益に繋がりますよね。また、産業医がいれば従業員達が安心して働ける、あなたとしても誇らしい会社になります。

産業医であれば誰でも良いわけはありません。会社のためを考えてくれる産業医をみつけてくださいね。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください