あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2019年03月15日 更新日:2019年03月15日

キャリアパスとは?|定義・目的・考え方などを徹底解説!

成績を上げてキャリアを積むイメージ
目次

求人や上司との面談など、人材マネジメントの現場で使われることが増えてきた「キャリアパス」という言葉。

今回は、キャリアパスの意味や目的、考え方について具体的に説明します。加えて、企業と個人両方にとってのメリット・デメリットも確認していきましょう。

1. キャリアパスとは?

1.キャリアパスとは?

キャリアパス(Career path)は、直訳すると「キャリアを積む道」という意味になります。具体的には、特定のポストに配属されるために必要なスキルや経験など、ステップアップの過程を明確に示すものです。

キャリアパスを設定することは、企業にとっても個人にとってもメリットがあります。企業はキャリアパスを提示することによって、自社のビジョンに適切な人材を確保でき、個人はそのキャリアパスを確認することによって自分の将来像と合っているかどうかを把握できます。

また、キャリアパスによって、目的意識を持って仕事に取り組めるため、結果としてモチベーションや労働意欲の向上が期待できるのです。キャリアパスは、働く人にとっての理想へ向かう道しるべとなるばかりではなく、企業にとっても目標の達成、生産性の向上といったプラス要素が期待できる重要な制度と言えます。

1-1. キャリアプランとの違い

キャリアパスと似ていますが、キャリアプランとは異なる意味を持っています。

キャリアパスは、前述の通り企業の中で、どのような仕事をどのぐらい経験し、どの程度のスキルや能力を身につければ、それぞれが目指す目標やポストに到達できるのかという道筋を明確に示すための人事マネジメントで使われる用語です。

一方キャリアプランは、自分自身が理想のポストに近づくまたは到達するためのステップを計画することを指します。キャリアプランを自分自身で設計することで、自分がこれから先どのようなポジションについて、どのように業務をこなしていくのか、またそのためにはどのようなスキルが必要となるのを具体的に理解できるのです。

キャリアパスは、企業側が策定する将来へ向けた指標、キャリアプランは、自分自身のために策定する計画を表す用語であると言えます。

2. キャリアパスが注目されている背景

2.キャリアパスが注目されている背景

終身雇用制度・年功序列の崩壊をはじめ、離職率の増加、働き方の変化など、企業を取り巻く人的環境はとても厳しい状況となっています。企業として成長を続けるためには、優秀な人材の確保・育成が必須条件となっています。

今までにはない働き方が定着してきた現在、新しい制度として注目されているのがキャリアパスです。就職希望者が企業を選ぶ大きなポイントとして挙げているのが、異動、昇進、昇給に関するシステムの透明化です。キャリアパスは、これまで不透明になりがちだった企業内でのキャリアアップの基準や体制を明確にして、働く側に提示する制度です。

キャリアパスが提示されることで、就職希望者は自分自身がどのようなスキルを身につけ、どのように経験を積めばキャリアアップできるのか、さらには将来の目標についてイメージできます。また、企業側は優秀な人材の確保、流出を防ぐことになるのです。キャリアパスが注目されている背景には、深刻な人材不足があるのではないでしょうか。

アイミツ
クラウド型人事システム会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

3. なぜキャリアパスを描く必要があるのか?

3.なぜキャリアパスを描く必要があるのか?

キャリアパスを描くことは、企業にとっても働く側にとっても多くの利点があります。それまで、オープンにされることのなかった昇進や異動に関する企業内の人事システムが、明確に描かれるキャリアパス。企業が人事システムの透明化を図るキャリアパスを描くことは、企業のイメージアップにつながり、働く側に好印象を与えることが期待できます。

そのためには、キャリアパスを作成するにあたって自社の現状を把握し、整理することが大切です。より詳細なキャリアパスを描くことで、自社にとって必要な人材像が明確になります。

また、現状に見合って策定されたキャリアパスを活用することで、自社の将来を担う人材の確保や育成が可能となるのです。さらに、働く側にとってはキャリアパスを提示されることで、必要な経験・スキル・昇進期間などが具体的に把握でき、自分の将来をイメージすることができる上、仕事へのモチベーションアップにもつながります。

4. 企業にとってのメリット

4.企業にとってのメリット

それでは、キャリアパスを導入することで企業にとってどのようなメリットが生まれるのか確認していきましょう。

4-1. 優秀な人材の育成が可能に

キャリアパスを策定し導入することで、自社が求める人材の確保と育成が可能になります。企業側がどのような人材を求めているのかを理解して入社してきた社員は、目指すべき目標が明確です。目指す目標のために必要なスキルの習得や、研修への参加など、キャリアパスを実現するために意欲的に取り組むことが期待できます。

個々のスキルアップは、結果として企業全体の成長につながると言えるのではないでしょうか。また、キャリアパスを活用することで、特定の目標実現のために必要な人材の確保・育成に役立てられます。

4-2. 人材が定着する

キャリアパスを策定することで、自社にとって必要な人材像がより明確になる利点が生まれます。企業は採用前にキャリアパスを提示するため、キャリアパスが応募者の夢や目標に合致しているか、採用段階で検討することが可能です。

応募者側もキャリアパスを提示されることによって、必要とされる人材について事前に確認ができます。お互いに確認することで、ミスマッチした人材の採用を防止でき、入社後のギャップも極力減らすことが可能になるのです。

5. 社員にとってのメリット

5.社員にとってのメリット

それでは次に、社員にとってのキャリアパスを導入するメリットをお伝えしていきます。

5-1. 自分の将来に希望が持てる

キャリアパスは、自分の将来像を描くための羅針盤ともいえるものです。キャリアパスが明示されることで、社員は必要なスキルや業務経験といったキャリアアップに対しての道筋を正確に判断できるようになります。

そのため、就職後自分のイメージしている職務と違うなどのリスクを回避できます。また、自分が希望するキャリア形成のために、どの程度のスキルや経験が必要となるのか予測でき、継続して現在の会社で働くか転職するかの判断もしやすくなります。

5-2. 社員自身が成長できる

キャリアアップを目指す社員にとって、目標とするポジションに向けて、必要となる専門知識やスキルが把握できる指針がキャリアパスです。キャリアパスによって社員は、希望のキャリアを描きやすくなり、目的意識を持って業務への取り組みができるようになります。

また、企業側も社員の希望するキャリアパスに沿って配置や異動を行えることから、キャリアパスのミスマッチによる社員のモチベーションの低下や、転職などを回避できます。

キャリアパスの最大の長所は、社員個人が希望するキャリアアップに向けて、資格の習得、研修への参加などに積極的に取り組むことで、個人が成長するところにあります。また、希望通りに仕事ができることから、社員の仕事に対してのモチベーションアップが期待できることもキャリアパスの利点と言えるでしょう。

6. キャリアパスのデメリット

6.キャリアパスのデメリット

キャリアパスは、目標と進むべき道筋を明確にすることによって企業、社員双方にとって多くのメリットがありますが、内容によってはマイナスとなることもあります。ここでは、キャリアパスがデメリットとなる面について解説します。

6-1. 実現性がないキャリアパス

キャリアパスは、社員を育成する上で重要な指針です。通常、策定する側の企業は、キャリアアップを目指す社員に対して必要なスキル、知識、業務経験など、現状に見合った道筋を示すキャリアパスを作成します。

しかし、理想論に走ってしまい、社員の現状にそぐわないキャリアパスを詳細に作り込んでしまった場合、それが働く側からは負担に思えてしまう可能性が高いのです。

キャリアパスを策定する場合は、社員にとって夢や希望となる将来像が描ける内容を意識し、実現性のある道筋を示すことが大切です。

6-2. 高い理想を示したキャリアパス

キャリアパスは、就職希望者にとって将来像の指針となるものです。働く側にとっては、夢や希望を叶えるやりがいのある現実的な道筋である必要があります。

そのため、策定する企業側には、優秀な人材育成とより高い生産性を得るための意欲向上を目的とした現実的な内容であることが求められるのです。しかし、策定されたキャリアパスの理想が高すぎた場合、社員にとっては大きな負担となり、キャリアパスとしての機能を果たさないばかりか、策定する意味もなくなってしまいます。

キャリアパスは、策定する側が、自社のキャリアアップに対する社内基準や必要事項をしっかりと把握し、慎重に検討することが必要です。また、運用に関しても上司と部下の信頼関係に基づいた職場環境を整えるなどの配慮が大切になります。

7. キャリアパスを活用するためのポイント

7.キャリアパスを活用するためのポイント

働く側にとっても、企業にとってもさまざまなメリットがあるキャリアパスですが、その内容は業種や職種によって異なります。ここでは、キャリアパスを有効活用するためのポイントを紹介します。

7-1. 職種ごとのキャリアアップへの道筋を明確にする

働く側にとって、到達したいポジションはさまざまです。そのため、画一的なキャリアパスを策定しても個人の希望にそぐわない場合があります。

例として、営業部に配属された社員のケースでは、次の3通りのキャリアパスが想定されます。営業課長や営業部長などの管理職となり、部署の営業戦略を立てながら部下の育成や管理をする管理職へのキャリアパス、営業職から別部門へ異動し、営業の経験を活かして業務を行うキャリアパス、営業のスペシャリストとして、現場で活躍し続ける“職人”というキャリアを重ねるキャリアパスと、最終的なポジションへの道筋はさまざまです。

このようにキャリアパスは、あらゆるキャリアアップへの道筋を想定した上で策定し、個人に合わせて活用することで初めて効力を発揮すると言えます。

7-2. 自社の現状に即したキャリアパスの策定が重要

人材育成に効果を発揮するキャリアパスは、自社の現状を把握した上で策定し活用することがポイントです。働く側にとって、キャリアパスは自分の将来を確定するための重要な道筋です。

しかし、会社としての理想が高すぎたり、資格取得などのスキル向上を一方的に押しつけるものであった場合、モチベーションの低下や脱力感を生むことになってしまいます。

キャリアパスを効率的に活用するためには、まず自社の現状と働く側のライフスタイルを把握し、一方通行にならないように心がけることが大切です。企業側が求める人材像と社員の目標が同じ方向を向くことを確認した上で、キャリアパスを活用することをおすすめします。

7-3. 個人に対応したキャリアパスの提示

キャリアパスを活用することで、社員の成長意欲を高め、会社の成長にも貢献することが可能となります。そのためには、社員の階層や職種に応じた研修の開催や定期的な面談、オリエンテーションを行うことが重要です。

このことでスキルアップを図れることはもちろん、また社員一人ひとりの方向性を確認できます。効率よくキャリアパスを活用するためには、定期的に双方で進むべき道筋についての確認作業を行い、企業側と社員の信頼関係を構築していくことがポイントとなります。

アイミツ
クラウド型人事システム会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

8. まとめ

8.まとめ

終身雇用・年功序列の崩壊がつづき、キャリアアップのための転職と、働き方の多様化が進んでいる現在、人材マネジメントにおいて、企業と従業員のベクトル一致の重要性が叫ばれています。

ゴールへの道筋を明示するキャリアパスは、それを可能にするための時代が求めているコンセプトなのです。企業がキャリアパスを導入する効果には、優秀な人材の確保と定着、人材の育成とミスマッチの防止などが期待され、充実したキャリアパス制度は、従業員に目標意識をもたせ、業務への意欲を高めます。そして、個々人の成長が、結果として企業の業績向上や成長につながっていくのです。

企業としては、こうしたキャリアパスを社員に進ませるために、社員が各職位で求められる能力・習熟度、経験期間や成果などの基準を示す必要があります。また、企業は社員から希望のキャリアパスを確認し、その実現に必要な研修や人事異動を行なうなどの取り組みが求められるのです。

このような時代に則した効果が期待できるキャリアパスを、個人も企業も理解して活用し、激動の時代を乗り切ってください。

クラウド型人事システム会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

クラウド型人事システム会社が
最短翌日までにそろう