TOPページ制作を発注するときに絶対に外してはいけない3つのポイント教えます!

パソコンと水仙

更新日:2017年10月01日 | 公開日:2016年04月19日

この記事では、時代に即したTOPページのあり方を把握し、TOPページ新規制作・リニューアルを成功させるポイントをお伝えします。

1.TOPはユーザーの期待に応える目次機能を果たす

ノートパソコンを操作する女性

検索エンジンの発達のおかげで、TOPページが必ずしもサイト内部への入り口とならなくなりましたが、内部のリンクからTOPページに遷移するという流れは非常に多いです。
これはちょうど読書体験で本を読んでいる読者が今自分の読んでいるページから他のページに行きたい時に目次を参照するのと同じ行動だと言えます。

つまり、豪華な入り口は要らないのですが、入り口の案内機能・目次機能は依然としてTOPページの大きな役割となっています
このため、全体のコンテンツが分かりやすく一覧でき、無理なく詳細コンテンツに誘導できるようなユーザーフレンドリーなナビゲーションが必要になってきます。

サイトマップのような無機的なインデックス機能ではなく、ユーザー自身が持つ問題解決のために次に行きたい場所を提案するようなイメージで、TOPの目次機能を構成すると良いでしょう。

2.TOPは詳細ページへ誘導するウィンドウショッピング機能を果たす

ショッピングモール内の風景

新規キャンペーン情報や新製品情報の掲載場所として、TOPページは最適です。
期間ごとに掲載する新規情報の中身は変わっても、「TOPページに行けばまだ自分が知らなかった最新情報があるかもしれない!」という期待をいだかせることで、サイトへのリピーターを増やすことができます。
この時に最新情報の掲載場所が、一定していなければそうしたリピーター効果は望めません。

もちろんTOPページのみで新規情報を完結させるスペースはありませんので、情報に興味を持ったユーザーに対してはサイト内部の詳細ページへ誘導します。
基本的な流れはこれで完璧なのですが、新規情報目当てに繰り返しサイトを訪れているユーザーにとっては、この流れだけではすぐに飽きられてしまいます。

その対策として、TOPページの新規情報をユーザーごとに最適化するという工夫があげられます。
まだ詳細ページに遷移していないユーザーに対しては同じ情報を見せたり、すでに詳細ページには移動しているが、最終的なコンバージョンに至っていないユーザーに対しては別の商品紹介ページを見せたり、別のキャンペーン情報を見せたりすることで、コンバージョンレートが上がります。

3.TOPはオウンドメディアのハブ機能を果たす

パソコンやノートパソコン、タブレット

オウンドメディアとは何かについて、はっきりしたイメージを持てていない方も多いと思います。
オウンドメディアとは簡単に言うと自社サイトや、ブログ、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア、さらにこうしたインターネットメディアだけでなく、自社の製品カタログやパンフレット、小冊子なども含みます。
これがオウンド(owned = 所有している)メディアの意味です。

オウンドメディアとは自社で持っているお客様へ向けた媒体すべてを指しますので、「うちもそろそろオウンドメディアに対応しないといけないな…」というのは、正しくは「うちもそろそろオウンドメディア戦略を明確持たないといけないな…」ということなのです。
なぜかといえば、製品カタログなどの自社のメディアを一つも持っていない企業というのはほぼありえないからです。

この「明確な戦略を持つ」という時に鍵になるのが、企業サイトのTOPページです。
顧客の望む最適なチャンネルで、ネットで情報を提供したり、パンフレットを郵送したり、営業マンがカタログを持って説明に言ったりすることがオウンドメディア戦略です。
どんな顧客にどんなメディアを使って自社のサービスや制品をアピールするのか、その戦略がはっきりしている企業はサイトのTOPページを見れば分かります。

オウンドメディア戦略を確立している企業は、コーポレートサイトのTOPページに、紙媒体の資料請求や、営業へのコンタクト窓口、ソーシャルメディアボタン、動画、自社ブログなどへの入り口を効果的に配置しています。

【まとめ】TOPページ制作を業者に発注したいと思ったら!

以上、最近のWebサイトのトレンドを抑えたTOPページの役割を解説しました。
TOPページが単に豪華な玄関口である時代は終わっています。
TOPページの役割を見直すことで自社のホームページの目指す方向もはっきり見えてくると言ってよいでしょう。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』ではこうしたTOPページの役割などに関する専門知識を持ったコンシェルジュが、戦略的なTOPページ制作に対応可能な業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。
コンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ