ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

更新日:2019年12月23日

コーディングの平均費用と料金相場【2019年完全版】

コーディング画面

ホームページをつくるうえで欠かせないのがコーディング(プログラミング)です。

斬新で美しいwebデザインやホームページのさまざまな機能は、コーディングという工程を経てはじめて形になります。また、正確で無駄のないソースコードはページの表示速度をアップさせ、SEO対策としても高い効果をもたらすと言われています。

ただし、コーディングには相応の知識・スキルが必要となり、誰もができるわけではありません。ホームページの企画・デザインの部分は自分で練り上げ、コーディングだけ外部に委託したいという方も多いのではないでしょうか?

今回はそうした方に向けて、コーディングを外注する際にかかる一般的な費用の相場を解説します。あわせて業者を選ぶ際のポイントや費用を抑えるコツもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1.コーディング費用の算出方法

コーディング費用の大半を占めるのは、作業を担当するプログラマーの人件費
基本的にページ数が増えるほど作業量と比例して料金が高くなる一方、ソースコードのパターンが似ていて、ある程度流れ作業で対応できるページ(=派生ページ、流し込みページ)については単価が抑えられます。

この人件費に制作会社側のファシリティコスト(web制作ツールの導入費用、作業にともなう電気代など)を加えた金額が、コーディングを委託する際にかかる費用です。

また、詳しくは次章で解説しますが、コーディングとあわせて、JavaScriptによる機能の実装や、レスポンシブ対応(スマートフォン・タブレット対応)まで依頼する場合、基本的に追加料金がかかります。

コーディング費用の相場

コーディング費用の相場
費目 平均的な相場
トップページのコーディング 1万円~4万円
下層ページのコーディング 5,000円~2万円
派生ページの作成 1,000円~5,000円
JavaScriptの実装 5,000円~2万円
レスポンシブ対応 上記コーディング費の1.5倍~2倍

ここからはより具体的にページごとのコーディング費用、関連作業の費用についてご紹介していきます。

トップページのコーディング費用

webサイトの顔となるトップページをコーディングする際にかかる費用です。

サイト全体のデザイン・レイアウトのテンプレート作成もともなうため、他のページと比べて料金はやや割高になります。
デザイン・レイアウトに関しては、ファーストビュー(ページ最上部)に横長の画像を配置し、ハンバーガーメニュー(横三本線のメニュー)から各コンテンツに誘導する構成が近年の主流になってきました。

一般的な相場としては、1万円~4万円前後。トップページにアンケートフォームや資料のダウンロードフォーム、画像のスライドショーといった機能を付ける場合、後述するJavaScriptの実装費用が加算されます。

下層ページのコーディング費用

トップページのレイアウトをベースに、下層ページ(コーポレートサイトの会社概要、採用サイトの社員インタビュー記事など)をコーディングする際にかかる費用です。

作業のボリューム・難易度によって料金にかなり開きがあり、相場としては1ページあたり5,000円~2万円前後。5,000円~1万円の価格帯だと、ページのサイズに制限(例.「縦横ともに4,000pxまで」など)があることが多いようです。

一方、1万5,000円~2万円の価格帯になるとサイズの制限はなく、リキッドデザイン(端末のディスプレイの大きさに合わせてコンテンツのサイズが自動で最適化されるデザイン)などにも対応しているのが一般的です。

派生ページ(流し込みページ)の作成費用

派生ページ(流し込みページ)とは、基本的なレイアウトやデザイン、サイズが他ページと変わらないページのこと。
画像やテキストの変更、リンクの変更程度で作成できるため、プログラマーの工数が小さく、料金も安くなります。
派生ページの制作は「流し込み対応」とも呼ばれ、1ページあたりおおむね1,000円~5,000前後が相場です。

ただし、制作会社によっては流し込み対応の料金を設定しておらず、タグの構成などが酷似していてもそれぞれ別の下層ページとして扱われる(=通常の下層ページとしてのコーディング費用がかかる)こともあります。
費用全体を大きく左右するポイントなので、事前にきちんと確認しておきましょう。

JavaScriptの実装費用

webブラウザ上で動作し、HTMLやCSSで書かれたプログラムを動的に操作できるJavaScript。

たとえば、クリックすると縦横に展開するメニューや、マウスオーバーで色や形が変わるコンテンツ、画像のスライドショー、メールアドレス入力フォームのスペルチェックなどもJavaScriptによるものです。ユーザーにアクション(問い合わせ、購入など)を起こさせることが肝となるサービスサイトやECサイトを中心に、幅広く使われています。

JavaScriptの実装費用は機能によって幅があり、価格帯としては5,000円~2万円前後
制作会社によってもかなり料金が変わってきますが、一般的にタブの切り替えやコンテンツのロールオーバー(透過)は5,000円~1万円前後、画像のスライドショーやアニメーション制作は1万5,000円~2万円前後の料金に設定されていることが多いようです。

レスポンシブ対応

ディスプレイの大きさにあわせて画面のサイズを指定し、コンテンツの表示/非表示も自由に設定できるレスポンシブデザイン。
ネットユーザーの大半がスマートフォン経由でwebサイトを閲覧する今、多くの制作会社がレスポンシブ対応に力を入れています。
そのため以前と比べると費用の相場は下がってきました。

一般的な相場としては、おおむねコーディング費用の1.5倍~2倍前後
たとえば、PC向けトップページのコーディング費用が2万円なら、コーディング+レスポンシブ対応で3万円~4万円前後。下層ページのコーディング費用が1万円ならトータル1万,5000円~2万円前後となります。

見落としがちな費用にも注意

上記のほか、問い合わせフォームの設置や、Googleマップの埋め込みは基本的にオプション扱いとなり、コーディング費とは別に費用がかかります。

加えて、急ぎの依頼については特急料金(おおむね通常のコーディング費+30%前後)、動作保証対象のブラウザを増やす場合はその分の対応料金が発生することがあるので注意しましょう。

また、ここまでご紹介してきた費用の相場は、あくまでコーディングに専念できる状態が整っているうえでの金額です。制作会社に手渡した仕様書などに不備があり、すぐにコーディングに着手できない場合はディレクション費がかかることもあります。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • コーディング費用の内訳のメインとなるのはプログラマーの人件費
  • トップページのコーディング費用は1万円~4万円、
    下層ページは5,000円~2万円前後が相場
  • 派生ページの制作(流し込み対応)は1,000円~5,000円前後が相場
  • JavaScriptの実装は5,000円~2万円が相場
    実装する機能によって料金が変わる
  • レスポンシブ対応はコーディング費の1.5倍~2倍前後が相場

2.ホームページの種類別に見るコーディング費用の相場

ホームページの種類別のコーディング費用の相場
ホームページの種類 一般的な相場
ブログサイトのコーディング 5万円~8万円
コーポレートサイトのコーディング 12万円~18万円
サービスサイトのコーディング 35万円~50万円

次にホームページの種類別のコーディング費用の相場をご紹介します。

ブログサイトのコーディング

ブログサイト(簡易的なオウンドメディアなど)の場合、テキストコンテンツが中心になり、複雑な機能は必要ないため、おのずとコーディング費用は抑えられます。

仮に全5ページ(トップページ+記事フォーマット、執筆者紹介、About usといった下層4ページ)のブログサイトのコーディングを依頼すると、一般的な相場は5万円~8万円前後です。

ちなみに近年はほとんどのブログサイトでCMSが使われており、記事ページは自動生成されます。
記事を増やすたびにコーディングが必要になる(その都度費用がかかる)ということはありません。

コーポレートサイトのコーディング

トップページに、会社案内、事業内容、沿革などの下層ページを加えた全10ページ前後のコーポレートサイトを制作する場合、コーディング費用の相場は12万円~18万円前後です。

ブログサイトと同様に高度な機能は必要ないため、コーディングの単価は比較的安くなります。
事業内容などの下層ページのフォーマットを揃え、流し込み対応できればさらに費用を抑えることも可能です。

ただ、そうした一方、スライドショーや問い合わせフォームを実装する場合は、前述のとおりオプション料金がかかります。

サービスサイトのコーディング

サービスサイトの目的は、製品やサービスの魅力をわかりやすく伝え、ユーザーのアクションを引き出すこと。
そのためにはユーザーの目を引く動的コンテンツや問い合わせフォーム、アンケートフォームなど、JavaScriptによる機能が欠かせません。また、より広く製品・サービスの魅力を届けるためには、レスポンシブ対応も施しておきたいものです。

仮に全15ページのサービスサイトのコーディングを依頼する場合、レスポンシブ対応の料金も含めて、平均的な費用の相場は35万円~50万円前後

場合によっては流し込み対応でコストを抑えることもできますが、その結果、ページの構成やコンテンツが単調になってユーザーの離脱を招いてしまうようでは意味がないので注意しましょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • ブログサイトのコーディング費用の相場は5万円~8万円前後
  • コーポレートサイトのコーディング費用の相場は12万円~18万円前後
  • サービスサイトのコーディング費用の相場は35万円~50万円前後

3.なぜ価格が違う?価格差の出る理由

全体としては制作会社同士の価格競争が進み、レスポンシブ対応を含めてコーディングの費用相場は下がってきていますが、JavaScriptのエキスパートなど、スキルの高いエンジニアが在籍している制作会社の料金はやや高くなります。

そうした一方、フリーランスのエンジニアと提携したり、人件費の安い海外に開発拠点を置いたりすることによって、コストを抑えている制作会社も増えてきているようです。

できるだけ費用を抑えるためには

できるだけ費用を抑えるためには、流し込み対応をしてくれる制作会社を選ぶこと。

コンテンツの見せ方が単調になってしまうといったデメリットもあるものの、通常のコーディングと流し込み対応とでは、トータルの費用が倍以上違ってくることも珍しくありません。

一方、webサイトの目的や構成などから流し込み対応が難しい場合は、海外拠点での開発(オフショア開発)を行なっている制作会社などが有力候補になるでしょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • ハイスキルなエンジニアが在籍している制作会社の料金は高い傾向がある
  • 一方でフリーランスと提携していたり、
    オフショア開発を行なっていたりする会社の料金は安い
  • 費用を抑えるためには流し込みに対応している制作会社を選ぶこと
  • 流し込み対応が難しい場合は
    オフショア開発を行なっている制作会社などがおすすめ

4.実際にコーディングの料金表を調べてみた

株式会社A
費目 料金
トップページ(基本)コーディング 2万5,000円~
下層ページコーディング 6,000円~
メールフォーム設置 1万5,000円~
株式会社B
費目 料金
通常HTMLコーディング 5,000円~
レスポンシブコーディング 1万円~
流し込み対応 1,500円~
JavaScriptの実装 2万円~
株式会社C
費目 料金
トップページコーディング 4万円~
下層ページコーディング 1万円~
JavaScriptの実装
(文字サイズの変更)
3万円
JavaScriptの実装
(画像スライドショー)
1万5,000円

5.失敗しないホームページ制作会社選びのためには

最後に失敗しないホームページ制作会社選びのポイントについてご紹介します。
実際にコーディングの依頼先を決める際はどんな点に注意するべきなのでしょうか?

制作会社の強みを見極める

ひと口にホームページ制作会社と言っても、強みや特徴はさまざま。JavaScriptによる機能の実装に強みを持つところもあれば、人件費の安いオフショア開発によって料金を抑えているところもあります。

各社のホームページに記載されたサービス内容や料金表をしっかり確認し、目的・予算に見合った制作会社を見つけましょう
たとえばコスト重視の場合、前述のとおり、流し込みに対応している会社などが有力候補になるのではないでしょうか。

制作会社に任せっきりにしない

これはホームページ制作全体について言えることですが、とりわけコーディングを単体で依頼する場合、コーディング指示書や仕様書の作成、素材の確保など、依頼する側の事前準備が欠かせません

指示書や仕様書に不備があれば、いったんコーディングに着手しても手戻り(何らかの問題によって前工程に戻ること)が発生し、おのずとコストもかさみます。時間と人手を確保し、きちんと事前準備したうえで制作会社に依頼しましょう。

今回はコーディング費用の相場と内訳、コストを抑えるためのコツ、制作会社選びのポイントなどについてご紹介しました。ホームページ制作を依頼したい方、コーディングの依頼先で迷っている方の参考になれば幸いです。

なお、アイミツではホームページ制作に精通したコンシェルジュがみなさまからのご相談を無料で承っています。ご予算・ご要望に応じて複数のホームページ制作会社をご紹介し、無料で見積もりをとることも可能です。お気軽にご連絡ください。

“ホームページ制作”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

このテーマに関連する優良会社

ホームページ制作会社の
見積もりが最短翌日までにそろう