ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

更新日:2020年06月03日

すぐに成果が出る!ランディングページ作りのコツを大公開|ユーザーの行動を操る最強のテンプレートとは

キーボードを打つ人の手元

インターネットを使ったセールスやマーケティングにおいて欠かせないのが「ランディングページ」です。web関係の仕事に関わっている方や詳しい方の中には耳にしたことがある方も多いと思いますが、ランディングページという言葉自体を初めて知ったという方も多いことでしょう。

ランディングページは作り方によって、商品の売り上げを大きく左右するものです。しかし、ランディングページの作り方にはコツがあり、ある程度のテンプレートのようなものを定義することで、作り方の参考になるばかりではなく、売り上げの成果も出やすくなります。そこで今回は、成果の出やすいランディングページの作り方のコツや構成について紹介します。また、ランディングページのおすすめ制作会社もいくつか紹介します。

この記事を最後まで読んでいただくことによって、自社の製品をインターネットで販売するうえでの基本的なノウハウが身につくはずです。

目次

1.ランディングページとは

ランディングページとは、商品やサービスを紹介するための広告からリンクするwebページのことを指します。Yahoo!Japanのようなポータルサイトに表示されているバナー広告をクリックすると、特定の商品やサービスを紹介するwebページが表示されますが、これがまさにランディングページというものです。ほかにも、Google検索結果の上部に表示される広告リンクや、Facebook、TwitterなどのSNSのタイムラインに表示される広告のリンク先も、ほとんどがランディングページとなっています。

ランディングページを作る目的は、商品の売り上げを伸ばすことであり、インターネットを使ったセールスにおいて大きな要素を占めるものです。ランディングページの構成や文言、レイアウトなど、作り方によって商品やサービスの売り上げは大きく変動します。わざわざ企業のホームページから商品を検索するユーザーは決して多くありません。そのため、企業のホームページよりもランディングページのほうが凝った作りになっていることも珍しくなく、商品をアピールするための重要な「顔」ともいえます。

2.ランディングページを作る前に

ランディングページを作る前には、一般ユーザー向けの商品を売りたいのか、法人向けの商品を売りたいのか、または資料請求や問い合わせの数を増やしたいのか。まずは明確な目的を定めましょう。

たとえば、一般ユーザー向けの商品を販売することが目的の場合は、スマートフォンからのアクセスに対応したランディングページが大前提となるでしょう。文字や数字といった細かな事柄を記載するよりも、写真やイラストなど直感的に分かるもので表現したほうが商品の魅力も伝わりやすい傾向にあります。

反対に、商品を直接的に売るのではなく、資料請求や問い合わせ数を増やしたいことが目的であれば、ランディングページの作り方として細かな説明をするのではなく、大まかなメリットや魅力を伝えるだけに留めておくほうが良い場合もあります。

このように、ランディングページの具体的な作り方を模索する前に、まずは最終的な目標やゴールを明確に定めておくことが重要です。

アイミツ
ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

3.ランディングページの基本構成

ランディングページの作り方として、重要な要素となるのが基本構成です。商品やサービスの販売など、さまざまな目的によって最適なランディングページの作り方も異なります。

構成や作り方によっては単なる商品説明となり、単調に感じてしまうユーザーも多く、途中でランディングページから離脱してしまうケースも少なくありません。ランディングページでは、いかにユーザーの興味を惹き続けることができるかというポイントが非常に重要です。

それでは、ランディングページはどのような構成が望ましいのか、その基本構成を紹介します。これらのポイントを意識すれば、迷うことなくランディングページの構成を考えられるでしょう。

3-1.アイキャッチ

アイキャッチとは、その名の通りランディングページの最上部にあり、最初に目にするコンテンツです。ランディングページを開いたとき、一目見てその商品やサービスが何なのかを、直感的に把握するためのものがアイキャッチです。

アイキャッチは、ファーストビューとも呼ばれ、ランディングページの離脱率にも大きく影響するポイントです。ユーザーの立場から考えると、その商品やサービスの特徴が分かりづらいと他のサイトに移動したくなるものです。アイキャッチの役割は、商品やサービスの情報を簡潔に伝え、興味を持ってもらえるような内容を凝縮することといえます。

アイキャッチにおいてよくある失敗例が、あまりにも多くの情報をアイキャッチに盛り込んでしまうことです。商品写真やスペック、価格、セールスポイントなどを大量に入れてしまうと、結局その商品の本質を理解してもらえません。ランディングページ内に記載されているその後の内容に読み進めてもらうことができず、しっかりと理解してもらえないままランディングページから離脱されてしまうという結果になりがちです。

3-2.アクション導線

営業や販売の業界において、クロージングとよばれる言葉を耳にしたことのある方もいるのではないでしょうか。ランディングページにおけるアクション導線とは、まさにこのクロージングに相当する部分です。

そもそもクロージングとは、さまざまな説明を受けた後で、その商品やサービスを購入するか否かという判断を仰ぐ段階です。対面での営業や販売であれば、人同士のコミュニケーションによって意思確認ができますが、インターネットの世界ではユーザーにクリックしてもらう必要があります。そこで、ランディングページにおいては、商品を購入したり資料請求をしたりといった手続きを行うリンク先を明確に示すことが重要です。

ランディングページを読み進めてきたユーザーが、実際にその商品やサービスを気に入ったとしても、いざ購入しようとしてもリンク先が分かりづらいと注文数も上がりません。また、購入を迷っているユーザーに対し、最後の一押しとなるポイントをアクション導線に記載することも重要です。たとえば「送料無料」や「期間限定割引」といったものが代表的ポイントです。

3-3.商品のベネフィット説明

ベネフィットとは日本語で「利益」という意味を指します。ランディングページの作り方に限ったことではありませんが、ベネフィットとして商品やサービスを売るうえで重要なのは、ユーザーの立場に立ってメリットを提示することです。

たとえば、テレビを売るときに、一般的には知られていない専門的な用語でスペックや機能を説明しても、その価値を理解してもらえるユーザーはごく一部です。そのような高いスペックをもっていることで、どのような番組を見るときにどのような違いが発揮されるのかを具体的に説明することで、初めてその価値を理解してもらうことができます。

このように、ユーザーの目線に立って、利益を具体的に説明することで初めて商品のベネフィットを説明できます。また、内容によっては商品の違いがはっきりと分かるような比較写真や比較表などを提示することも、ランディングページの作り方として有効です。

3-4.実績・お客様の声

ランディングページで紹介する商品やサービスそのものが良くても、ランディングページの作り方や記載する内容によっては、提供しているメーカーの主観として感じられてしまいます。本当にその商品に価値があるのか、自分にとって納得できる商品であるのかを知ってもらうためには、客観的なデータを提示する必要があります。

そこで有効なのが、販売実績やお客様の声です。購入しているユーザーが多いということは、それだけユーザーから支持されているという裏付けであり、説得力があります。また、購入した後で本当に満足しているのかという点においては、実際に利用しているユーザーの声を反映することが有効です。

先述したベネフィットにもつながるポイントですが、自分と同じような悩みを抱えていた人が、商品を購入して問題が解決できたという声を聞くことによって、購入意思の後押しになることは少なくありません。このように、第三者からの客観的な意見を採用することも、ランディングページの作り方においては重要なポイントです。

3-5.申し込みフォーム・資料請求

先述したアクション導線のリンク先に待っているのが、申し込みフォームや資料請求のフォームです。営業や販売においては申込書に相当する部分といえるでしょう。

申し込みフォームや資料請求フォームの作り方でもっとも重要なことは、ユーザーにとって必要最低限の入力項目で済ませられるというポイントです。典型的な例として挙げられるのは、郵便番号と住所の入力欄です。郵便番号を入力すると住所が自動入力されるフォームを目にしたことがある方も多いと思いますが、まさにこれがユーザーの手間を最小限にする方法です。

また、入力項目によっては半角や全角の指定があるケースも多いです。このような入力条件を指定しておかないと、入力エラーが頻発してユーザーの購入意思が削がれる場合も少なくありません。申し込みフォームや資料請求フォームはユーザーにとっての大きな負担となる部分であるだけに、ユーザーの立場に立った親切な設計とする作り方が必要不可欠です。

3-6.お役立ちコンテンツ

当然のことながら商品やサービスの購入を急かす手法は、多くのユーザーから敬遠されがちです。また、特定の商品を販売するうえで、メリットや価値など、良いところばかりを言ってデメリットを教えてくれない営業も信頼されない傾向にあります。

たとえば、ある商品を購入することで解決できる問題がある場合、その問題解決の方法は必ずしも商品を購入するだけではありません。他社の製品はもちろんですが、商品を購入するという以外でも解決方法が提示できる場合もあるでしょう。典型的な例を挙げるとすれば、洗剤やクリーナーがあります。汚れを落とすには、洗剤以外でも重曹やお酢など、身近なもので代用できるケースもあります。しかし、洗剤やクリーナーを使うことで汚れを素早く落とせたり、防汚効果が発揮できたりといったメリットがあることも事実です。

このように、複数の解決策を提示したうえで商品をアピールするという作り方によって、より信頼性の高いランディングページを実現できます。

4.気をつけるべきポイント

ランディングページの作り方における基本的な構成を紹介してきましたが、具体的に気をつけるべきポイントを次にお伝えしていきます。

ここでは、ランディングページの作り方のポイントとして「見やすく、使いやすいページ設計」、「ユーザーの共感を呼ぶ」、そして「ストーリー性をもった流れ」という3つの作り方のポイントを取り上げてみます。

4-1.見やすく、使いやすいページ設計

ランディングページの作り方において大前提となるのは、全体的に見やすく使いやすいということです。たとえば、新聞や文庫本のように細かな文字が羅列したページは、決して見やすいランディングページとはいえず、途中で離脱するユーザーも多くなる傾向があります。

やはり写真やイラスト、表などをうまく多用して直感的に見やすいページを作ることが重要です。また、最近ではスマートフォンからインターネットへアクセスするユーザーが圧倒的に多い傾向もあります。パソコンでは見やすいレイアウトのランディングページも、作り方によってはスマートフォンで閲覧することで見づらく感じてしまうことも少なくありません。適度な改行や写真サイズなどを考慮しながら、スマートフォンでもストレスなくスクロールできるランディングページの作り方が理想的といえます。

また、アクション導線となる申し込みフォームや資料請求フォームなどは、ページ最下部だけではなく、途中にもいくつか設けるようにしましょう。ページの途中で購入意思を決定するユーザーも多いため、その場ですぐにリンクにアクセスできる作り方のほうが効果的です。

4-2.ユーザーの共感を呼ぶ

商品やサービスを伝えるうえで、特性やメリットなどを淡々と紹介しているサイトも少なくありません。しかしこの場合、ユーザーが悩みを本当に理解してもらえているかが分かりづらく、その商品が良いものだとしても購入意欲が掻き立てられることは少ないといえるでしょう。

商品の紹介に入る前に、まずは「こんな悩みを持っていませんか?」といった共感を呼ぶ問いかけをするような作り方がおすすめです。これにより、対象となるユーザーの興味を引きつけることができ、同時に信頼感が生まれることにもなります。興味や信頼感が生まれると、その後の内容を読み進めていく動機を与えることにもつながります。

また、商品そのものに興味がなかった人であっても、悩みがリンクすることで潜在的なニーズを引き出すこともできるでしょう。ユーザーの共感を呼ぶということは、ユーザーの心をつかみ、ランディングページを読み進めてもらうために必要不可欠なステップといえます。

4-3.ストーリー性を持った流れ

セールスにおいて顧客心理をつかむことは重要ですが、そのためにはストーリー性をもった流れを意識することが必要不可欠といわれています。世界的にも広く知られている法則として、「QUEST FORMURA」とよばれるものがあります。これは、「Qualify(絞り込む)」「Understand(共感)」「Educate(啓発する)」「Stimulate(興奮させる)」「Transition(変化させる)」の頭文字をとったもの。この流れを踏襲することによって、ストーリー性をもたせることが可能になるといわれています。

悩みを定義することによってユーザーを絞り込み、その悩みによって抱える問題に寄り添って共感します。商品の紹介を含めた解決策を啓発し、その商品のベネフィットをイメージさせることでユーザーは興奮します。具体的なイメージをユーザーに持たせられたら、最後に購入意思を固めてもらうというのが一連の流れです。ランディングページの作り方において、この流れをイメージしておくだけでも大きな効果が期待できるといわれています。

5.おすすめのランディングページ制作会社

ランディングページの作り方やポイントは分かったものの、具体的にどこに依頼すれば良いのか分からないという方のために、3社おすすめの制作会社を紹介しておきます。

ランディングページはアクセス解析やSEO対策などにも密接に関わるため、細かな作り込みが必要不可欠です。基本構成やポイントをクリアしていたとしても、必ずしも検索上位を獲得したり、アクセス数が爆発的に増えたりといったことは稀です。ランディングページの作り方を把握するだけではなく、豊富な実績のある制作会社に依頼することでアクセス数上位を狙うことも可能になります。紹介する制作会社は、どこも豊富な実績を積み上げているのでぜひ参考にしてください。

5-1.株式会社スターラボ

コンサルティングからwebサイト制作、ブランディングなどをワンストップで提供しているのがスターラボです。ランディングページの立ち上げ自体が初めてで作り方が分からないという企業はもちろんですが、これまで運用してきたランディングページをブラッシュアップしたいといった企業にもおすすめです。

スターラボは20代、30代を中心とした若い力が結集した会社で、クリエイティブな発想が求められるITの世界において、存在感を増しています。また、先進的技術をいち早く採用し、これまでに手がけてきたwebサイト制作は数百以上にのぼります。ランディングページ制作においても、これまでに積み重ねてきた経験と事例をもとに、売上げアップに貢献しています。

ちなみに、現在すでにランディングページを運用していたり、自社のホームページがあってこれからランディングページのみを開発する予定の方には、検索流入数をはじめとしたアクセス解析から丁寧にサポートすることも可能です。他にも近年話題のソーシャルマーケティングなど、webサイト構築・運営に関わることであれば何でも気軽に相談できます。

5-2.株式会社エッコ

エッコは、web集客コンサルティングやホームページ制作を中心に事業を展開している企業です。ユーザーとともに課題解決を図ることを最大のコンセプトとし、細かな仕様にいたるまで徹底的にこだわり抜いたwebサイトを開発し、多くのユーザーから支持を集めています。

もちろん、通常のwebサイトだけではなく商品に特化したランディングページの作成も対応可能。webサイトを立ち上げたものの、なかなか売上げアップにつながらなかった企業も、webコンサルティングとサイト設計によって売上が倍増したという声もあり豊富な実績を誇っています。

クライアントユーザーからの要望はもちろんですが、その先にあるエンドユーザーが抱えている悩みや課題を解決するために労力は惜しまず、より高い結果を得られるようなサイト制作を行っています。これまでの枠にとらわれることなく、それぞれのクライアントユーザー、エンドユーザーにとってプラスになるサイト設計を行えることが大きな魅力です。

5-3.有限会社フィール

フィールは、通常のwebサイト制作も行っていますが、中でもランディングページ制作の実績が豊富な企業です。自社のサービス紹介のために制作したランディングページは、公開してから半年後に検索ワードでトップを獲得。SEO対策においてビッグキーワードの上位獲得は難易度の高いものですが、そのようなビッグキーワードでも上位を狙うことが可能です。

その秘密は、独自の「ランディングページCMS」というシステムにあります。管理画面から簡単にランディングページを作成でき、ストーリーに沿って組み立てていくだけの簡単作業。細かなノウハウが必要とされるランディングページも、提供するシステムを活用すれば簡単に作成が可能です。

また、構築作業や運営におけるサポートにおいても対応可能。webに関するスキルがなく、構築や運用が不安だというユーザーであっても安心して任せられます。社内にシステムを展開するにあたっても、動画でのマニュアルが完備されているため引き継ぎも簡単です。操作が分からない場合は、メールによるサポートも行っています。

6.まとめ

webマーケティングに欠かせないランディングページ。インターネットが発達した現代において、ランディングページは商品の売上に直結するものといえるでしょう。

ランディングページの作り方にはさまざまなポイントがありますが、作り方の根本には従来の営業や販売と同様に、ユーザーに寄り添うことが必要不可欠です。今回お伝えしたランディングページの基本構成やポイントなどは作り方のもっとも基本的な部分ではありますが、より検索上位を狙ったり集客を上げるには、やはりweb集客のプロに依頼するのがベストです。

今回紹介した制作会社以外にも、さまざまな企業があります。アイミツでは、あなたの要望にあわせて最適な制作会社を紹介することが可能です。売り上げアップのためにも、お気軽にお問い合わせください

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
ホームページ制作会社が
最短翌日までにそろう