助成金活用してホームページ制作を依頼できるおすすめ3社

ノートパソコンやコーヒー、家の模型、辞書

更新日:2017年09月15日 | 公開日:2016年11月05日

新たにホームページ制作を行う場合際やリニューアルするの際に、どうしても費用がかかってしまいます。
しかし、このようなストを抑える手助けをしてくれるのが「補助金」や「助成金」です。
これらは各自治体などが行なってより、通常よりもコストを抑えてホームページ制作ができるようになります。

HP制作をバックアップしてくれるうれしいシステム

助成金や補助金は、HP制作費用に対してその一部を補助・助成してくれる制度です。
そしてなによりも最大のメリットは、制作費としてお金を借りるわけではないので、返済する必要がないという点です。

この助成金や補助金は、その目的や規模、管轄組織、などによって内容や呼び名が異なります。
例えば東京都豊島区では、企業のPRや販路拡大を目的としたホームページを、新規で作成する区内中小企業者に対し、その経費の一部を補助する「ホームページ作成支援」という形で申請受付を行っています。

こうした制度をうまく活用するとコスト削減もつながりますので、まずは会社を登記している地域にある自治体のサイトなどで情報収集をしてみるといいかもしれません。

下記に助成金を利用して制作を依頼したいおすすめの3業者をご紹介ししておきます。

1.有限会社ネオインデックス

最新のトレンドを生かしたWebデザインから、システム開発、マーケティング、アフターサポートまで、シームレスな社内一貫体制を整えお客様にご満足いただける最高品質と、Webサイト公開後のアフターサポートを実現しています。

2.株式会社アンアンドアン

いい案(アン)が、たくさん出せるように…そんな思いから生まれたWeb制作を主力としている企業です。
中小から大手企業まで多彩で幅広い制作実績があります。
お客様がユーザーに伝えたいことを的確に伝えられる、そんなコンテンツづくりを心がけています。

3.株式会社プロフェッサ

システム開発とWebサイト制作全般の2軸を主力にサービス展開している企業です。
トップページでは「Webサイト制作・システム開発で本当に売上を上げたいならまず最初に声をかける制作会社」と謳っているだけあり、取引実績でも大手企業が名を連ねています。

【まとめ】信頼できる業者探しがもっと楽にできるアイミツ

いかがでしたでしょうか。
「よし、うちの会社の助成金を利用してサイトのリニューアルをしよう!」
そう思われた方は「アイミツ」をぜひご利用ください。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」は、お客様に最適なHP制作業者を厳選してご紹介しています。

新規の制作やリニューアルなどに関する疑問や質問にはWeb業界に精通したコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでもお気軽に相談してみてください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ