コーポレーションサイトをリニューアル!集客力UPするために相談したい制作会社3選!

上昇するグラフと社員のシルエット

更新日:2017年09月30日 | 公開日:2016年04月29日

コーポレートサイトをリニューアルするチャンスとリスクとは?

ディスプレイを見ながら確認する社員達

コーポレートサイトのリニューアルには、どういったチャンスとリスクがあるのでしょうか。

チャンスとしては
・サイトを利用するユーザ―が増える可能性がある
・SEOの観点でよりよりサイトになる可能性がある
という点があげられます。
 
サイトのデザインを変更して全体を見やすくしたり、コンテンツを増やしたりすることで、その情報を求めていたユーザーが多く現れます。
また、最新のSEO動向を踏まえてサイトの内部構造を変えることによって、検索サイトからの訪問者が増えることが見込めます。

どちらも、サイトが多くのユーザーの目に触れることに繋がります。

ただし! 明確な理由が無いままにリニューアルすると、ユーザーにとって使いづらいサイトになることも。

リニューアルしたにもかかわらずユーザーにとって「使いづらいサイト」となってしまうと、掛かったコストが無駄になるだけではなく、以前よりもユーザーが減るということにもなりえます。
これが、リニューアルに際して誰もが悩むリスクです。

コーポレートサイトをリニューアルする際に相談したい制作会社3選!

では、ここで本題に移りたいと思います。
コーポ―レートサイトをリニューアルする際に相談したい制作会社3選をご紹介いたします。

1.株式会社アイフラッグ

株式会社アイフラッグの公式サイト

株式会社アイフラッグは、コーポレートサイトに関する様々なサービス提供を行っています。
ホームページの企画・構築・保守・運営のサポートもしてくれる上に、全国対応となっておりますのでとても安心できます。

総制作実績数は2万社を超え、製造業・建設関連・学校法人のホームページ作成が多いのも魅力です。

株式会社アイフラッグ紹介ページはコチラ

2.株式会社いえらぶGROUP

株式会社いえらぶGROUPの公式サイト

もし不動産業を行っているのであれば「株式会社いえらぶGROUP」をおすすめ致します。
低価格で短納期なので、早めにコーポレートサイトをリニューアルしたい場合は、迅速に対応してくれそうです。
全国対応も可能なので、相談をしやすいのもありがたいところ。

大東建託や野村不動産パートナーズなど大手不動産関連会社のサイト制作実績もあるため、とても信頼出来る制作会社です。

株式会社いえらぶGROUP紹介ページはコチラ

3.有限会社フリーストコミュニケーションズ

有限会社フリーストコミュニケーションズの公式サイト

「有限会社フリーストコミュニケーションズ」はコーポレートサイト、スマホ・モバイルサイトを得意とする制作会社です。
キリン、JCB、日清食品などのコーポレートサイトをはじめ、各種制作物作成の実績がございます。

またコーポレートサイトの制作以外にも、様々な営業活動のお手伝いもしている会社です。
コーポレートサイトのリニューアル相談もしつつ業務スタイルも変更される場合には、是非とも一度相談したい制作会社です。

有限会社フリーストコミュニケーションズ紹介ページはコチラ

【まとめ】コーポレートサイトのリニューアルをお考えの方はご相談ください!

いかがでしたでしょうか。

最近では、コーポレートサイトを単にリニューアルすることはなく、新しい経営方針や様々なサービス提供と歩調を揃えて刷新することが当然となってきています。
ひとつの制作会社が、戦略面でのお手伝いもしていただけるのはとても魅力的です。

「お金をかけたのに、むしろユーザーが減ってしまった!」ということだけは避けたいものです。
制作案件の規模や数に自信のある制作会社なら、集客力の高いコーポレートサイトを適切な価格でリニューアルしてくれることでしょう。
リニューアルの際には、ぜひ上記3社を検討してみてください。

とはいえ、会社の規模や事業の状況に応じた制作会社を見つけるのは難しいもの。
日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』なら、専門知識を持ったコンシェルジュがコーポレートサイトのリニューアルに最適な制作会社を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽に問い合わせてみることからはじめてみましょう。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ