WordPressで制作したサイトの引っ越し作業を任せられる安心の業者

パソコンを操作している人

更新日:2017年09月14日 | 公開日:2016年11月05日

WordPressで制作したサイトを別のサーバーへ移行、つまり「引越し」をする際はデータを新たに契約するサーバーへ移し替える必要があります。
主な方法としてはプラグインを利用するもの、データベース情報を移行する方法があります。

引越しには2種類の方法がある

WordPressのデータを移行するには、大きく分けると2種類の方法があります。

ひとつめはWordPress用のプラグインである「BackWPup」を使ってバックアップしたデータを丸ごと新しいサーバーで復活させる方法。

ふたつめはXMLファイル使用してデータベースの情報をテキスト化したものを移行先のデータベースにエクスポートするというものです。
XMLとはExtensibleMarkupLanguageの略で、テキストファイルなので、OSの種類や特定のソフトに依存することもなく、インターネットに公開すれば、どこからでも参照することが可能です。

以上のよう方法で個人でもWordPressのデータを移行することはできます。
しかし、移動の際にデータが壊れてしまったり、消えたりしないかどうかといった心配もあります。
HP制作の業者であれば自分で行うよりも安全かつ確実にWordPressデータの引越しを行ってくれますし、自分で行う手間も考えると依頼した方がいい気もしますがいかがでしょうか。

ということで、下記にWordPressデータの引越しを引き受けてくれる3社をご紹介しますので、ご覧ください。

株式会社ジーティーアイ

福岡県福岡市で営業しているWordPressによるホームページの企画、制作から更新、移行作業などを受注している企業です。
新規サイト制作・ワードプレス化プラン・サーバー移転といったそれぞれのプランの料金も明確にされていますので安心してまかせることができます。

ウェブスタイル株式会社

千葉県千葉市にあるWeb制作、システム開発、インターネット関連業務などを手掛けている企業です。
すでにホームページを持っていて積極的にコンテンツ更新とSEOをしていきたいとお考えている企業に対してリニューアルプランを提案。
気軽にさまざまな相談が可能です。

株式会社エンクリエイト

Webデザインからコーディング、CMS構築、更新・管理、ウェブマーケティング、ウェブプロモーション、ブランディング、さらには店舗へのクレジットカード決済端末の導入支援業務なども行っている企業です。移行作業も。
お客様の希望の新サーバーへの移行作業を代行するサービスも行っています。

【まとめ】WordPressデータの引越しを頼みたい方は

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」には、ホームページ制作を主力とした多彩な業者が数多く登録されており、WordPressデータの引越しも気楽に受けてもらえる業者をご紹介することが可能です。

お客様の予算や希望などを専門のコンシェルジュがお聞きして、最適な業者をピックアップいたしますので、ぜひご利用ください。

なお、費用などは一切かからない完全無料ですので、まずは気軽にご相談いただければと思います。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください