ボクシングのポータルサイト!既存サイトのここを参考にしよう

ボクシンググローブ

更新日:2017年09月22日 | 公開日:2017年07月16日

現在、日本のボクシング界は、“神の左手”を持つと言われる山中慎介選手、そして今後の日本ボクシングを背負っていくと期待されている井上尚弥選手や井岡一翔選手といった世界チャンピオン、さらにはロンドンオリンピックミドル級金メダリストからプロ転向で話題の村田涼太選手など数多くのスター選手を抱え、最盛期との呼び声も上がるほどの活況を呈しています。

世界タイトルマッチはほとんどがテレビのゴールデンタイムで放送され、試合前後もトップニュースで取り上げられるなど注目の高さも抜群です。
日本のボクシング人気は、今後も衰えることはないだろうとさえ言われています。

スポーツ新聞の一面で取り上げられることも少なくない状況ですが、競技としてのボクシングの魅力やアスリートとして選手それぞれの特徴などをしっかりと伝えるような情報メディアはまだまだ少ないのが現状です。

今後さらにファンがすそ野を広げて増えていくならば、こうした情報をしっかりと伝えるために役立つポータル型のwebサイトに対するニーズも高まっていくはずです。

この記事では、ボクシングの情報を発信するためのポータルサイトを作成するためのポイントと、参考となるサイトをご紹介します。

1. ボクシングのポータルサイトを作るには

ボクシングのトレーニングをする男性

1-1. ポータルサイトとは?

ポータルサイトとは、ユーザーがインターネットにアクセスして最初に訪れることを目的に作られたwebサイトのことを言います。

ボクシングのポータルサイトですと「最新ニュース」や「試合結果」「選手紹介」「ボクシングジム一覧」など1つのwebサイトにさまざまなコンテンツがあり、サイトを訪れたユーザーはいろいろな情報にアクセスすることができるわけです。

このようにポータルサイトが1つあるだけで情報発信の幅がかなり広がりますね。

1-2. ボクシングのポータルサイトの特徴

ボクシングをテーマにしたポータルサイトは大きく次の3つに分けることができます。

(1)総合型

ボクシングの最新試合の情報や話題のニュース、ボクシングの基礎知識などを記事や動画などを使って総合的に伝えているポータルサイトです。
ジムや団体へのリンクがまとめて掲載されていたり、検索できるサイトもあります。

(2)ジム・団体型

ボクシングジムや団体が直接運営しているポータルサイトです。
所属選手の最新情報やジム・団体の特徴などを中心に、ボクシング界の最新ニュースや今後の予定などを伝えているサイトもあります。

(3)ファン型

ボクシングファンが個人で運営しているポータルサイトです。
独自で作っているだけに通常ではあまり見られないような個性的なコンテンツを扱っているサイトもあります。
ボクシング好きなファンが集まって、ファン同士で交流できるサイトです。

2. 参考にしたいボクシングのポータルサイト

2-1 総合型

(1)ボクシング動画配信局

医療やスポーツ、求人などのホームページ製作をしている有限会社セブンセカンズによって運営されているボクシング情報総合サイトです。

海外の最新ボクシング情報を中心に配信しています。
階級別と国別で記事を検索することができ、アメリカや中南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど扱っている国は多岐にわたっているので、海外のボクシングファンにとっても十分に満足できる情報量とサイト構成になっています。

(2)ボクシングJP

ボクサーとボクシングファンを第一に考えるスタンスでの運営をモットーに、最新のボクシングニュースや国内と海外の最新試合などを伝える記事・コラム・ブログを更新順に掲載しているのが大きな特徴です。
このなかには、さまざまなボクシングジムの会長や選手、トレーナーなどインサイドの関係者が書いているものも多数含まれており、コアな情報を知りたいボクシングファンにとっては大変貴重な情報源となるでしょう。

国内・海外の試合予定やテレビの放送予定を掲載しているほか、北海道から九州まで日本全国の主要なボクシングジムを掲載しており、リンクも貼っているので興味のあるジムをチェックすることができます。

(3)ネットでボクシング

ネットでボクシングの基本を学びながらトレーニングや筋トレなどを行うことで、健康な生活を送っていただきたいという想いをモットーに2001年6月から運営されているボクシングトレーニング実践サイトです。

メニューは「基礎知識」「トレーニング」「筋トレ」「栄養管理」「情報」の5つのカテゴリに分かれています。
「基礎知識」から「栄養管理」までのカテゴリはボクシングトレーニングを健康的な体づくりに活かすための実践的な情報を、「情報」のカテゴリではジムの入会方法や試合観戦に役立つ情報を掲載しています。
ジャブやストレート、フック、アッパーなどのボクシングのテクニック、さらにはパンチングボールやサンドバッグ、「ロープスキッピング」というボクシングのトレーニングで必ず目にする縄跳びなどを実践できるように分かりやすくイラストを使って紹介しています。

質問掲示板やアンケート一覧など困ったときにしっかりとフィードバックしてくれるのは、ユーザーにとっては大変心強いですね。

2-2 ジム・団体型

(1)一般財団法人日本ボクシングコミッション(JBC)

日本のプロボクシングを統括している一般財団法人日本ボクシングコミッション(JBC)の公式webサイトです。

サイトでは、日本各地で行われているプロ大会の日程や試合結果、最新ランキング、全国ジム一覧、ボクシングライセンスの更新手続きなどの情報を提供しています。
なかでも、「ボクシングを知ろう!」のコーナーでは、ボクシングの歴史や基礎知識、プロボクシングにまつわる「あるある」が分かるQ&Aが掲載されており、ボクシングファンなら必ずチェックをしておきたいwebサイトです。

(2)一般社団法人ボクシング連盟(JABF)

日本のアマチュアボクシングを統括している一般社団法人ボクシング連盟(JABF)の公式webサイトです。

webサイトでは、日本や海外で行われているアマチュア大会の日程や試合結果、最新ランキングなどを掲載しています。
また、アマチュアボクシングにまつわる最新情報は、公式ブログの記事やコラムなどでも詳しく紹介しています。

(3)TEIKEN.COM

「TEIKEN.COM」のサイト
出典TEIKEN.COM

WBC世界バンタム級王者の山中慎介選手や3階級制覇を果たしたWBC世界ライト級チャンピオンのホルヘ・リナレス選手が所属する「帝拳ジム」の公式webサイトです。
このほか、プロモーション選手としてロンドンオリンピックミドル級の金メダリストでプロ転向した村田涼太選手も所属しています。

webサイトでは、帝拳所属の選手の最新情報を中心に掲載しています。
国内の試合だけではなく、海外で注目されている対戦カードや試合のテレビスケジュールなども定期的に更新されています。

現役の世界チャンピオンを擁し、東洋太平洋チャンピオンや日本チャンピオンも数多く輩出している世界でも有数な名門ジムなだけにボクシングファンなら一度は目を通しておきたいサイトの1つですね。

2-3 ファン型

(1)ボクシング情報まとめⅡ

「背景を知れば、ボクシングがより楽しめる!」をモットーに、ボクシングファン歴25年以上という管理人が運営するボクシングファンのための情報サイトです。

最新試合の勝敗予想や試合結果、テレビの放送予定などが掲載されています。
注目試合の戦況をラウンドごとに解説し、試合後の両選手のコメントまで細かく掲載しているサイトは他にはなく、まさにボクシング好きをも唸らせる作りになっています。

また、注目試合の分析や勝敗予想についてはアンケートや投票でボクシング好きなユーザーも積極的に参加できるようになっています。

(2)ボクシング in44y

ボクシングファンの個人が運営している情報サイトです。
記事は1日2回更新され、新着記事は2-1の総合型で紹介をした「boxing.jp」の新着コーナーにも反映されるような作りになっています。

海外のボクシングを中心に最新試合や結果レポート、チケット情報などを紹介しており、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを使った定期的な情報発信もおこなっています。

3. まとめ

ボクシンググローブ

この記事では、ボクシングの情報発信型のポータルサイトを作成するためのポイントと参考となるサイトをご紹介しました。

今あるボクシングの情報ポータルサイトは、「2. 参考にしたいボクシング情報ポータルサイト」でも解説した「2-1.総合型」や「2-3.ファン型」などのように主に個人によって作成・運営されているサイトが中心ですが、数そのものは決して多くないというのが現状です。

今後もさらなる人気が予想されるボクシングなだけに、しっかりと情報発信ができるポータルサイトに対するニーズはあるはずです。

新たにボクシングのポータルサイトを立ち上げる際のポイントとしては、ボクシングについて総合的に情報発信をしたいのか、それともジャンルを絞って情報発信をしたいのか決めることです。
そのポイントさえはっきりしていれば、ポータルサイト自体作っていくのはそんなに難しいことではありません。
サイトで提供する情報や構成などを決めるにあたっては、ポータルサイトではありませんが、スポーツ総合誌やテレビ局のサイトが扱ってるボクシング情報もチェックするといいでしょう。
スポーツノンフィクション的に深掘りした記事や写真・動画をを効果的に使ったコンテンツのつくり方などが参考になるはずです。

もしあなたが「新しくポータルサイトを起ち上げたいが作る時間がない」、「イメージに合ったポータルサイト作りの相談に乗ってもらえる業者が知りたい」という場合は、ぜひ日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」までお気軽にご相談ください!

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください