簡単にホームページが作れちゃう!? 人気のホームページ作成ツール10選

更新日:2017年06月15日 | 公開日:2017年06月15日

人気のホームページ作成ツール10選

今や知りたい情報は、インターネットを使って検索することが当たり前になっています。
あなたの会社のことを知りたいと思って検索した際にホームページが見つからなかったら、多くの人はあなたの会社に対する興味を失ってしまうでしょう。
言わばホームページは会社の顔であり、法人・個人を問わずビジネスのためには不可欠なものとなっています。

しかしながら「ホームページの作り方がわからない」「専門的な知識はないし、面倒な作業は苦手」といった理由から、まだホームページを持っていない事業者の方も少なくないと思います。

昨今は、専門知識を持っていなくても簡単にホームページを作成できる方法がいくつもあります。
ホームページ作成は決して高いハードルではないのです。

この記事ではプログラミングやwebの専門知識がなくても手軽に使える「ホームページ作成ツール」の特徴などをわかりやすく説明するとともに、おすすめの作成ツールをご紹介します。

1. ホームページ作成ツールとは

ホームページの作成と言うと、デザイナーやプログラマーなどWebの専門知識を持っている人がもくもくとパソコンに向かい、作りあげるというのが一般的なイメージかもしれません。
実際、かつては自分でホームページを作ろうと思ったら、HTMLやCSSといったプログラミング言語を勉強して、試行錯誤を繰り返す必要がありました。

しかし、ホームページを作るのに必要な機能をパッケージ化したツールとしてまとたホームページ作成ツールが登場したことによって、webなどの専門知識がなくても、画面の表示に従って操作すれば簡単にホームページが作れるようになったのです。
今やパソコンだけでなくスマートフォンで利用できるアプリも用意されています。

このように説明すると、簡単な機能に限定された初心者向けのものと思われるかもしれませんが、プロも使うような本格的な機能を備えたものまであり、価格面でも無料から高額なものまでさまざまです。

それでは、ホームページ作成ツールの特徴について具体的に見ていきましょう。

【特徴1】専門知識がなくてもホームページの作成ができる

最も大きな特徴は、言うまでもなく専門知識がなくてもホームページが作成できることです。
パソコンでオフィスソフトを使った作業やweb検索ができる人であれば、あらかじめ用意されているテンプレートやレイアウトを使い、簡単なマウスとキーボードの操作のみで十分なクオリティのホームページを作成することができます。

また、多くのホームページ作成ツールはソフトの購入やパソコンへのインストールも必要ではなく、インターネットに接続したブラウザ上で利用できるようになっています。

【特徴2】サーバーを準備する必要がない

ホームページを公開するには、ネットワーク上で他のコンピューターにファイルやデータなどを提供するためのコンピューターが必要です。このコンピューターは「サーバー」と呼ばれるものです。

無料のホームページ作成ツールには、サーバー事業者が機能(サービス)の一環として提供しているものが少なくありません。
また、作成ツールの提供をメインのサービスとしているものでも、ほとんどが付随サービスとしてサーバーを提供しています。

したがって、ほとんどの場合ホームページ作成ツールを利用することで、自分でサーバーを手配する手間と時間を省くことができます。

このような利点を持つホームページ作成ツールですが、「いざ使ってみよう」と思うと、種類が多すぎて選択に頭を悩ましている方もいることでしょう。
次の項目では、サーバーも無料で利用でき、ホームページ公開まで手間暇いらずの人気のホームページ作成ツールをご紹介します。

2. 人気のホームページ作成ツール10選

1. Jimdo

出典Jimdo

ドイツ発の制作サービスですが、日本語版もリリースされているため多くの人がJimdoでホームページの制作を行っています。
無料版の「JimdoFree」でも豊富なテンプレートから好みに合わせたデザインのホームページを作成することができます。
有料版「JimdoPro」に月額945円でアップグレードすると、独自ドメイン利用や広告非表示、スマートフォン最適化が可能となるほか、アクセス解析やSEOなどのサービスも提供されます。

2. WIX

出典WIX

WIXは世界中で数千万人が利用しているホームページ作成ツールです。
無料版でも多彩なテンプレートを使用でき、ページ数は無制限となっています。
またホスティング(サーバーの運用・管理)も無料で組み込まれています。
有料プランは複数ありますが、ビジネスや企業サイト向けの無制限プランは月額1,266円で、独自ドメインでの接続が可能になったり、WIXの広告を削除できます。

3. Zoho Sites

出典Zoho Sites

Zoho Sitesは、アメリカのカリフォルニア州に本社があり、英語サイトしかないため、英語が苦手な方は少し使いづらいかもしれません。
無料プランでも有料プランでも、サーバーは容量無制限で使うことができます。
動的コンテンツやフォームを設置できる数が無料プランと有料プランの主な違いになります。
月額5ドルから有料プランへのアップグレードが可能です。

4. FC2ホームページ

FC2ホームページは、無料版か月額300円の有料版プランの2つのどちらかを選択しホームページを作成することができます。
無料版と有料版で大きく異なるのは容量などサーバーに関する部分で、他の機能はどちらでも同じように使うことができます。
またFC2アクセス解析に登録することで、アクセス解析の確認ができ、アクセス数アップのための分析を行うことができます。

5. WEBCROW

出典WEBCROW

WEBCROWは、無料版でも広告表示がなく、独自ドメインに対応しているため、コーポレートサイト運営にも適しています。
有料版のウェブクロウプラスは、初期費用1,000円と月額126円で利用でき、サーバー容量が10GBとなるほか、メールアドレスの作成が可能になります。
ユーザーにとって親切な2週間の無料お試し期間も設けられています。

6. Weeblly

出典Weeblly

Weeblyは、アメリカのサンフランシスコを拠点としている企業のサービスですが、日本語対応しているため操作上の問題はありません。
無料版でも独自ドメインを使用でき最大10サイトまで作成可能です。
有料版は、月額8ドルから利用でき、サイトのタイトル名の横のアイコンであるファビコンを追加できたり、ページの下部にあたるフッターをカスタマイズすることができるようになります。

7. Strikingly

出典Strikingly

Strikinglyは、無料版でも無制限で複数のサイトを作成できるのが大きな特徴です。
ネットショッピの機能も付いていますが、無料版では商品を1つ、有料版でも5つまでしか登録できないので、あくまでもテスト的な利用ができるレベルと考えたほうがいいでしょう。
1年プラン、2年プランといった形で、年額プランに申し込むと無料で独自ドメインを使用することができるようになります。

8. Yahoo!ジオシティーズ

Yahoo!oジオティーズは、ジオクリエイターというツールを使い、画像を配置したり、文字を入力するだけの簡単な操作でホームページを作ることができます。
月額500円のジオプラスにアップグレードすると、お店の情報を入力し、デザインを選択するだけで簡単に店舗のストアページを作成することができるMyStoreというサービスを利用することができます。

9. BASE

出典BASE

BASEはネットショップサービスがメインのサービスで、月額費用・初期費用ともに基本的に無料のホームページ作成ツールです。
ただし、ネットショップの売上高に対して決済手数料が発生します。
「BASEかんたん決済サービス」というサービスで、クレジット・コンビニ・銀行振込での支払いを選ぶと売上金額の「3.6%」+40円、後払決済を選ぶと売上金額の「6%」の費用がかかります。

10. Webnode

出典Webnode

Webnodeは、無料版でも広告表示なしというのが特徴で、世界で2,700万人のユーザーが利用しており、日本語でのサービスも提供されています。
無料で使える画像や動画が用意されており、テンプレートのクオリティも高く、デザインの知識がなくてもおしゃれなホームページを作ることができます。
有料版は、月額629円から申し込むことができ、独自ドメインでの接続ができたり、アクセス解析を確認することができるようになっています。

3. ホームページ作成ツールを使う上での注意点

無料で専門知識がなくてもホームページを作成できるホームページ作成ツールですが、使う上での注意点もあります。
しっかり頭に入れてから、ホームページの作成に取りかかりましょう。

【注意点1】オリジナリティが出しづらい

ホームページ作成ツールは、あらかじめ用意されたテンプレートの中から、デザインやレイアウトを選択するため、オリジナリティが出しにくい面があります。

オリジナリティを重視するならば、できるだけテンプレートが豊富な作成ツールを選ぶようにしましょう。

【注意点2】提供ツールの広告が表示されることがある

無料作成ツールの多くは、使用したツールの広告がページ内に表示されます。
もちろん広告が表示されても情報を発信することは十分にできます。
しかしながら自社の事業と関係のない広告が表示されることで、本来見て欲しい情報を見てもらえず、ホームページを持った狙いが達成されない可能性が出てきます。

無料版でも広告が表示されないツールもありますし、オプションで広告表示をなくすことができるサービスのあるツールもあるので、ツールの内容をチェックしてから作成に取りかかりましょう。

【まとめ】無料作成ツールを使う前には「用途」と「できること」の見極めを

無料ホームページ作成ツールは手軽に使えることもあって数多くの人が利用しています。
ただし、会社のホームページを作成するならば、広告表示やサーバーの容量制限、独自ドメインが使えないといったことがマイナス要因にならないかどうかを十分に見極める必要があります。

また、一定の機能は備えているとはいえデザインや操作性などについて思い描いたとおりのホームページを作成するのは容易なことではありません。
個人的なものであればともかく、会社のホームページであれば作業時間(人件費)も含めた費用対効果をちゃんと考える必要があります。

「無料は魅力だけど、やっぱりプロが作ったよりクオリティの高いホームページにしたい」とお考えならば、「アイミツ」まで一度お問い合わせください。
経験豊富なコンシェルジュがあなたのご要望に沿った、優れたホームページ制作会社をご紹介します。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください