中小企業向けホームページ制作会社、おすすめの4社を徹底比較

英語の文章

更新日:2017年10月13日 | 公開日:2015年03月05日

最近では「資本金が1000万円未満の中小企業」でもホームページ開設率は7割ほどに上昇しています。
また、中小企業白書のコラム「小規模事業者の自社ホームページの開設の有無と販売先数の変化」によると、ホームページを開設すると、客数が「やや増加した:34.1%」、「大幅に増加した:3.7%」と着実にホームページ開設効果が出ているのです。

効果が上がり始めている中小企業はその流れを確実にするチャンスですし、残念ながら効果が実感できない企業は、自社のホームページはライバルと比較してどこが違うのかを、専門家の意見を聞きながら検証することが大切だといえるでしょう。
今回は、経験や実績が豊富なホームページ制作会社4社を徹底比較します。

ベストアイティ

エヌ・ジェイ出版

ホームページプレミアム

ジーニアスウェブ

ホームページ制作会社「ジーニアスウェブ」のスタンスはずばり「中小企業の相棒」。
利益の上がるホームページにとことんこだわる姿勢は1400件の実績に現れています。

ホームページ制作会社を比較してみて

自社の目的・目標を語れない管理職の人はいないでしょう。
しかし、自社のホームページの目的を明確に語れる人は意外と少ないものです。
そして、これは担当者のあなたの責任というだけでなく、経営陣や最前線の営業部隊も同様に答えられないことにこそ課題があるのです。

「ホームページを持っていないからただ導入する」「他社がこうやって新規顧客を開拓したらしいから自社もまねしてやってみる」
この時代はすでに終わりました。
ホームページ制作会社に依頼する前に、自社がホームページを持つ意味をもう一度考えましょう。
それができてから、今あるホームページを改善したり新規のホームページを立ち上げたりするべきです。
ところがそれは、それほど簡単なことではありません。
悩んでしまったあなたには、今あなたにとって一番必要な「コンサルティング型のホームページ制作」を得意とするホームページ制作会社「ジーニアスウェブ」をおすすめします。

自社がホームページで何をやりたいのか、どうすればできるのかを、経営陣や営業部員とともに徹底的に考えるところからぜひ始めてみましょう!
迷った時は、ここで比較したホームページ制作会社なら手助けをしてくれるはずですよ。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

このテーマに関連する優良会社