ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

WordPressサイトは自作よりプロ制作の方が安い?大阪でおすすめの業者9選【2020年最新版】

これまでホームページを自作するためには「HTML」や「CSS」といった専門知識が必須であり、そのためにプログラミングを学ぶことが当たり前とされていました。もちろん現在でもホームページ制作に専門知識が必要なのは変わりませんが、誰でも簡単にブログ感覚でホームページが更新できるCMS(Contents Management System)の普及により、必須条件ではなくなりつつあります。

数あるCMSのなかでその代表とされているのが「WordPress(ワードプレス)」です。ブログからコーポレートサイトまでさまざまな規模のホームページに対応できる柔軟性と比較的高い自由度を持つ上に、専門知識がなくともホームページ制作が叶うケースもあることから、コストダウンを目的にWordPressを活用してホームページを制作する法人・個人事業主も少なくありません。

しかし、WordPressでホームページを自作することでコストダウンが実現するのでしょうか。比較的簡単にwebサイトが構築できる一方でデザインはテンプレートがベースのため、オリジナルデザインのホームページを制作するためにはプログラミングの知識にくわえて、サーバの構築・設定に関する知識もある程度は必要です。webの専門知識を持たない個人がWordPressでWebサイトを構築するには、知識とノウハウを学ぶ時間と手間、そのための費用が必要となります。

そこで本記事では、WordPressでホームページを自作する場合とホームページ制作会社に依頼した場合の費用を比較し、プロに依頼した方が安心な理由を解説するとともに、WordPressでのwebサイト構築が得意な大阪周辺のホームページ制作会社を目的別に紹介していきます。

目次

WordPressサイトとは?

WordPressサイトとは、CMS(コンテンツ管理システム)のひとつである、WordPressを利用して構築されたホームページのことです。「CMSとはなにか」「WordPressとはどのようなCMSなのか」を簡単に解説していきましょう。

WordPressは世界で一番使われている無料CMS

WordPressは、世界中のホームページの約25〜30%が利用しているといわれるオープンソース(無償)CMSです。数あるCMSのなかでも約60%のシェアを誇るWordPressは、世界一利用されているCMSだといえるでしょう。

CMSはContents Management Systemの略称で、文字どおりWebコンテンツを管理するためのシステムです。HTMLやCSS、サイト構造に関する知識やFTPファイルアップロードなどを必要とせず、簡単にホームページが構築できるのが特長といえます。webブラウザから管理画面にアクセスし、ブログのような感覚で誰でも簡単にwebページの編集・制作が可能です。

こうして編集・制作されたWebページは、WordPressのMySQLというデータベースに保存されますが、MySQLにはサイトの基本デザインとなるテンプレートも保存されています。ユーザーからのリクエストを受けたWordPressは、MySQLに保存されたテンプレート・編集データを組み合わせて動的にWebページを生成・表示しており、これがWordPressの大まかな仕組みです。

WordPressでは、webページの編集・制作・公開・管理だけでなく、サイトデザインを決定付けるテンプレートも編集画面だけで変更・管理することができます。そのため、webに関する専門知識がなくてもリッチなホームページ制作が実現するのです。誰でも簡単にコンテンツを制作できるため、管理者・投稿者などのユーザー権限を柔軟に設定できるのもWordPressの特長だといえるでしょう。

WordPressを使うメリット・デメリットとは?

WordPressが世界でもっとも利用されているCMSなのは、無償で使えることをはじめとした数々のメリットがあるためです。一方でメリットがあればデメリットもあるのが当然であり、WordPressもそれは例外ではありません。それぞれを具体的に解説していきます。

メリット

WordPressのメリットとして挙げられるのは、主に以下の要素です。

・Webの専門知識がなくてもコンテンツの制作・更新が可能
・複数人でWebサイトの更新・管理を分担できる
・豊富なテーマ(テンプレート)でリッチなWebサイトを構築できる
・プラグインを利用して機能拡張できる
・SEOに強い
・日本語の情報が豊富


WordPressを利用するもっとも大きなメリットは、専門知識をほとんど必要とせずにコンテンツの編集・制作が可能なこと、ホームページの管理・運営を複数人で分担できることでしょう。

有償・無償のプラグインを追加すれば、SEO対策のさらなる強化やフォーム作成にくわえて、ECサイトも構築可能です。デザインのテンプレートである「テーマ」を変更することで、簡単にリッチなホームページが構築できるなど、比較的自由度が高いのも魅力のひとつです。

圧倒的な普及率を誇る世界標準CMSであることから、有償・無償を問わず、膨大なプラグイン・テーマが公開されているのもWordPressの大きなメリットです。また、日本語の情報も豊富なため、疑問やトラブルも解消しやすいのも特長のひとつといえます。

デメリット

WordPressのデメリットとして挙げられるのは、以下の要素です。

・サーバインストール・設定にある程度の専門知識が必要
・オリジナルデザイン・カスタマイズには専門知識が必要
・セキュリティリスクが高い
・システム・プラグインのアップデートが必要


ブラウザに表示される管理画面を利用することからもわかるように、WordPressは外部サーバにシステムをインストールして利用するのが大前提です。つまり、WordPressをサーバへインストールする必要があり、設定作業も行わなければなりません。この作業はある程度の専門知識が必要です。

また、比較的高い自由度を持つWordPressですが、「テーマにはないオリジナルデザインを採用したい」「プラグインにはない機能をカスタマイズして追加したい」という場合は、WordPress自体の構造を理解した上でHTMLやCSS、PHPといった言語を駆使したプログラミングが必要です。専門知識を持たない場合、WordPressは自由度に制限があるというデメリットがあります。

もっとも普及しているCMSであるためハッカーの標的になりやすく、セキュリティリスクが高いという点もデメリットとして挙げられる大きな要素です。そのためシステムやプラグインのアップデートは避けられませんが、これらの管理・実行は基本的にユーザーに委ねられます。万一のケースを想定したバックアップも欠かせないといえるでしょう。

WordPressサイトの構築をプロに発注した方がお得な理由

前述したWordPressの特長やメリット・デメリットを踏まえた上で、WordPressサイトを自作した場合とホームページ制作会社に依頼した場合の費用を比較しながら、プロフェッショナルに依頼した方が安心な理由を解説していきます。

WordPressでWebサイトを自作するために最低限かかるコスト

WordPressでwebサイトを自作するといっても、「どのようなwebサイトをどの程度の規模で作成するか」「どのような方法で作成するか」によって、かかる費用は変動します。完全独学でWordPressを学ぶ場合に必要なのは実費のみですが、ある程度webに関する知識がなければ難しいでしょう。

webに関する専門知識を持たない人が、ある程度のカスタマイズを施しながらWordPressでホームページを自作するためには、おおよそ約16万円から17万円の費用が必要になるかもしれません。その内訳を解説していきます。

時間

webの専門知識を持たない人がWordPressでホームページを自作するためには、サーバの基本やインストール・設定方法などを学び、使い方を習得したうえで、ホームページの構築・制作に取りかからなければなりません。WordPressやサーバに関する知識の学習から習得、ホームページ構築・制作にはそれなりの時間が必要です。

教材となる書籍の内容を自分の知識にするためには数日から数週間の時間が必要で、また、スクールの講義は約100時間におよぶこともあります。仕事を持つ多忙なビジネスマンであれば、これらの時間を捻出するのは容易ではなく、学習・習得だけで数か月かかってしまうことも考えられます。

実際の費用として換算するのは困難ですが、思い描くホームページの制作までにかかる膨大な時間は、明らかな損失です。ホームページ制作会社に依頼すると最短1週間ほどで納品される場合もあるので、その時間を活用して有益なコンテンツを制作することができます。単純な費用比較はできないものの「時間」は重要な検討要素になるでしょう。

教材費

WordPress公式サイトをはじめ、WordPressに関する情報はweb上で数多く公開されています。しかし、ホームページ制作の目的がさまざまなように、公開されている情報も断片的なものが大半でWordPressの全体像を体系だてて解説するような情報は多くはありません。WordPressを学習するためには、指南書を入手することになります。

インストールから設定・基本操作まで、WordPressの基本的な内容を解説するものであれば2,000円前後、WordPressの構造解説やカスタマイズまで解説するものであれば3,000円前後が書籍の相場です。3冊ほど購入するとしても、教材費として約1万円が必要となります。

しかし、書籍で概要が理解できたとしても実際にWordPressを操作してみないことには、大きな効果は期待できません。そのため、この段階で挫折する人が多いといわれています。

セミナー、スクール費

セミナーやオンラインを含むスクールでは、WordPressを体験しながら学ぶことができます。セミナーの場合は基本的に1回限りの個別受講で費用は2万円から3万円が相場となっています。WordPressをある程度カスタマイズできるまで学びたいのであれば、スクールの活用がおすすめです。

TECH ACADEMYが不定期で開催するスクールの「WordPressコース」では、4週間集中プランが13万9,000円から提供しています。週に20〜40時間が学習時間の目安となるため、多忙なビジネスマンであれば8週間プラン、12週間プランがおすすめですが、料金はそれぞれ18万9,000円、23万9,000円と高額になります。

ただし、WordPressのカスタマイズを学べる講座ではあるものの、HTMLやCSSを習得できるわけではありません。テーマのカスタマイズはある程度可能になりますが、オリジナルデザインを使いこなすのはスクールだけでは難しいかもしれません。

ドメイン、サーバ費

WordPressでwebサイトを構築して公開するためには、外部サーバへのインストール・設定にくわえて、独自ドメインの取得が必要です。

ドメインとは、web環境での住所のような役割を果たすものであり、ユニークな英数名称と「.com」「.jp」「.net」などのトップレベルドメインを組み合わせて購入します。このドメイン購入にかかる費用は約1,000円〜2,500円程度で有効期限が1年間、毎年同額程度の更新料を支払う必要があります。

外部サーバにインストールするということは、レンタルサーバやホスティングサービスを利用する必要もあります。容量や帯域・速度に応じてさまざまなサービスがあるため一概にはいえませんが、おおよそ月額1,000円以上、年間1万2,000円程度のサービスを選択するのが無難といえるでしょう。

ドメイン・サーバの費用は、WordPressサイトの構築をホームページ制作会社に依頼する際にも必要なものですが、ホームページ制作とあわせて依頼することで保守費用が割引になるなどのサービスが適応される場合もあります。

WordPressサイトの構築を外注する際にかかる費用

WordPressサイトの構築をホームページ制作会社に依頼する場合も、どのような規模のwebサイトを構築するのかやカスタマイズやオリジナルデザインの有無、依頼するホームページ制作会社によっても費用が異なります。個別の作業ごとに料金を設定している会社もあれば、ページ数を目安に料金を設定している会社もあります。

「WordPressのインストールを含む初期設定」「トップページのデザインを含む5ページ」「問い合わせフォーム1つを追加」という標準的なWordPressサイトの構築は、約10万円から20万円が相場のようです。その内訳を解説していきましょう。

インストール、設定費

サーバへのWordPressインストール料金は、1万円から3万円ほどの料金設定が相場のようです。自作する場合のドメイン・サーバ費用の項目でも触れたように、ホームページ制作会社によってはドメイン・サーバ・インストールをセットで依頼ができるケースがあるので、よりスムーズな構築・運用が実現するといえるでしょう。単に「インストール料金がいくらか」というよりは、運用も含めてトータルで考える必要がありそうです。

インストール後の基本設定については、料金設定を設けている会社とそうでない会社があります。設定費がある場合はインストール料金と近い料金設定が多いようですが、ディレクション・設計費に含めて提供しているケースもあるようです。

テーマの設定、デザイン費

webサイトの重要な要素であるデザインについては、既存テーマ・無償テーマの利用を前提とした場合で約3万円からというのが相場のようです。有償のテーマを利用する場合は約1万円〜が加算され、オリジナルデザインを採用する場合は、デザイン費用として約4万円〜の費用が発生します。

メインのテーマをもとにした下層ページの制作は、1ページ約1〜2万円程度からというのが相場といわれています。合計すると無償テーマを利用した5ページのサイトで約7万円〜、有償テーマを利用すると約8万円〜、オリジナルデザインのテーマを依頼すると約11万円〜というのが相場感です。

ただし、写真やテキストを含めてWordPressサイト構築を制作会社に依頼する場合は、これよりも大幅に高額になると考えた方がいいでしょう。

プラグインの追加費

さまざまなwebサイトで活用されているWordPressですが、当初はブログエンジンとして開発された経緯があり、その基本機能は意外にシンプルです。そのため、世界中の開発者がWordPressの機能を拡張するプラグインを有償・無償で多数公開しています。目的に応じてプラグインを追加することで、コストを抑えながらWordPressの機能を拡張することができます。

オリジナルのWordPressの機能だけで理想のwebサイトを構築できる場合はプラグインを追加する必要はなく、費用が発生することはありません。また、制作会社に依頼する=プラグインの費用が必要になる、ということでもありません。

月額管理費

WordPressはセキュリティリスクが高いため、システムやプラグインのアップデートが必須です。これらの作業は自動化が進んではいるものの、万一のトラブルが発生する可能性も否定できません。そのためのシステムバックアップも必須といえるでしょう。

こうしたメンテナンス・保守を含めた管理を、月額管理費としてサービスメニューに用意している制作会社もあります。一般的には月額約5,000円〜3万円程度がその相場であり、セキュリティ対策が含まれる場合もあります。

もちろん、こうしたサービスを任意で提供するホームページ制作会社も多く、WordPressサイトのインストール・構築のみを請け負う場合もあるため、ニーズと考え方に応じて節約できる費用であるのも事実です。

このように比較していくと、ホームページ制作会社にWordPressサイト構築を依頼するのが決して高額ではないことがわかります。自作しようと奮闘して時間を浪費することを考えれば、生産性に大きな違いがあるのは明らかであり、保守を含めればセキュリティ面でも安心です。

「数多くのWordPressサイトを構築したい」「WordPressを習得して事業に活用したい」と考える人以外は、ホームページ制作会社に依頼するほうが安心・格安にWordPressサイト構築が実現するといえるでしょう。

安価に依頼できる大阪のWordPress制作業者3選

さまざまなWeb制作会社があるなか、WordPressサイトに強みを発揮するのはどこなのか?大阪周辺でWordPressサイト構築を提供する、おすすめのホームページ制作会社を紹介していきましょう。

1.株式会社キャリアリープ

「株式会社キャリアループ」は、大阪府大阪市に本社を置くホームページ制作会社です。WordPressサイトを格安で構築しているのが特長です。レスポンシブデザインに対応し、トップページを含めた5ページ、問い合わせフォーム設置で4万円から依頼することができます。

顧客がスタンダードテンプレートをあらかじめ選択してからオーダーする合理性の高さによって、低価格でのサービス提供を実現しています。ページ追加、ロゴ・バナー制作、スライドショー設置、予約システム設置などのオプションも充実しているほか、オリジナルデザインも安価で依頼が可能です。

また、Welcartプラグインを利用したWordPressベースのECサイトにも対応しており、こちらも5万円からと格安で依頼することができます。

詳細情報
  • 費用感:WordPressサイト構築 4万円〜
  • 設立年:2006年
  • 会社所在地:大阪市淀川区東三国6

2.エッグデザインオフィス

「エッグデザインオフィス」は、大阪府大阪市に拠点を置く、大阪の中小企業に特化したWeb相談事務所です。WordPressサイトをベースにしたホームページ制作を中心に手がけているほか、大阪の中小企業を活性化させるためのwebサポートも提供しています。また、チラシ・ポスターなどの販促物、名刺などの制作にも対応しています。

ホームページ制作は、WordPressをベースに制作する3種類のプランから選ぶことができます。8ページの制作に10枚の画像加工が付属したテンプレートプランが15万円とリーズナブルな料金設定です。オリジナルデザインを含むスタンダードプラン(24万円)、プレミアムプラン(39万円)も用意されています。

お客様ごとのニーズにあわせたオプションも豊富に用意されているほか、ドメイン・サーバ取得・管理の代行可能です。

詳細情報
  • 費用感:15万円〜
  • 設立年:2008年
  • 会社所在地:大阪市天王寺区上汐3-8-10 吉田ビル303号

3.ピーバイエス株式会社

「ピーバイエス株式会社」は、大阪府大阪市に本社を置き、東京都港区にもオフィスを持つホームページ制作会社です。スマートフォン対応のwebサイトデザインを事業の中心に、webコンサルティングやインターネット広告、SEO対策、Webを効果的に使うためのPOP、チラシ、フライヤー制作までを手がけています。

とことん品質にこだわり、お客様の業績向上に貢献するwebサイト構築を強みとしています。人的資源を効果的に活用するためにも、お客様がwebの知識がなくても簡単にコンテンツが更新できるWordPressを活用したホームページ制作を行っています。更新のしやすさを追求して作り込まれた管理画面も特長といえます。

詳細情報
  • 費用感:要問い合わせ
  • 設立年:2010年
  • 会社所在地:大阪市中央区淡路町2-5-8船場ビルディング3階

大阪にある実績豊富なWordPress制作業者3選

幅広いwebサイト制作をカバーするWordPressだからこそ、そのホームページ制作会社の実績にもこだわりたいところです。続いて、WordPressサイト制作の豊富な実績をもつ大阪のホームページ制作会社を紹介していきます。

1.株式会社オールマネージ

「株式会社オールマネージ」は、大阪府大阪市に本社を構えるwebコンサルティング・webマーケティング・web制作会社です。スマートフォンサイトや多言語対応サイト、ECサイト構築・運営を得意とするほか、SEO対策や販売促進支援、リスティング広告出稿・運用代行など、webサイトの企画・制作から集客・売上アップ、更新代行などのアフターフォローまで、トータルなマネージメントが可能です。

フルスクラッチでのwebサイト構築はもちろん、WordPressを活用した更新しやすいwebサイト構築も強みとしています。これまでに200以上のWordPressサイトの制作実績があることからも、実力の高いホームページ制作会社であることがうかがえます。

詳細情報
  • 費用感:要問い合わせ
  • 設立年:2007年
  • 会社所在地:大阪府大阪市西区北堀江2-2-7 北堀江GATEビル5階

2.株式会社アイジス

「株式会社アイジス」は、大阪府大阪市に本社を構えるホームページ制作会社です。WordPressを活用したスタイリッシュなwebサイト構築が特長で、これまでに店舗や学校法人、ショッピングモール、医療機関、結婚式場など、さまざまな業種・業態のホームページ制作実績があります。調査・分析・企画・構成からデザイン・コーディングはもちろん、更新代行までトータルにサポートしています。

WordPressを活用した新規サイトの制作のほかにも、既存サイトへのWordPress導入、インストールのみ、デザインのみなど細かなオーダーにも対応が可能です。管理画面のカスタマイズやスマートフォンサイトとの連動、スポット修正など、困ったときに頼れるメニューが揃っているのも魅力です。

詳細情報
  • 費用感:要問い合わせ
  • 設立年:2010年
  • 会社所在地:大阪市淀川区西中島5-2-12 第10新大阪駅前・村橋ビル501

3.株式会社Rixey

「株式会社Rixey(リクシー)」は、大阪府豊中市に本社を構えるホームページ制作会社です。設立から間もないにも企業かかわらず、店舗やフィットネス、サロンなどさまざまなお客様のホームページを制作した実績があります。WordPressを活用しながらもHTMLやCSSを駆使したデザイン性を重視したWebサイト構築が特長です。

ホームページ制作は「イージープラン」「スタータープラン」「ベストスタータープラン」「ブランディングプラン」の4種のプランが用意されており、スタータープラン以上のプランがWordPressサイト構築に対応しています。トップページの画像やバナー、カスタマイズパーツなどのコンテンツ作成やアクセス解析にも対応しているほか、ドメイン・サーバ取得代行、Webサイトの更新代行も依頼可能です。

詳細情報
  • 費用感:要問い合わせ
  • 設立年:2018年
  • 会社所在地:大阪府豊中市南桜塚1-22-5 ニュートンサーカスビル1F

大阪にある集客に強いWordPress制作業者3選

企業やサービスのブランディングや集客を目的にwebサイトを制作したいという方も多いのではないでしょうか。続いては、WordPressサイト構築に対応しており、集客やコンサルティングに強みを持つホームページ制作会社を紹介していきます。

1.株式会社ユニオンネット

「株式会社ユニオンネット」は、大阪府大阪市に本社を構えるweb制作・コンサルティング・広告運営代行会社です。「中小企業が抱えるwebの課題にオーダーメイドな解決策」をポリシーに掲げ、「webからの集客を強化したい」「アクセスを伸ばしたい」「費用対効果の高いリニューアルを実現したい」などさまざまなニーズに応える戦略の実行が特長です。

しっかりとしたヒアリングにもとづき、業種タイプやニーズからオーダーメイドで戦略を立案した上でwebサイトを構築していきます。WordPressの更新機能をフル活用したオウンドメディア戦略やアクセス解析の設置によるPDCAサイクルの提案など、webサイトを構築するだけでなくさまざまな付加価値を提供しているのも魅力です。

詳細情報
  • 費用感:要問い合わせ
  • 設立年:2004年
  • 会社所在地:大阪市中央区北浜東1-22 北浜東野村ビル4F

2.株式会社スタイルクリエイツ

「株式会社スタイルクリエイツ」は、大阪府大阪市に本社を置く総合広告代理店です。webサイト・ECサイト制作のほか、本業であるメディア広告・PR業務、映像制作などのクリエイティブ業務、システム開発なども手がけています。集客やブランディングを強みとしているのが最大の特長として挙げられます。

デザイン性とユーザビリティを重視したWordPressサイト構築も強みのひとつです。webサイト制作の目的をしっかりと実現できるよう、綿密なヒアリングを行った上で戦略を立案し、内部SEO対策はもちろん、お客様側でスムーズに更新するためのスタッフ育成にも対応しています。また、WordPressを活用したECサイトの構築も可能です。

詳細情報
  • 費用感:要問い合わせ
  • 設立年:2002年
  • 会社所在地:大阪市中央区平野町1-8-8 平野町安井ビル 5F

3.株式会社アイティ総合研究所

「株式会社アイティ総合研究所」は、大阪府大阪市に本社を構えるweb制作・マーケティング会社です。特にBtoBのWebマーケティング、多言語サイト構築に強みを持ち、SEO対策ではGoogle検索結果の上位表示を獲得した経験も豊富です。

現状分析・戦略策定・企画を緻密に行うWordPressサイト構築が強みです。「業界はどこ」というような漠然としたものではなく、コンセプトを明確にした上で写真や映像、イラスト作成、取材・コピーライティングなどを実施し、ホームページを制作していきます。内部SEO対策を施し、ログ解析をもとにしたPDCAサイクルを実行していくほか、更新を含めた各種代行業務にも対応しています。

詳細情報
  • 費用感:要問い合わせ
  • 設立年:2000年
  • 会社所在地:大阪市中央区南船場2-11-13-603

【まとめ】WordPressでお得にWebサイトを制作したい方はアイミツにご相談を!

WordPressは知識の習得によって個人でもwebサイトを構築することができますが、webサイトの目的や内容によっては、ホームページ制作会社に依頼した方が費用を抑えられるケースがあり、WordPressの使用方法を学習する時間をwebサイトの成長にあてることができます。

もちろん、企業によっては外注費用が大きな負担になる場合もありますが、webサイトの目的やコンセプトを明確にし、デザインの方向性を決定したうえで入念に準備を整えることで無駄な費用を抑えることができます。

重要なことは、ニーズに応じて最適なホームページ制作会社を選定することです。たとえば、webサイトの制作目的が集客である場合は、運用面も含めてSEO対策やwebマーケティングも強みとするホームページ制作会社を選択しなければなりません。

さまざまな特長をもつ大阪のホームページ制作会社を紹介しましたが「アイミツ」には、本記事で紹介しきれなかった優良なホームページ制作会社の情報も蓄積されています。ホームページ制作会社選びやWordPressサイト構築でお悩みの方はぜひアイミツの無料相談をご利用ください。経験豊富なコンシェルジュが、最適なホームページ制作会社を提案いたします。

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

ホームページ制作会社が
最短翌日までにそろう