ホームページ制作の流れを理解して、正しい発注を行おう

説明会の模様

更新日:2017年10月04日 | 公開日:2016年04月04日

何を描こうか考えている女性

ホームページを制作するというと、ついついデザインや外見の印象を先に考えてしまいがちです。
しかし、ホームページの本来の目的はサービス・商品の宣伝ですので、伝わらなければ意味がありません。
そのため最初に行うべきは、まずターゲットや制作目的を再確認することです。

今回は、誤解されがちなホームページの企画・制作~完成までの流れを、依頼する際のフローを中心に簡単に書いていきたいと思います。

サイトのコンセプトを考える

まず、サイトの内容を決めます。もし決まっていない場合は、制作会社にヒアリングしてもらうことも可能ですが、この工程はホームページの核を決める重要な部分になるので、制作会社に丸投げせずに、最低でも以下は事前に明確に取り決めておきましょう。

Point!
● どんな人に向けてつくるのか
● どんな情報を掲載するのか
● 何が一番伝えたい内容か

サイトの構成を決める

10ページ程度の小規模なホームページであれば良いですが、30ページ以上の大規模なホームページを制作する場合は、サイトの構成を事前に明確にしておきましょう。
制作途中に仕様変更ともなれば、費用も時間も多くかかってしまうので注意が必要です。

サイトの要件定義を決めていく上でのトラブルは非常に多いです。
契約書に月額料金に定期メンテナンス費用が含まれていると書いてあったので、ひとまず作って後から修正を依頼すればよいと、要件定義を甘く作ってしまって、あとから修正依頼をしてみたら、追加費用を請求されてしまったというトラブルは決して少なくありません。

Point!
● 「とりあえず」ではなく、打ち合わせを入念にした上でホームページの制作に取りかかる

「だれが更新するのか」を決める

更新する人のITスキルによって、ホームページの管理画面も変わってきます。
ここをあまり決めずに制作を進めてしまうと、出来上がってから使いにくく管理しにくいホームページとなってしまい、後悔することになってしまう可能性が高いので、事前に取り決めておきましょう。

対応デバイスを決める

機器の種類やサイズに応じて表示内容が最適な状態に変化するよう設定されたサイトのことを「レスポンシブデザイン」といいます。
このレスポンシブデザインは、実は制作後からでは、実装することができません。
その場合は、スマートフォン用サイトを制作することになり、費用もさらにかかってしまいます。

プロモーション戦略を考える

もっと簡潔な言葉に言い換えると、SNS戦略や広告掲載のことを指します。
SNSボタンや広告掲載などもシステムの改修の一部になるので、追加費用が発生する可能性があるので、事前に考えておいたほうが得策です。

ホームページのデザインを決める

要件定義を明確にする中で、デザインが最も漠然としたもので相手に伝えにくいものになります。
「?のような感じ、雰囲気」という伝え方になると、感覚的な話になってしまい、デザイナーとのフィーリングが合わなければ、何度も修正依頼をしてもらうことになりかねません。

イメージに近いサイトを例としていくつか用意しておくと、デザイナーも意図を理解して制作に取りかかってくれる可能性が高いです。

デザイナーには、センスが合う、合わないもありますが、デザイナーの経験不足によってこちら側の意図をうまく汲み取れないということもデザインが固まらない原因の一つです。
デザインのことをよく知らない、デザインに詳しい人がいないのであれば、経験値があるデザイナーを抱えた制作会社に依頼するのが良いでしょう。

ホームページに必要な素材を準備する

制作が始まる前に、必要な素材で用意できるものは、すべて洗い出しておきましょう。
例えば、画像やフォントなど、小さなものも制作会社にすべて依頼をしてしまうと、著作権によって手軽に画像や文字が利用できなくなってしまい、あとから面倒なことになるというケースは後を絶ちません。

契約時に、画像やフォントの利用に関してはきちんと制作会社と認識をすり合わせておく必要があるでしょう。

以下に、ホームページに必要な素材の例を挙げておきましたので参考にしてみてください。

● 画像素材(バナーも含む)
● 会社のパンフレット・資料
● アクセスマップ
● ロゴ
● 原稿

【まとめ】

上にも書いたように、ホームページ制作には非常に多くの工程があります。
また、どんなホームページを制作するかによって得手不得手があるので、依頼する業者は入念に決めなければなりません。

しかし、忙しい合間にホームページをしらみつぶしに探すのは時間もかかる上に、正当な価格を提示されるとは限りません
業界の慣習や知識を理解しないと、なかなか信用できる企業と出会うのは難しいと思います。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』では、ホームページ制作に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼できるあなたの要望にぴったりの「ホームページ制作を依頼できる業者」を完全無料でご紹介することができます。
アイミツには、100万件の口コミを元に構築した5万社の企業データベースがあります。

ホームページ制作を依頼する業者をどこにすれば良いか迷っている場合は、まずはお気軽にお問い合わせください。
業界に精通したコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ