タブレットで映えるwebサイトデザインを行っている期待の3社

タブレットを見ながら確認し合う社員

更新日:2017年09月15日 | 公開日:2016年10月31日

webサイトの制作で現在の主流となっている「レスポンシブデザイン」というスタイルです。
パソコン、タブレット、スマートフォンなどのそれぞれの端末でホームページなどを閲覧する際に、自動的に画面サイズに合わせてページのレイアウトやデザイン調整してくれるものです。
これにより環境が違っても同じサイトを見ることができるのです。

需要が多いタブレットを想定したサイトデザインが主流?

レスポンシブデザインは、1つのHTMLファイルをWebページなどの書式やレイアウトなどの見栄えを記述する言語の一つであるCSSで制御することで、異なる画面サイズに合わせてページのデザインを最適化してくれるものです。

少し前まではパソコン、タブレット用、スマートフォン用と、デザインを数種類用意する必要がありましたが、レスポンシブデザインであればそうした作業も不要で、制作側の手間も減らすことができます。

昨今はタブレットが幅広い分野で使われるようになりました。
こうした状況から、タブレットでの閲覧を重視したWebサイトのデザインを行う制作業者も少なくないようです。
ここではレスポンシブデザインでWebサイト制作を行っている業者を3社ご紹介したいと思います。

1.株式会社クライマークス

Webコンサルティング、Webサイト制作、スマートフォンサイト制作、システム開発、グラフィック制作、映像制作などで最適なソリューションを提供している企業です。
タブレット、PCなどのマルチデバイスに対応する技術を用いたレスポンシブWebデザインでは、お客さま毎のメリットとデメリットを見極め、最適なWebサイトの提案を行っています。

2.Chaco-Web

「Chaco-Web」の公式サイト
出典Chaco-Web

株式会社CyberCatsが展開している格安レスポンシブデザインホームページ制作のサイトです。
低価格でありながら、Word Press、通販サイトも対応するとともに、SEOを考慮し個性的で高品質なホームページを制作。
月々の管理費も不要で、安心・個性・品質がモットーです。

3.有限会社コーラル

1991年に設立したデザイン制作を行っている企業です。
レスポンシブデザインによる制作をベースに企画、デザイン、プログラム、運営、サーバ管理まですべてを自社で行うことにより、情報漏れのない安全な体制でクオリティの高いサイト構築を提供しています。

【まとめ】タブレットを想定したサイト制作をお考えならアイミツへ!

パソコンよりも扱いやすく、スマートフォンよりも画面が大きくて見やすいタブレット。
若い世代から高齢者の方もさほど抵抗なく利用できることから、個人にはもちろん、教育施設や医療現場などでも普及しはじめています。

「タブレットでの使用を想定したサイト制作を作りたい」そうお考えの方は日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」をご利用ください。

レスポンスデザインはもちろん、さまざまなアイデアを持った頼れる制作業者も数多く登録されていますので、お客様のニーズによってお選びいただくことができます。

ご利用は完全無料! 専門のコンシェルジュがご案内していますので、ぜひ気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください