求人サイトのホームページ制作を検討している企業のための予備知識

円形テーブルを囲んで座る外国の人たち

更新日:2017年09月14日 | 公開日:2016年11月08日

求人サイトのホームページ制作を考えている場合であれば、まず最初に「総合職」か「専門職」にするのかを決める必要があります。
例えば、総合職は多彩な業種を集めたもので専門職は特定の職業に特化したものですが、どちらの場合であっても多くの情報を集め運営管理を行う必要があります。

運営するなら総合職よりも専門職の求人サイト?

会議している人

総合職を扱う求人サイトを運営するのであれば、業種の数が多くなるため膨大な情報を集めたり管理することになるため運営の際にはある程度の予算や人員が必要になります。
そうした資金力があるのであれば総合職を扱う求人サイトの開設も可能です。
また、専門職に特化した求人サイトであればその職業のみの情報に絞れるため、総合職を扱うよりは運営の難易度も多少軽くなるでしょう。

総合職の一例としては下記のようなものが挙げられます。
  • プログラマーやエンジニアなどの技術系
  • webデザイナーやライターなどのクリエイター系
  • 看護師や介護士などの医療系 etc

このほかにも専門職は多彩にありますが、そうした分野のひとつに特化した求人サイトであればその職業についている人が転職を考える際に利用されることになるので、需要は高まるでしょう。

運営の前後に行うべきこと

握手する二人

「総合職」「専門職」いずれの求人サイトであっても、まずすべきことは求職者のニーズを知ることです。
求職者のニーズは地域や年齢、性別などによっても変わります。
そうした幅広い人々の思考を知るために、運営前・運営後それぞれに行っておくべきことがあります。

運営前のアクション

アンケート調査を行う

求職者のニーズを調査するには、ネットリサーチ・インターネット調査を行っている会社などに依頼をしてアンケートを実施してもらうのがもっとも手っ取り早い方法です。
費用はかかりますが、見えないニーズを抽出することで参入市場の状況を把握し、参入の実現性を検証することができます。

アンケートの一般的な設問としては下記のようなものがあります。

アンケートの例
  • あなたは転職する際に何を求めますか?
  • 仕事上で大切にしているものはなんですか?
  • 仕事をする上でどんなことにやりがいを感じますか?
  • 求人サイトのどの部分に注目しますか?
  • サイト内で必ずチェックした項目やページはありますか?
  • サイト内にどんな機能があればいいと思いますか?

このようなアンケートを取り求職者の思いや要望を把握しHP制作時のデザイン構成や仕様などに活かすことで、サイトを利用するユーザーの満足度や利用率を向上させることができるようにもなります。

雇用関係の知識を身につける

求人サイト運営を行うのであれば、雇用に関する法律の知識を把握しておく必要があります。
「雇用機会均等法」や「労働基準法」などは基本中の基本ともいえるもので、内容を理解せずに運営を行うと後々大きな問題が発生したりすることもあります。

また、求人情報として記載される原稿の内容に最低賃金の表記がなかったりするサイトもありますが、最低賃金は毎年のように更新されていたりするので、常に確認をする必要があります。
こうした基礎知識を社員全員が理解しておくことがとても重要です。

運営後のアクション

分析ツールを使い情報の充実度を高める

求人の募集を行うとほとんどと言っていいほどサイトへのアクセスは増加します。
その際にどんなページが多く見られているのか、そのページの離脱率などをチェックすることが大事です。

Googleアナリティクスといったサイト分析ツールを使うと、どのページがどのくらいの時間閲覧されていたのかを分析することができます。
求職者がどこに注目しているのか、何を期待しているのかなどをチェック・分析することで、ページ内をさらに充実させることも可能になります。

リクナビネクストやフロムエーといった最大級クラスの求人サイトを運営している株式会社リクルートホールディングスなどでは多額の予算をかけて科学的に分析しており、情報の新しさや正確性は折り紙つきです。
そうした大手には及ばないものの、最新の情報とその正確さを徹底することで、運営するサイトの質や信頼度も高めることができますので、利用するユーザー数をさらに増やすことも可能となります。

【まとめ】求人サイトの運営をお任せする企業の選び方

求人サイト運営をはじめる企業が年々増加傾向にあり、競争が激しくなってきています。

新たな求人サイトが開設されれば、採用を願っているユーザーは期待して利用件数も増えるでしょう。
しかし、他社の求人サイトと体裁や検索方法がほぼ同じであったりすると新規参入という信用度の低さから古参のサイトへ戻ってしまうことにもなりかねます。

たとえ掲載内容は他社と同じであっても、見やすいデザインであったり使いやすい検索システムであったりと、他にはないスタイルやサービスで展開しなければ利用するユーザーは増加しません。
以上のことを踏まえ、これから求人サイトの運営を検討している企業は、しっかりとした事前準備を行うことをおすすめします。

日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」では、お客様に最適なホームページ制作業者ご紹介しています。

ホームページ制作に関する質問や疑問には、専門のコンシェルジュが完全無料でお答えしていますので、いつでもお気軽に相談することができますよ。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください