WEB担当者必見!手軽に更新できるCMS利用でコンテンツを充実!リピーターを増やす方法とは?

更新日:2016年12月26日 | 公開日:2015年01月10日

この記事を読むための時間: 3分

◆ポイント1 お客様が再訪するためにCMSを導入しよう

 リピーターを獲得するためには、定期的な更新が欠かせません。開設以来、一度もメンテナンスしていないサイトよりは、頻繁に更新した「生きたサイト」の方が、読み手は活発なホームページだと感じるからです。WordPressやMovableTypeなど、手軽に更新できるCMSも登場しています。お客様が再訪しやすいサイトを作るためのコンテンツは、スピーディに更新できるようになりました。

◆ポイント2 ロングテールのキーワードを想定しよう

 コンテンツを作成してSEO対策を行う上で、ロングテールのキーワードで勝負することは意外と重要です。インターネットを利用している人の中には、かなりニッチなワードで検索している人もいます。また、ミドルワードでも求めているユーザーがいるので、ビッグキーワードよりも効果的です。幅広いユーザーのことを考えて対策しましょう。

◆ポイント3 専門性の高い記事を執筆しよう

 インターネットユーザーは、コンテンツに対して驚きを求めています。今更、誰でも知っていることを書いてもヒットする可能性は高くありません。ビックリするようなネタや誰も知らないような専門性を打ち出し、ユーザーにバズらせる(口コミさせる)ような記事を書くことが大切です。ただし、記事内容は特別なことでなくても構いません。業界内の常識を書けばOKです。大切なことは、とにかく更新することです。そして、仕事に関連したことを紹介することです。少ない文字数でも良いので、毎日の業務内容をもとに文章を書いてみましょう。

 誰にもアクセスされなければ、ホームページに費用を掛けても意味がありません。実は、インターネットで集客力を高めるために必要なことは、ビッグキーワードで勝負するよりも、ニッチなキーワードの方が良いと考えられています。そこで、毎回狭い内容をテーマにして、定期的に更新していきましょう。
ミドルキーワードやロングテールのキーワードは、自然とホームページを閲覧する人も増えます。そこで得られた集客は密度も高いため、お問い合わせの確率も高くなるのです。一般企業の担当者からすると、定期的に更新することは大変なものだと思うかもしれません。しかし、ユーザーは「業界関係者なら誰でも知っている、ちょっとしたこと」を求めています。集客力を高めるには、日々の業務で感じる、「業界の常識」について書いてみてはいかがでしょうか。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください