LED照明のリース・レンタルについて徹底解説!オススメ業者を3社

更新日:2017年07月12日 | 公開日:2015年02月02日

LED照明は省エネで長持ち、しかもエコという3拍子を持っています。
消費電力をLEDと白熱電球で比べると、なんとLEDの方が約87%も低くなっています。
しかし、照明の切り替えを検討すると大量導入の必要があります。そうするとなると多額の初期費用が必要になります。
この記事では、こういった悩みを解消する方法とオススメ業者をご紹介します!

リース・レンタルがおトクなケース

①まずはリース・レンタルの大きなメリットとして、イニシャルコストが0円のところが多いことが挙げられます。購入するとなると、初期費用がかなりの額になることも多いので、これは大きなメリットになります。
②また、照明器具は常に進化を続けていて、LEDの価格がもっと安価になったり別の証明技術がリリースされることも十分に考えられます。そういうときにリース・レンタルだと柔軟に対応することが可能です。といった点で、頻繁に引越しやリニューアルをおこなう会社、初期費用をなるべく抑えたい会社ではリース・レンタルという選択が十分有効になってきます。それでは、注目のリース・レンタル業者のご紹介に移っていきます。

またリースとレンタルの違いとして、リースは会計面で購入したとき同様の事務処理が必要になります。しかし譲渡権つきリースをおこなっているサービスでは、任期満了後もそのまま利用可能というメリットがあります。レンタルは代金を全額経費処理が可能で、固定資産税の対象外にもなるため経営効率に効果的というメリットがあります。

①大塚商会〈譲渡権付きリース〉

◆譲渡権がついた魅力的なリース
出典大塚商会

②日建リース工業〈レンタル〉

③ヨドック〈レンタル〉

【まとめ】LEDの一括購入するなら業者を一括比較すべし

さて、魅力いっぱいのLEDですが、一括購入というのはなかなか勇気がいりますよね。高額商品というのはなかなか決断がつかないものですが、リースやレンタルだとすぐにでも始められて、その後の変更なども柔軟に出来てしまいます。環境光というのは実は作業効率を大きく左右します。オフィスなら白くて清潔感のある光だと仕事もはかどりますでしょうし、飲食店やバーならしっとりと落ち着いた光でムードを楽しみたいですね。是非ご検討されてはいかがでしょうか!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください