Android版アプリ開発で使われるソフトにはどんなものがあるのか探ってみた

更新日:2017年06月19日 | 公開日:2016年10月04日

アプリの開発と聞くと、専門知識のない人では難しい思われがちです。
実際にアプリ開発のイメージが全くわかないという人もいると思います。

しかし、現在アプリ開発をサポートしてくれるサイトなどがあったり、プログラミングコードを書かなくてもオリジナルアプリを開発できるソフトなどもあり、専門の方じゃなくてもアイディア次第でスマートフォンアプリを作ることができるようになっています。

プログラミングはもういらないアプリ開発の時代?

それではここでアプリ開発をできるサイトとソフトを紹介します。
UnityやUnreal Engineなど特にゲーム開発に特化した定番であるものもありますが、その他の比較的人気のあるサイトとソフトをピックアアップしてみました。

Yappli

出典Yappli

プログラミングの知識がなくてもアプリ開発ができるサイトで、初心者でもわかりやすく、しっかりとしたデザインや機能を持ったアプリを作ることができます。
7,000社以上の有名企業が登録し利用するなど人気があります。
ただし、利用に関しては費用がかかる点がデメリットといえます。

アプリビルダー

「プログラミングスキル不要のアプリ開発ツール」とサイトのトップページにも記されている、プログラミング言語がわからなくても無料でアプリを制作できるサイトです。
9種類のアプリベースが用意されていて、ゲーム感覚でアプリ制作ができるのが特徴です。

上記で紹介したサイトやソフトを使えば、アプリ開発は意外に簡単にできることがおわかりいただけたと思います。
しかし、実際に本格的なアプリを開発中に起こる問題や開発時間、コストなどさまざまな課題も発生しますので、もしアプリ開発をお考えであればプロの開発会社にまかせることをおすすめします。
ということで、Android版アプリ開発の実績を持っている3社をご紹介しましょう。

1.株式会社テクノメディアラボ

ソフトウエア、ハードウエア開発事業、システム・サービス開発事業、電気通信事業、オペレーティングサービス事業などを主としている企業です。
Android向けの開発では最新のAndroidバージョンを意識した開発を行うとともに、ケータイおよびiPhone向けゲームソフトの移植や、各種のツール系アプリ開発実績もあります。

株式会社テクノメディアラボ紹介ページはコチラ

2.株式会社あゆた

自社製品開発(Android、iPhone、iPadアプリ、Webサービス)、Webアプリケーション(HTML5、JavaEE、Google AppEngine)の受託開発、Android、iPhoneのアプリ受託開発などを幅広く手掛けている企業です。
開発実績も多く、また定期的に勉強会なども開催するなど高品質なアプリ開発を目指しています。

株式会社あゆた紹介ページはコチラ

3.株式会社アイ・ティ・ネット

Webインテグレーション、モバイルインテグレーション、さらにはポスター・カタログ・パンフレットの制作といったクリエイティブインテグレーション事業まで手掛けている企業です。
スマートフォンアプリの開発では時代のニーズに合わせた、お客様のビジネスモデルを的確に捉えた最適アプリ開発を行っています。

株式会社アイ・ティ・ネット紹介ページはコチラ

【まとめ】信頼できるアプリ開発業者を選ぶなら

「Androidアプリを作ることになったけど会社探しが不安だ…」
そう思われている方は日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』をぜひご利用ください。

『アイミツ』では、7万社以上の企業データベースの中から、アプリ開発のソフトにも詳しい信頼できる会社をご紹介しています。
また、専門知識を持ったコンシェルジュが完全無料にてお客様の質問にもお答えしていますので、まずは気軽にご相談ください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください