アプリの制作費用を抑えたい方へ!作成を依頼したい3つの会社

パソコンやタブレットを操作し、業務をする社員

更新日:2017年09月23日 | 公開日:2016年09月24日

アプリの作成を行う際に、最も気になる点は制作費用がどれくらいかかるかということがあげられます。
専門の制作会社に依頼することで、まずは見積もりを出してもらいますが、何社か依頼を出してみると、制作費用に大きな差がある場合もあります。

アプリ制作は、アプリの規模やシステムによって金額は大きく変わってきますが、依頼する制作会社によっても金額が変わってくるということを頭に入れておきましょう。

しかし、実績のある制作会社にアプリ制作を依頼することで、あなたのご要望に合ったアプリが開発できるということもポイントになります。

アプリの開発費用は目的によっても変わってくる?

アプリ開発を行う前にはまずどのようなものを作るのかということと、どのような目的にするのかを明確にする必要があります。
作るアプリの内容によっても費用は変わりますし、また、目的によっても変わってきます。
目的とは「有料のアプリとして販売して利益を得るものにする」もしくは「無料にして自社をPRしたり、広告収入を得る程度で抑える」のふたつに分けられ、この点が見積もりの費用を決めるポイントになるといってもいいでしょう。

本記事では開発費用の安さを前面に出していたり、制作費用などをサイト内で公開している会社を3社厳選して紹介します。

1.株式会社woodsmall(ウッズモール)

「ちょっと便利をモットーにお客様が必要とするサービスを必要なだけ提供する」を企業理念に、スマートフォンアプリ開発・システム開発・WEBサイト制作からコンサルティング事業、チラシ・パンフレット制作、撮影事業までデジタルとアナログ双方の制作を行っている企業です。
サイト内ではスマートフォンアプリ開発費用など、目安となる料金表を公開しています。

株式会社woodsmall紹介ページはコチラ

2.株式会社DOKE(ドーケ)

大阪市北区に本社を置くホームページの企画、制作、運営、管理、マーケティングに関するコンサルティングなどを行っている企業です。
運営している自社サイトのトップページでは「そのアプリ制作費用高くありませんか?」の文章と目立つビジュアルで、低価格でありながら質の高いアプリを作る会社であることをアピールしています。

株式会社DOKE紹介ページはコチラ

3.株式会社ジェニオ

スマートフォンアプリ開発はもちろん、システム開発、Webサイト、ECサイト構築などソフトウェアの企画、設計、開発のすべてを行っている企業です。
スマートフォンアプリ・タブレットアプリ開発費用例やこれまでの開発・制作実績をリンク付きで紹介もしているので、依頼の際の費用の目安にもなります。

株式会社ジェニオ紹介ページはコチラ

【まとめ】低価格でも品質の高いアプリを作る会社と繋がるには?

アプリ制作費用の見積もり高いと発注されないし、安すぎると赤字になってしまうため受注側も見積もり作成はなかなか難しいようですが、低価格でも品質の高いアプリを作る会社は確実に存在しています。

7万社以上の企業データベースを持つ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』なら、良心的な制作費でアプリを作る会社と繋がることが可能です。

Web業界に精通したコンシェルジュがお客様の予算やニーズなどをお聞きして最も適していると思われる会社を完全無料にてご紹介しています。
まずは気軽にご相談ください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください