トップページのインパクトで見る業種別WEBサイトデザイン事例7選

ティーカップを持ちながらパソコン操作する女性

更新日:2017年09月28日 | 公開日:2016年07月04日

現在サイトへの主要なアクセス経路としては、検索エンジンでのオーガニック検索、PPC広告などから目的ページヘのダイレクトな流入がメインとなっています。
つまり、ユーザーは必ずしもトップページを目指してサイトにやってくるのではなくなってきています。

しかし、だからといってその役割が終わったわけではありません。
トップページは依然として企業や店舗のブランディングの核で、そのデザインは重要です。

この記事では、トップページのインパクトで見る業種別WEBサイトデザイン事例を7つに絞ってお届けいたします。

美容院のホームページ

アパレルショップのホームページ

高給飲食店のホームページ

ホテル・旅館のホームページ

塾・予備校のホームページ

薬局のホームページ

ファミリー向け外食ホームページ

スシローの公式サイト
出典スシロー

【まとめ】

以上、各業界の特徴あるトップページからコンセプトのはっきりしたインパクトのあるサイトをピックアップしました。
ひとくちにトップページのデザインと言っても、業界ごとに特色があり、なおかつ業界の中でも他社との差別化が図られています。
目立つことだけを過剰に追求しても訪問者にはかえって見づらいものになりますので、その匙加減はかなり難しいものといえます。

ビジネスマッチングサイト『アイミツ』ではホームページ制作業者に関する専門知識を持ったコンシェルジュが、信頼のおける業者を完全無料で紹介することができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。
すぐれたコンシェルジュが、あなたの会社に合った企業選びを全力でお手伝いさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ