あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

GigaCC(ギガシーシー)の評判と実態【2020年最新版】

「GigaCC(ギガシーシー)」は、東京都中央区に本社を構え、デジタルコンテンツ関連事業を展開する日本ワムネットが提供する企業間ファイル転送サービスです。オンラインファイル共有サービスとして、6年連続実績No.1を獲得するなど、ビジネスシーンで多くの支持を集めています。

この記事では、「GigaCC」が多くの支持を獲得している理由を徹底調査。特徴や利用するメリットにくわえ、料金プランや導入実績なども紹介します。ファイル転送サービスの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのファイル転送を厳選!

目次
アイミツ
ファイル転送の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>「GigaCC」は安全に業務効率化が図れるファイル転送サービス

「GigaCC」は、基本的なファイル送信・共有機能のほか、システム連携機能や一斉仕分け送信機能など、業務効率化に役立てられる機能が豊富に揃っているのが特徴的なサービスです。

さらに、詳細な履歴ログ管理やパスワードルール、IPアドレス制限、モバイル端末制限といったセキュリティと管理者機能によって高いセキュリティ体制を実現。業務効率化とセキュリティ対策が両立されているからこそ、ビジネスシーンで高い評価を獲得しているのでしょう。

「GigaCC」の6つのメリット

紹介したような特徴がある「GigaCC」ですが、活用することで次のようなメリットがあります。

業務効率化に役立つ豊富な機能

「GigaCC」は、大規模運用に便利な権限移譲をはじめ、柔軟な権限管理、モバイルアプリにおける保持期間設定や端末制限など、業務効率化に役立つ機能を多く実装しています。

宛先ごとに異なるファイルを一括で送信する一斉仕分け送信機能や、IDをもたない複数の相手からのファイル収集・管理が可能な収集用ディレクトリなど、ファイルのやりとりが関わる業務を多角的にサポートしてくれるので、ファイル転送サービスの利用がはじめての場合でも安心です。

日本企業に最適化された充実のセキュリティ機能

純国産のファイル転送サービスならではのセキュリティ機能を備えているのも「GigaCC」の大きな特徴の1つです。

・ウイルスチェック機能:ファイルに潜む危険を排除
・グローバルIPアドレス制限(アカウント単位):アクセス元を制限し、なりすましを防ぐ
・サーバ内暗号化:万が一不正ファイルアクセスが行われても中身を見ることができないようにする
・SSL/TLS暗号化通信:ファイル転送時の盗聴を防ぐ

上記はあくまで一例で、このほかにも安心してファイル転送が行えるさまざまなセキュリティ機能が備わっています。

高度な管理機能

企業間のファイル転送サービスである「GigaCC」には、柔軟な運用を実現させるための高度な管理機能が備わっています。

・権限の委託:現場責任者に権限の委託ができる
・CSV一括登録:大量のアカウント登録・変更時に一括登録が可能
・アクセス権管理:アカウント・ディレクトリ単位で、柔軟な権限設定が可能
・全件バックアップ機能:サーバに登録されたコンテンツをすべて別領域に保管

これらの管理機能によって、企業ごとに異なるさまざまなニーズに応えられるだけでなく、管理者の負担の大幅な軽減にも期待ができます。

直感的で使いやすい

直感的に使用できる簡単な操作にこだわっている点も「GigaCC」の特徴です。特別なアプリケーションは必要なく、インターネットブラウザだけで利用することができます。

ファイル送信時には相手のメールアドレスを入力、ファイルを選択したらメールと同じように件名や本文を入力して送信するだけで作業が完了。事前にファイルをアップロードする必要がなく、メール感覚で操作ができるので、ファイル転送がはじめての方でも安心です。

企業間利用に適したファイル共有機能を搭載

「GigaCC」には、プロジェクトメンバー間や企業間といった限られたメンバー内でのファイルの共有・受け渡しに便利な「ファイル共有機能」が搭載されています。ディレクトリ単位、アカウント単位で細かな権限設定が行えるだけでなく、アクセス期限やパスワード設定もできるのでセキュリティ面でも安心です。

さらに、メンバー間のコミュニケーションに役立つコメント機能や、ドキュメントや動画などのプレビュー機能など、企業間でのファイルのやりとりをスムーズに進めるための機能を豊富に揃えています。

テレワーク支援機能搭載

テレワーク支援機能が搭載されているのも、企業間ファイル転送サービスである「GigaCC」ならではの特徴の1つです。

自宅・会社間にくわえて、自宅・取引先間におけるファイル送信・共有機能が使用できるのはもちろん、従来は紙で送付していた請求書なども一斉仕分け送信機能の利用によって一括での送信が可能。テレワークでの請求書送信業務にも最適だといえるでしょう。

アイミツ
ファイル転送の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かった「GigaCC」を使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、「GigaCC」は一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

複数の拠点を持つ会社

複数の拠点をもつ会社にとって、社内でのデータのやりとりは日常的なものですが、大容量データについてはメールや物理搬送を用いて行っているというケースも多いでしょう。しかし、メールで送受信できるデータ容量は決して多くはなく、物理搬送ではデータの移し替えの手間やコストだけでなく、データ紛失のリスクもともないます。

「GigaCC」では、簡単な操作で大容量データの送受信が行えるため、時間と手間、コストなどさまざまな面でメリットが得られます。

また、ファイルにひそむ危険を排除するウイルスチェック機能やファイルアクセスを管理するID・パスワード認証、ファイル盗聴を防ぐSSL・TLS暗号化通信など高いセキュリティ性を備えているため、大切なデータが外部に流出するリスク防止にも役立ちます。

取引先と密にコミュニケーションを取る会社

元請け・下請けをもつ会社や、他社と共同でプロジェクトを進めている会社にも「GigaCC」は実用性の高いサービスです。

「GigaCC」のファイル共有機能では、社内外の関係者間で共有フォルダの利用が可能。フォルダ単位・アカウント単位で権限設定ができるので、社外の担当者が含まれている環境でもセキュリティを保ちながら安心・安全に運用することができます。

また、アップロードされているファイルやフォルダに対するコメント機能が搭載されているのも特徴の1つ。密なコミュニケーションが求められる場合に便利なだけでなく、コミュニケーションの活性化への寄与も期待できるでしょう。

在宅ワークを推奨したい会社

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策をきっかけに、在宅ワークの導入を進めている企業も少なくないでしょう。しかし、在宅ワークを行う上で大きな懸念となるのが、セキュリティ上の問題です。

在宅ワークでは、当然ながら個々のメンバーが自宅から社内外と情報のやりとりを行うため、直接的な管理が困難なもの。情報漏えいやウイルス感染といったリスクを考慮しながら、仕組みを構築する必要があります。

純国産サービスである「GigaCC」には、日本企業にマッチしたセキュリティ機能を実装しているので、安心して利用することができます。在宅ワークを想定した機能も用意されているので、効率的に業務を進める大きな助けとなるでしょう。

機密情報のやりとりが多い会社

暗号化通信やウイルスチェックといった基本的なセキュリティ対策だけでなく、さまざまな事態を想定した機能を実装している「GigaCC」は、セキュリティ面を重視してファイル転送サービスを選びたいという方にもうってつけです。

具体的には、権限をもたない人がファイルにアクセスしても中身を見られないようにする「サーバ内暗号化」や、モバイル端末の利用制限、誰がいつ・どこで・どのコンテンツを送信したのかを確認する「履歴ログ管理」「全件バックアップ」、なりすましを防止するアカウント単位での「グローバルIPアドレス制限」などの機能が利用可能。

金融や保険、医療関連など、機密情報を多く扱う業種でも、安心・安全に使用できるファイル転送サービスといえるでしょう。

「GigaCC」の料金プラン

「GigaCC」では、クラウド型とファイル転送特化型の2種類のプランが用意されています。料金は以下のとおりです。

【GigaCC ASP(クラウドプラン)】
・Standardプラン
1GB・10ID:月額1万2,000円
100GB・100ID:月額13万1,000円
1TB・1000ID:月額28万円

・Advancedプラン
Standardプランの月額費用+2万5,000円

・Premiumプラン
Standardプランの月額費用+4万2,000円

【GigaCC OKURN(ファイル転送特化型)】
5GB・10ID:月額2万4,500円〜(10ID・5GB)

※全プランで初期費用5万円
※価格はすべて税抜

「GigaCC ASP」はプランごとにセキュリティ機能の内容がグレードアップしていく形なっており、「Premiumプラン」では高度なセキュリティ機能が充実したサービスを利用することができます。

アイミツ
ファイル転送の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

「GigaCC」の導入実績・効果

ここからは実際に「GigaCC」を導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A株式会社

GigaCCの導入事例ページ(日本ワムネット株式会社 https://www.gigaccsecure.jp/case/interview/post_000597.html 参照)によると、人材サービス事業を展開するAでは、新事業において顧客へソフトウェアを提供することを目的に、ファイル転送サービスの利用を検討。当初はコスト優先で別のファイル転送サービスを使用していましたが、「ファイルの送受信がスムーズに行えない」「作業手順が繁雑で不便」「セキュリティ面が不安」といった課題を抱えていました。

改めてファイル転送サービスを見直すべく、比較検討を行った際に「基本機能」や「使い勝手」「設計思想」「導入実績」「知見・提案力」などの面で「GigaCC」が優れているという結論となり、導入を決断。「GigaCC」の導入後は、社内外を問わず安全にファイルを共有するためのツールとして活用しており、業務効率化や作業者のストレス軽減を実感しています。

また、「GigaCC」のセキュリティ性や機能性の高さを活かすため、今後は請求書の発送業務への利用も検討しているそうです。

B株式会社

GigaCCの導入事例ページ(日本ワムネット株式会社 https://www.gigaccsecure.jp/case/interview/post_000389.html 参照)によると、Bでは2005年に「GigaCC」を導入し、現在は国内外の本体・事業会社の約120の部署がサービスを利用。出向者・海外駐在員と本社事業部間のファイル共有や、国内外の取引先との大容量・大量データのやりとりだけでなく、アップロードされた報告書などを確認したメンバーのコメントによって、意見交換や合意・決定に関するコミュニケーションツールとしても役立てられています。

「GigaCC」の導入で得られた大きなメリットは、「普段PCでファイルを保管・分類する感覚で、ごく自然にファイル共有が行える」ことでした。簡単でありながらも、ログ機能を通じてファイルごとのアクセス数やダウンロード数、アクセス者などが容易に把握できることや、メンテナンスや運用に関する専門知識が不要なこともメリットだと感じています。

また、サポートデスクを利用した際の丁寧な対応も印象的で、安定的で信頼性が高く、時間や場所を問わず業務を行う会社に欠かせないツールだと考えているそうです。

まずは「GigaCC」の資料請求を

ここまで、「GigaCC」のメリットや活用方法、実際の導入事例・効果などを紹介してきました。

「GigaCC」は、純国産のファイル転送サービスならではの機能が大きな魅力です。セキュリティにも優れているので、安心して利用することができるでしょう。

しかし、この記事で紹介した「GigaCC」の情報は、ほんの一部にすぎません。より詳しく知りたいという場合は、「アイミツ」で資料請求を行ってみることをおすすめします。

まとめ

豊富な機能と高いセキュリティ性をあわせ持つ「GigaCC」は、業務効率化を図りながら安全にファイルのやりとりができる、総合力の高いファイル転送サービスです。

しかし、実際の操作性や導入後に得られるメリットは、使ってみなければわからないのも事実だといえます。

「GigaCC」では、無料トライアルも提供しているので、資料請求とあわせて利用してみるのもいいかもしれません。

ファイル転送探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

ファイル転送が
最短翌日までにそろう