あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

Dr.経費精算の評判と実態|15個の経費精算システムを試したアイミツが徹底比較!

Dr.経費精算 トップページ

営業活動を継続していれば、交通費や物品購入などに必要な経費が発生します。こうした必要経費は不定期に発生するため、営業担当者が立替払いするケースが多く、月末などに「経費精算」という形で会社から払い戻しを受けるのが一般的です。

しかし、領収書の整理・申請書の作成など、時間も手間もかかる経費精算業務は、担当者に大きな負担をかけていました。業務の立て込む月末に経費精算処理しなければならない、経理担当者の負担も同様です。このような経費精算業務の課題をIT技術で合理化し、担当者の負担軽減と生産性向上を実現するのが「経費精算システム」です。

間接費の合理化にも効果的な経費精算システムのなかでも、高機能と使い勝手の良さで注目を集めるのが「Dr.経費精算」。その特徴とはなにか?他のサービスとも比較しながら、その評判や実態を解説していきます。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめの経費精算システムを厳選!

目次

<総評> 「Dr.経費精算」の最大の特徴は領収書の正確な自動入力機能

<総評> 「Dr.経費精算」の最大の特徴は領収書の正確な自動入力機能

「Dr.経費精算」は、交通費や物品購入など、必要経費の精算業務にかかる時間や手間を大幅に削減し、生産性の向上とコスト削減を実現する、SaaS型経費精算システムです。

「Dr.経費精算」の最大の特徴は、スマートフォンのカメラで領収書やレシートを撮影するだけで、正確な内容がシステムに自動入力されること。専任のオペレーターが領収書の画像を一つひとつ確認しながら、ユーザーの代わりにシステムへ入力する代行入力してくれるため、自分で領収書を入力する必要はありません。

さらに、ICカードをタブレットにかざすだけで交通費を計算できるほか、モバイルSuicaの場合は自動的に連携してデータ化。プライベートによる利用や定期区間は除外されるので、誤って多めにデータが送信されてしまうこともないでしょう。何よりも申請者の負担軽減をサポートするシステム、それがDr.経費精算なのです。

経費申請者の負担軽減につながる「Dr.経費精算」の特徴は、シンプルでわかりやすいインターフェースデザインにも表れています。このことからも「Dr.経費精算」が、経費精算の省力化とユーザーフレンドリーな使い勝手の両立に注力しているのがわかるでしょう。

他の経費精算システムと比べた評判は?

市場に存在するさまざまな経費精算システムのなかでも、導入検討時に多くの企業が候補として挙げるのが、「楽楽精算」「コンカー(Concur)」「MFクラウド経費」そして「Dr.経費精算」ではないでしょうか。

このうち「Dr.経費精算」は、領収書・レシートの正確な入力代行機能という特徴で、高機能でありながら使いやすさをも求めるユーザーから人気を集めています。

自動入力ではなくスタッフによる手作業であるため、その正確性は他の経費精算システムと比べると抜群です。

経費精算システム導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気の経費精算システムの一括見積もりが可能です。経費精算システム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
経費精算システム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

1.「Dr.経費精算」の3つのメリット

1.「Dr.経費精算」の6つのメリット

それでは、高機能と使い勝手の良さで、幅広い層にアピールする「Dr.経費精算」の導入メリットとは、どのような要素があるのでしょうか。具体的に紹介しましょう。

1-1. 領収書・レシートの自動入力

すでに解説したように「Dr.経費精算」では、領収書・レシートをスマートフォンのカメラで撮影するだけで、専任のオペレーターが内容を確認し、システムに代理入力してくれます。領収書を撮影して自動入力する手法には、アプリに内蔵されたOCR機能を利用するサービスもありますが、機械読取のため精度は60%程度です。

「Dr.経費精算」の高精度な入力代行であれば、正しく入力されているかチェックする必要もないため、申請者の負担を大幅に軽減できます。領収書を何枚撮影しても追加料金がかからないのも魅力でしょう。

1-2. 交通費の自動計算・自動入力

「Dr.経費精算」には乗換案内が内蔵されているので、駅を入力するだけで交通費を自動で計算可能。訪問先や駅、ルートが自動にひも付けられ、定期区間も自動控除となります。

交通費の自動入力にも対応しており、タブレットにICカードをかざすだけでOK。モバイルSuicaであればサーバーと自動で連携しているため、タブレットにかざすこともなく自動的に計算されていきます。プライベートで使用した分や定期区間は除外となるので、データの誤りもないでしょう。

タブレットに関しては市販のFelicaリーダーがある場合は代用できますが、もしもない場合にはタブレットのレンタルも可能です。

1-3. 自動仕訳機能・会計ソフトとの連携

経費の自動仕訳機能も便利で、経費申請者は項目を選ぶだけでOK。商品名や店名から勘定科目をレコメンドしてもらえるほか、記憶する機能も搭載されています。

クレジットカード明細も気軽に取り込むことができ、プライベートで利用した分はきちんと除外可能。会社用カードを用意する必要がないのが非常に便利でしょう。領収書データとも自動でひも付くため、重複で申請される心配もありません。

MFクラウド会計や弥生会計などの各種会計ソフトと連携できるのも心強いでしょう。

2. 徹底調査でわかった「Dr.経費精算」を使うべき人・会社

2. 徹底調査でわかった「Dr.経費精算」を使うべき人・会社

紹介したメリットを踏まえ、どのような企業が「Dr.経費精算」を利用し、経費精算を合理化すべきなのかを考えてみました。

2-1. 多機能な経費精算システムを求めるすべての会社

「Dr.経費精算」は、業務効率化に役立つさまざまな機能が搭載された経費精算システムです。入力代行機能や仕分けの自動化、交通費まで自動で入力されるなど、これまでの業務過多を解消する機能が搭載されているので、「経理の業務過多をどうにか解消したい」「なるべく多くの機能を利用できる経費精算システムを探している」という場合にはぴったりでしょう。

2-2. 高精度な経費精算システムを求めるすべての会社

先にも述べているように、「Dr.経費精算」の入力代行はスタッフの手によって一つひとつ正確に行われているだけでなく、ダブルチェックまで徹底して行われています。違反申請の自動拒否機能・アラート機能も搭載されているので、申請されたデータが誤っているという失敗を未然に防ぐことが可能です。「違反申請をなくしたい」「高精度な入力代行サービスを探している」という会社にうってつけでしょう。

4.「Dr.経費精算」はペーパーレスプランもおすすめ

4.「Dr.経費精算」の効果的な使い方

Dr.経費精算のペーパーレスプランを活用すれば、面倒な原本チェックから回収、保管までまとめて任せることが可能です。領収書の撮影後にボックスに入れるだけで、その後のチェック・保管・廃棄を行う必要はありません。

システム利用料もかからず、必要となるのは領収書の枚数に応じた代行費用だけ。たとえば年間で3,000枚の領収書のチェックや保管を依頼する場合には、月額たったの6万円で依頼することができます。

「領収書の確認に時間がかかり、毎月残業せざるを得ない」「人手不足で業務過多に悩んでいる」という会社にとって、非常に便利なサービスでしょう。

5. まとめ

5. まとめ

間接費の削減と業務効率化を求め、規模の大小を問わず、数多くの企業が経費精算の合理化に取り組んでいます。事業の種類や企業規模、営業スタイルによって経費精算をどのように合理化したいかは、まさに千差万別だといえるでしょう。

こうした多種多様な企業ニーズに万遍なく対応し、すべての企業に安心しておすすめできるのが「Dr.経費精算」です。

「経費精算にかかる時間を大幅にカットしたい」「多くの企業も利用している、安心して導入可能な経費精算システムを探している」という場合には、ぜひ利用を検討してみてください。

経費精算システム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

経費精算システムの見積もりが最短翌日までにそろう