研修旅行・社員旅行にピッタリ!会議プランもあって温泉もあるおすすめホテルまとめ

更新日:2015年06月04日 | 公開日:2015年06月04日

この記事を読むための時間: 3分

社員のやる気をアップ!実りある研修にするために

研修旅行は、慰安旅行や社員旅行とは違いあくまで仕事の一貫です。実りの多い研修にするためにも社員がやる気に成るような仕掛けをすることも企画者の大切なお仕事です。方法としては、研修の他にレクリエーションをする時間をもうけたり、豪華なディナーを出したり、宿泊施設を豪華にしたりといった方法がありますが、今回は、温泉に入れるという点選んだおすすめの研修施設やホテルをご紹介いたします。

ホテルヘリテイジ 四季の湯温泉

研修旅行の実績多数!都心からのアクセス良好のリゾートホテル
出典http://www.hotel-heritage.co.jp/

「ホテルヘリテイジ 四季の湯温泉」は、東京都心から1時間、埼玉武蔵丘陵の森に囲まれた天然温泉リゾートホテルです。便利なアクセスの落ち着いた環境で研修旅行をおこなうことができます。

研修会議をおこなえるホテルとして長年の実績があり、会議室は人数に合わせて用意されており、様々なレイアウトに対応可能。それぞれの研修会議室にはインターネット接続のためのアウトレットも配備されていますので、研修も捗るでしょう。ホテル構内にはWILLCOM・FOMA・SoftBank・auのアンテナも配備されており、地下会場でも携帯電話を使用できますので、急な仕事の電話がきても対応することができます。宿泊する部屋は、シングル・ツインだけではなく、大人数で利用できる和洋室もあるので新人研修にうってつけです。

研修終了後は四季(とき)の湯温泉で研修の疲れを癒し、親睦をはかるパーティをすることもできます。また、ゴルフやテニスなどのスポーツ施設も利用できるので社員の親睦を図るレクリエーションも可能です。ノウハウがあり研修旅行におすすめのホテルです。

休暇村 那須

標高1230mの圧巻の景色!天空のホテルリゾート
出典http://www.qkamura.or.jp/nasu/

「休暇村 那須」は、那須連山の主峰「茶臼岳」の南麓、標高1230mの別天地にあります。豊かな自然が残り、多くの温泉が湧き出る奥那須にあるロイヤルホテルリゾートです。「天空より望む感動の風景」と評されているほどの絶景を見れば、旅や研修の疲れも吹き飛んでしまいます。

那須温泉、大丸温泉などの秘湯のほかに、那須キャンプ場や、テニスやフットサルができるスポーツ施設の環境も整っているので研修旅行におすすめのホテルです。研修旅行ではコテージに宿泊することになります。最大30名が使用できる会議室があり、広間は2次会場として21時まで使用できます。

周辺には、那須平成の森、那須どうぶつ王国、りんどう湖ファミリー牧場、栃木名産「とちおとめ」のイチゴ狩りなどの体験ができるほか、テディベアミュージアム、那須ガーデンアウトレットなどの観光スポットもあるので研修旅行の帰りにはどこかに寄ってみるのもよいでしょう。

箱根ホテル小涌園

少人数から450人収容の会議室まで!箱根の老舗ホテル
出典http://www.hakoneho-kowakien.com/

「箱根ホテル小涌園」は、神奈川県箱根町にある小川が流れる美しい庭園のあるリゾートホテルです。四季折々の季節を感じることができる森で、ゆったりとした環境の中、研修旅行がおこなえます。

450名収納可能な大会議室をはじめ、195名、81名中規模、さらには18名などの少人数用までと、大小さまざまな会議室・研修室が揃えられています。フロントロビーや全客室にWi-Fi接続サービスが導入され、無料で利用することができるのも便利なポイントです。露天風呂もあるので温泉でゆったり研修の疲れを癒すこともできますし、隣接する温泉テーマパーク「ユネッサン」で親睦をはかることもできますよ。

中国の要人や各業界団体が訪日の際に拠点とするホテルなので、施設や環境、おもてなしには定評があります。規模の大きい研修旅行から少人数の旅行まで、おすすめのホテルです。

会場は目的によっての使い分けが大切

研修旅行プランは、研修の目的や参加者によって選び方が違います。新人研修と管理職・幹部研修とでは場所の選定や研修内容が同じというわけにはいきません。また、研修旅行の規模によっても、対応できるホテルが限定されることもあります。旅行会社の中には、研修旅行の目的に合わせた会場選びから、食事の手配、宿泊施設、旅券などすべての手配をしてくれるところもあります。このような旅行会社を選ぶことで、手間やコストを削減することができ、窓口も決済も一本化できることになるのでおすすめです。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ