あなたの発注コンシェルジュ

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
掲載希望の方

公開日:2019年02月19日 更新日:2019年02月19日

オンライン英会話とは?今更聞けないオンライン英会話の基礎知識を徹底解説!

オンライン英会話とは?トップページ
目次

2020年の東京オリンピックを控え、外国人観光客が右肩上がりに増加している現在、街中でも英語で話しかけられる機会が増えたと感じている人が多いのではないでしょうか?特に、訪日観光客に応対することが多いレストランなどの店舗や、ホテルなどに勤めている人は、それを肌で感じているかもしれません。

しかし「リーディング」や「ライティング」は何とかなっても「ヒアリング」や「スピーキング」が苦手という日本人は多いため、少しでも英会話が楽しめるように勉強しておけばよかったと後悔している人も多いでしょう。こうしたニーズに応え「ヒアリング」「スピーキング」に重点を置いた学習方法を採用し、英会話をマンツーマンで低価格に学べるサービスが「オンライン英会話」です。

もちろん、従来からあった教室型英会話スクールで学ぶという方法もありますが、時間に余裕のない現代人には、決められた時間に決められた場所に通学するというのは、ハードルが高いともいえます。この点、オンライン英会話はフレキシブルな学習が可能なため、気軽に英会話を学びたい個人はもちろん、通学する時間的余裕がない多忙なビジネスマンまで、幅広い層から急速に注目を集めているのです。

なぜオンライン英会話は驚くほどの低価格で利用できるのか?その仕組みや特徴とは?本記事では、知っているようで意外に知らなかったオンライン英会話の基礎知識を解説するとともに、通学型英会話スクールとの違いや、おすすめのオンライン英会話サービスの紹介をしていきます。

1.オンライン英会話とは?

1.オンライン英会話とは?

オンライン英会話とは、Skypeなどの無料通話ツールを使って、講師と受講者をインターネットで結び、オンラインで英会話のレッスンを受けられるようにしたサービスです。そのため、無料通話ツールが使えるデバイスとインターネット環境さえあれば、自宅でもカフェでも受講することができます。従来の駅前英会話スクールなどのように。教室まで通学する必要も時間に縛られる必要もないため、その手軽さから急速に利用が拡大しているサービスです。

その人気の理由は、Webサイトでフレキシブルにレッスンの予約ができること、従来の英会話スクールの1/10になることもある低価格なレッスン料金にあります。早朝から深夜までレッスンが受けられるのもオンライン英会話の特徴であり、なかには24時間レッスンに対応するサービスもあります。

こうしたオンライン英会話の人気や特徴を支える秘密は、時差の異なる世界各地に数多くの講師を確保し、ネットワークで受講者と結びつけていること、それによって物理的な教室が必要なくなり、固定費や運営費、人件費などのコスト削減を実現していることです。

英会話へのニーズが高まり続ける一方で、経済的、時間的な理由で英会話スクールへの通学を断念していた人々にとっては、時間と場所の制約が少なく、料金を気にせず受講できるオンライン英会話はピッタリでしょう。また、学校教育で文法などのインプットを中心にした英語を学習してきた日本人には、アウトプット中心のオンライン英会話は、理想の学習方法だともいえるかもしれません。

オンライン英会話の歴史

オンライン英会話という学習スタイルが登場したのは、インターネット環境が整備され、PCが充分に普及した2005年頃だといわれています。オンライン回線が高速化し、PCの処理能力が向上したことにより、Skypeなどのオンライン無料通話ツールの利用が現実的なったのを受け、この仕組みを英会話レッスンに応用したのです。

その後、2010年代の爆発的なスマートフォンの普及と、データ通信網の整備・高速化を経て、iPhone版・Android版のSkypeも登場。自宅や職場など、PCのある場所でしか受講できなかったオンライン英会話は、時間や場所を問わずにどこでも受講できる英会話レッスンとして進化したのです。

Skypeのユーザーが400万人といわれるようになった2013年頃には、数えるほどしかなかったオンライン英会話にも新たなベンダーが次々参入し、多様なサービスが登場しています。

オンライン英会話の目的

インフラやデバイスなどの環境整備が、オンライン英会話が普及した大きな要因であることは間違いありません。しかし、多くの日本人にオンライン英会話が受け入れられた最大の理由は、英語で話を「聞いて」英語で「話す」という、学んだことをアウトプットする機会を提供することを目的にしていることでしょう。

双方向コミュニケーションでインタラクティブ性を確保した、Skypeなどの無料通話ツールが利用されるのはこのためです。テキストのやり取りや、ファイル添付などで会話を補完する仕組みを残しながらも、オンライン英会話では、あくまで講師との英会話が重視されたスタイルがとられているのです。

もちろん、受講者の目的に応じて、アウトプットする場面を想定したカリキュラムも用意されており、日常英会話やビジネス英会話はもちろん、TOEFL / TOEIC対策サービスを提供するオンライン英会話もあります。

オンライン英会話はなぜ必要か

それでは、アウトプットを重視したオンライン英会話は、なぜ必要なのでしょうか?それは「読む」「書く」「文法」という、インプットする英語学習に事欠かない日本人は、逆に英語を話すというアウトプットの機会が圧倒的に少ないからです。これは、2020年の教育改革で、スピーキングを重視した英語教育が導入される予定になっていることからも明白です。

しかし、教育改革とは関係なく、すでに社会で活躍しているビジネスマンは、英会話を上達させるために自らアクションを起こさなければなりません。低価格で長時間のアウトプット機会を与えてくれるオンライン英会話は、グローバルでの事業展開が当然となった現代のビジネスマンにとっては必要不可欠なものだといえるでしょう。

2. オンライン英会話の仕組み

3. オンライン英会話の活用方法

日本人にフィットした学習スタイルを持つオンライン英会話は、フレキシブルな受講方法と低価格なレッスン料金を両立させています。その概要はすでに解説しましたが、実際にはどのような仕組みで実現されているのでしょうか。具体的に解説していきます。

2-1. インターネットを活用したレッスン・予約システム

オンライン英会話では、Webサイトでレッスンの予約をし、Skypeなどの無料通話ツールを活用してレッスンを行います。つまり、インターネット経由で予約・レッスンが完結するシステムが確立されているため、Skypeなどが利用できるデバイスとインターネット環境さえあれば、ほかになにも用意する必要はありません。

スマートフォンでも充分にビデオ通話ができるほど環境が整備された現在では、場所の制限から解放されたレッスンも可能であり、プロフィールや顔写真とともに、講師を自由に選べるオンライン英会話サービスもあります。

2-2. フィリピン人講師を中心にしたマンツーマンレッスン

世界各地に講師を確保しているオンライン英会話ですが、その中心となるのは、英語を公用語とするフィリピン人講師です。このため、人件費や運用費を抑えた運営が可能となり、驚きの低価格レッスンを実現しているのです。サービスによっては、フィリピンにオフィススペースを構えて講師を確保している場合もあります。

もちろん、英語を母国語とするネイティブスピーカーの講師を揃えるサービスもあり、日本語を話せるバイリンガル講師が在籍しているケースもあります。ただし、ネイティブやバイリンガルの場合は、ややレッスン料金が高めになることに注意が必要です。

しかし、マンツーマンが基本となるオンライン英会話は、1レッスン数百円から受講できる驚異的な低価格を実現しているため、安さで講師を選ぶよりは、目的に応じてネイティブやバイリンガル講師も選択肢に入れた方が学習効果が高いでしょう。

2-3. 時差を利用したフレキシブルな予約

オンライン英会話が講師を世界中に確保しているということは、日本時間とは異なる時間帯で稼働できる講師が多く存在することを意味します。つまり、オンライン英会話では講師の深夜早朝労働などを気にすることなく、幅広い時間帯でレッスンの予約が可能です。公共交通機関の運転時間に左右される、教室型英会話スクールとの大きな違いだといえるでしょう。

受講生の都合にあわせ、早朝や深夜にもレッスンを実施するオンライン英会話が多いほか、24時間対応でレッスンを受け付けるサービスもあるほどです。また、多数の講師が在籍するため、予約・キャンセルにフレキシブルに対応できるのも特徴です。スケジュールが埋まっていて予約しにくい、などということもほとんどありません。

2-4. 目的に応じたカリキュラムを用意

アウトプットを重視するオンライン英会話では、あくまでも英語を話すことが基本になります。その基本を崩すことなく、目的に応じて学べるカリキュラムが豊富に用意され、受講者の多様なニーズに応えられる体制が構築されています。もっとも需要の大きいと思われる日常英会話はもちろん、それとはまったく別のアプローチが必要になるビジネス英会話、TOEIC / TOEFL対策などのカリキュラムも用意されています。

オンライン英会話の特徴ともいえる個性的なカリキュラムとしては、カランメソッド、DMEメソッドなどが挙げられます。英語に対して英語で考える「英語脳」を養うことを目的としたカリキュラムで、日本語で考えるヒマを与えないほど高速に英語でやり取りすることで、通常の4倍の速度で英語を習得できるといわれています。

3. オンライン英会話の活用方法

2. オンライン英会話の仕組み

それでは、アウトプットを重視した学習スタイルを持ち、それを実現させるための仕組みを備えたオンライン英会話を有効に活用して、英語を話すという目的を達成するには、どのような点に気をつければいいでしょうか?具体的に解説してみましょう。

3-1. 分からないことをそのままにしない

アウトプットが中心になるオンライン英会話のレッスンでも、分からないことをそのままにしてしまうと次のレッスンに活かせません。会話のなかで「聞き取れなかった」「分からなかった」ことがあれば、その都度聞き返すなり質問するなりして、疑問を解消しておかなければならないでしょう。

講師も受講生が英語を話せるようになるため学習していることは認識しています。日本人の感覚で、聞き返すのは相手に失礼だ、などと思わず、疑問点はそのままにしないようにどんどん質問すべきです。Skypeなどを利用していれば、聞き取れなかった単語をテキストで返してもらうなども可能です。うまくツールを活用することも重要です。

3-2. レッスンのためのインプットを怠らない

アウトプットのレッスンであるオンライン英会話は、そのままでも「外国人と英語で話す」ための度胸や慣れを身に付けられます。しかし、語彙力や文法の裏付けなどのインプットがなければ、実用的な英語力が養えないのも事実です。オンライン英会話のレッスンを活かすには、レッスン前の予習やレッスン後の復習などを怠らずに行うのも重要でしょう。

もちろん、あまりにも厳しいノルマを自身に課してしまうと、続けるのが難しくなってしまうのも事実です。会話のなかで出てきたわからない単語をメモしておく、次回のレッスンで話題にしたい内容を把握しておくなど、簡単な、できることだけでもやっておくのが上達への早道です。

3-3. フリートークを控えめにする

日常英会話のレッスンで陥りがちになるのが、講義中のほとんどをフリートークに費やしてしまうというワナです。一見、英語を話すということに関しては何の問題もないように思えますが、フリートークを延々と続けていると会話が流れてしまう場合があるのです。つまり、フリートークでは、会話のなかで修正した方がいい点、間違いを指摘してもらわなければならない点まで流れてしまい、効果的な学習ができなくなってしまう可能性があるのです。

たとえば、ビジネス英会話やカランメソッドなど、メインとなるカリキュラムを別にしておき、日常英会話でその成果を試してみる、というような活用方法が効果的かもしれません。もちろん、なにがあっても続けていくという気持ちを強く持ち、レッスンを継続していくのがなによりも重要でしょう。

4. オンライン英会話の課題

4. オンライン英会話の課題

インターネットを活用して低価格でのレッスンを実現したオンライン英会話は、その特徴ゆえに課題があるのも事実です。現時点では、ある程度受け入れなければならない課題だともいえますが、考え方によっては課題だとはいえない場合もあるでしょう。具体的に解説してみます。

4-1. ネイティブの講師が少ない

すでに解説したように、低価格のレッスン料金を実現するオンライン英会話では、人件費を抑えられるフィリピン人講師が中心になっており、相対的にいうとネイティブの講師は少ないのが現状だといえるでしょう。英語の発音を気にする人には、ネイティブ講師が少ないのがネガティブな要因になってしまうかもしれません。

しかし、フィリピンは英語が公用語であり、対人スキルの必要なコールセンターの候補地として、世界中から注目されている国でもあります。そういった意味では、フィリピン人講師だからといって、英語の発音を心配する必要はまったくなく、訛のキツいネイティブ講師よりも快適なレッスンを受けられることすらあります。

一方、ネイティブ講師を含め、オンライン英会話では日本語を話さない講師がほとんどだというのも、一部の人にとってはネガティブな要因かもしれません。どうしても日本語の話せる講師のレッスンを受けたい場合は、選択肢は少なくなるものの、バイリンガル講師の在籍するプログラムを探すという手もあります。

4-2. 回線の接続状態が不安定

インターネットへの接続が大前提となるオンライン英会話では、回線の接続状況が不安定だと、レッスン途中で回線が切断されてしまう場合もあります。特にスコールの多いフィリピンでは、その度にインターネット接続ができなくなることも多く、レッスン中断を余儀なくされてしまうでしょう。

この問題の解決に関しては、現地のインフラ整備や強化を待つしかありません。しかし、ほとんどのオンライン英会話サービスでは、こうした場合、中断されたレッスンは、別の日の分として振り替えてくれるなど、独自の対応策が用意されています。

オンライン英会話サービスを選択する際は、こうしたトラブルへの対処はどうなっているのか?きちんと日本語でのサポートが提供されているか?などを確認しておくのがいいでしょう。

5. オンライン英会話と教室型英会話スクールの違い

5. オンライン英会話と教室型英会話スクールの違い

ここまでで、オンライン英会話の特徴や仕組み、活用方法など、課題を含めた基本知識を解説してきました。それでは、オンライン英会話は従来の教室型英会話スクールと、どのような違いがあるのでしょうか?具体的に解説してみます。

5-1. レッスン料金

教室型英会話スクールの料金は、1レッスンあたり5,000円程度です。これに対し、定額制を採用することの多いオンライン英会話の料金は、月額5,000円から1万円程度であるうえ、毎日受講できるサービスがほとんどです。なかには、定額料金で無制限に受講できる、というオンライン英会話サービスもあります。

これは1レッスンあたりの料金に換算すると、160円〜330円程度であり、コーヒー一杯分の料金で英会話レッスンが受けられる計算になります。単純比較は難しいものの、この圧倒的な低価格は、オンライン英会話の大きなアドバンテージだといえます。

5-2. レッスン時間・受講可能なレッスン数

教室型英会話スクールの場合、1レッスン40〜50分前後で1日1レッスンが基本になっているのに対し、オンライン英会話は1レッスン25分程度と、教室型英会話スクールより時間は短いものの、1日2レッスン以上の受講が可能なサービスが多くあります。

教室型英会話スクールの方がじっくりと長い時間英会話できる一方、オンライン英会話では、時間のあるときに集中して予約できるというメリットがあるといえるのではないでしょうか?定額料金で無制限のレッスンが受けられるサービスの場合は、オンライン英会話のメリットがより活かせるでしょう。

5-3. レッスンの対応時間

5-3. レッスンの対応時間

すでに解説したように、公共交通機関の運転時間に左右される教室型英会話スクールでは、必然的にレッスンできる時間が限られ、朝7〜8時から終電前までの対応というのが一般的です。自宅でも受講できるオンライン英会話は、こうした縛りに左右されることがないため、時差を利用した講師の配置とあいまって、より早い時間から遅い時間まで対応可能なのが特徴です。

24時間対応サービスの存在と合わせ、オンライン英会話は残業の多いビジネスマンや、変則シフトの受講者も、無理なく学習できるサービスだといえます。

6. オンライン英会話のおすすめサービスをご紹介!

6. オンライン英会話のおすすめサービスをご紹介!

オンライン英会話が低価格のレッスン料金を実現する仕組みや特徴、魅力などの全貌が少しでも見えてきたのではないでしょうか?しかし、いざ利用しようと考えても、多様なサービスが存在するため、どれを選んでいいか迷ってしまうかもしれません。そんな人に向けて、幅広い層におすすめできるオンライン英会話サービスをいくつか紹介しておきましょう。

6-1. レアジョブ英会話

6-1. レアジョブ英会話

レアジョブ英会話は、マルチデバイスでいつでもどこでも受講できる毎日のレッスンが、わずか129円からはじめられるオンライン英会話サービスです。日常英会話コース、ビジネス英会話コースのほかに、中・高校生コースも用意、日本人カウンセラーによるきめ細かいサポートもオプションで追加できます。

英語を公用語とするフィリピンで、採用率1%という厳しい審査を通過した優秀な講師のみが在籍し、朝6時から深夜1時までのレッスンに対応。受講5分前まで予約が可能なため、急に時間ができたときに思い立ってレッスンを受けるのも可能です。効果的に英語を話せるようになるための教材や、Skypeの必要ないスマートフォンアプリも用意され、初心者からグローバルに活躍するビジネスマンまで、幅広い人におすすめできる実績No.1のオンライン英会話サービスです。

6-2. DMM英会話

6-2. DMM英会話

DMM英会話は、世界102か国の講師陣を揃え、24時間365日対応のレッスンを150円から受けられるオンライン英会話サービスです。合格率5%という採用試験を突破した優秀な講師のほかに、エクストラでネイティブスピーカーの講師も選択可能。英会話レッスンの利用がはじめてという人でも安心できる、日本人講師も在籍しています。

目的に応じて選べる教材は8,000以上、日常英会話はもちろん、ビジネス、TOEIC / TOEFL対策、文学、グラマー、ディスカッション、スピーキングテストなどが豊富に用意され、どれを使っても追加料金がはかかりません。レッスン終了後は、講師からのメッセージや重要なセンテンスや単語も記載された、レッスンレポートを発行。マルチデバイスでいつでもどこでもアクセスできるうえ、レッスンの復習まで可能になります。

6-3. Bizmates

6-3. Bizmates

Bizmatesは、ビジネス経験のある一流のトレーナー陣を揃え、英語初心者から上級者まで、ビジネススキルの向上を念頭に置いた英会話習得をサポートする、ビジネス特化型のオンライン英会話サービスです。受講者のレベルや習得したいスキルに合わせ、コアプログラム、特定スキルにフォーカス、ビジネスの直近問題、異文化ディスカッションの4つのプログラムとオリジナル教材を用意。ビデオ動画での予習・復習を含め、実践的な英会話を習得できます。

もちろん、Skypeが使えるデバイスであれば、いつでもどこでも受講可能。5時〜25時までのレッスンに対応するほか、5分前までの予約、30分前までのキャンセルもできるため、多忙なビジネスマンでも無理なく続けられるでしょう。充実した内容を誇りながら、1レッスン290円からという低価格も魅力。グローバルに活躍したいビジネスマンにおすすめできるオンライン英会話サービスです。

7. まとめ

6. まとめ

少子高齢化の進行する日本では、労働人口の減少とともに、将来的な国内市場の縮小も懸念されています。これは企業が成長していくために、外国人労働者を受け入れていかなければならないこと、事業をグローバルに展開して海外市場に活路を見出さなければならないことを意味します。

こうした状況のなか、今後ますます英語が重要になり、ビジネススキルとしての英会話が必須になるのは当然だといえるでしょう。しかし、多忙なビジネスマンがスケジュールを調整し、英会話スクールに通学するのは容易ではありません。オンライン英会話サービスの存在感が増しているのは、こうした背景があるといえるでしょう。

それぞれのサービスが用意する無料体験を効果的に利用し、いちはやく自分にフィットするオンライン英会話サービスを見つけ、近い将来に備えていく必要があるのかもしれません。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

eラーニングシステムの見積もりが最短翌日までにそろう