あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

オンライン英会話DMM英会話の評判と実態|徹底調査の結果をご紹介!

オンライン英会話「DMM英会話」 トップページ
目次

オンラインでマンツーマンの英会話レッスンを低価格で提供する、というビジネスモデルを持つオンライン英会話が登場したのは、今から10年以上も前の2005年頃だったといわれています。

その後、2010年代以降のインターネット大容量・高速化、スマートフォンの爆発的な普及が後押しになり、新たなベンダーが次々にオンライン英会話事業に参入、市場の拡大とともに数多くのサービスが登場しています。

もともと英語を聞く・話す機会の少なかった日本では、英会話レッスンに対する需要は高かったといえます。しかし、スマートフォンでいつでもどこでも低価格でレッスンが受けられるというオンライン英会話のビジネスモデルは、英会話に対する潜在的な需要まで掘り起こしたともいえるでしょう。

そうした意味では、費用面・時間面で英会話レッスンに踏み切れなかった幅広い層の人々が、オンライン英会話による英語習得に関心を持っているといえます。一方、拡大するニーズを受けて、市場にはさまざまなサービスが存在しており、ほとんどの人はどのサービスを選んだらいいのか迷っている、というのも事実でしょう。

そこで本記事では、比較的後発ながらも、ほかのサービスにはない特徴で業界最大手といえる規模になるまでの成長を遂げたオンライン英会話「DMM英会話」を取り上げ、サービスの詳細や特徴、メリットなどを評判とともに解説していきます。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのeラーニングシステムを厳選!

<総評>「DMM英会話」の特徴はネイティブを含む多国籍の講師陣!

<総評>「DMM英会話」の特徴はネイティブを含む多国籍の講師陣!

「DMM英会話」とは、2013年からのサービス開始と比較的後発ながらも、ネイティブスピーカーを含む世界108ヵ国にもおよぶ多国籍な講師陣を揃え、時差を利用して24時間365日の英会話レッスンを提供するなどの特徴で、業界最大手といえる規模まで成長を遂げたオンライン英会話サービスです。

「DMM英会話」が急成長した最大の要因は、現在でも業界最安値といえる低価格を実現しているレッスン料金にあるといえるでしょう。しかし、サービス開始当初のレッスン料金は決して安価に設定されていたわけではありませんでした。多国籍の講師が在籍し、24時間365日のレッスンを可能としたことで、当初の「DMM英会話」のレッスン料金は業界標準といわれる価格を大幅に上回っていたのです。

その後、2013年12月から約1年間継続された、月額2,950円というキャンペーン価格によって「DMM英会話」は大幅にユーザー数を拡大。ネイティブスピーカーのレッスンを受講できるプラスネイティブプランの追加、教材の充実、市販教材の無料提供などの付加価値をプラスしながらサービスの規模を拡大させてきました。

現在では、調査機関インテージによるオンライン英会話サービス評価・満足度調査において、16項目中13項目で「DMM英会話」がNo.1を獲得するなど、ユーザーから高く評価されるサービスとして認知されるまでになっています。

そもそもオンライン英会話とは?

オンライン英会話とは、これまで教室などに通わなければならなかった英会話レッスンをオンラインで実現すべく、Skypeなどの無料通話を活用して世界各地の講師と受講者を結びつけ、クラウド環境を利用したマッチングや教材提供などを行うサービスです。

データ通信やWi-Fiなど、インターネットへの接続インフラが整備された現代では、スマートフォンやタブレットなどでいつでもどこでも英会話レッスンを受講できるため、その手軽さと低価格で大きな注目を集めています。

オンライン英会話が注目を集める大きな要因であるリーズナブルな利用料金は、これまでの英会話レッスンで必須だった物理的な教室が必要ないことで、固定費や運営費が削減できるため実現しています。加えて高い英語力を誇りながらも、人件費を比較的低く抑えられるフィリピン人を講師の中心に据えていることが理由です。

もともと、学校で充分な英語教育を受けている日本人は、そこでインプットした知識をアウトプットする機会が圧倒的に少なかったため、英会話レッスンに対する需要は高いものがあったといえます。しかし、従来の通学型英会話スクールでは費用が高額になりがちであり、時間的・場所的な制約も通学への高いハードルとなっていたといえるでしょう。

これらのハードルを取り去り、時間的・場所的な制限から解放され、低価格で英会話レッスンを受講できるようにしたのがオンライン英会話です。

ほとんどの人がスマートフォンを所有している現在、オンライン英会話の登場は、幅広い層におよぶ英会話への潜在的な需要さえも掘り起こしたといえるのです。

eラーニングシステム導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のeラーニングシステムの一括見積もりが可能です。eラーニングシステム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
eラーニングシステム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

1.「DMM英会話」の7つのメリット

1.「DMM英会話」の7つのメリット

それでは、オンライン英会話のなかで、ネイティブを含む多国籍の講師が在籍するという特徴を持つ「DMM英会話」を利用するメリットとはなにがあるのでしょうか。数多く存在するメリットを、一つひとつ具体的に解説してみましょう。

1-1. 24時間365日レッスンできる

多くのオンライン英会話サービスが、受講可能時間を早朝〜深夜、せいぜい1時前後までとしているのに対し「DMM英会話」では、24時間365日いつでも英会話レッスンを受講できます。出勤前の早朝や勤務後の遅い時間でもレッスンに対応できるのはもちろん、夜間勤務などで学習にあてられる時間が特殊な人でも、無理なく英会話レッスンを受講できるでしょう。

受講開始の15分前まで予約が可能で、30分前までならキャンセルもできることから、あらゆる人が都合にあわせ、フレキシブルに英会話レッスンを受講できます。

1-2. 8,303以上の全教材が無料

「DMM英会話」は、テーマ別の日常英会話、トラベル英会話、ビジネス英会話、文化・文学、ボキャブラリー、発音、ディスカッションなどからTOEIC、英検試験対策まで、英語力のレベルに応じた8,303以上もの教材が用意されており、市販教材も含めたすべてを無料で使えます。

教材の検索もレベルや目的で簡単に選べ、レッスン前に内容を確認して講師と共有することも可能です。スピーキングテストによって自分自身の英語力をレベル1〜10までで判定してもらえるため、適切な教材を選ぶのにも困らないでしょう。

1-3. ネイティブを含む108ヵ国の講師陣

ほとんどのオンライン英会話サービスで、フィリピン人講師がメインに据えられているのに対し「DMM英会話」では、ネイティブスピーカーを含む世界108ヵ国の多国籍な講師陣が在籍しています。「DMM英会話」が24時間365日の英会話レッスンを実現しているのは、世界各地の時差を利用して、レッスン時間をカバーしていることが理由でもあります。

多国籍の講師陣を選べることは、さまざまな英語に触れられる機会が得られるということも意味します。実際、仕事で英語を使うことがあっても、グローバル化が加速する現代では、ノンネイティブスピーカーと商談する機会の方が多いともいえるでしょう。

商談予定のある国、留学する予定のある国の講師とレッスンを行うなど「DMM英会話」では、オンライン英会話活用の幅も広がります。

1-4. 1レッスン150円から受けられる

4. 1レッスン150円から受けられる

すでに解説したように「DMM英会話」が急成長した要因のひとつが、業界最安値のレッスン料金であり、ノンネイティブスピーカーの講師であれば、その価格は1レッスン25分で150円からという圧倒的な低価格を実現しています。もちろん、入会金などの初期費用は必要なく、課金されるのは定額の月額料金のみです。

毎日1レッスン25分のプランから毎日3レッスン75分のプランまでが用意され、1レッスンあたりの料金を抑えつつ、できる限り多くの時間を「リスニング」「スピーキング」にあてられる価格体系が設定されているのも特徴です。

1-5.「iKnow!」が無料で使える

英会話レッスンの学習効果を高めるには、受講者自身による予習・復習が欠かせませんが、これをサポートする月額1,480円の英語学習アプリ「iKnow!」が無料で使えるのも「DMM英会話」の大きなメリットです。

レッスンのなかで覚えた単語やフレーズは、時間とともに記憶が薄れてしまいますが、これは「エビングハウスの忘却曲線」によって証明されており、適切なタイミングで復習することで記憶を定着できることも証明されています。

「iKnow!」は、この理論にもとづき、登録した単語やフレーズを適切なタイミングで出題し、復習を促してくれるアプリです。教材で使う単語やフレーズを登録して予習することも可能なため、英会話レッスンの前後に「iKnow!」を活用することで学習効果を最大化できます。

1-6. プラスネイティブプランでワンランク上のレッスンが可能

DMM英会話は101ヵ国のノンネイティブスピーカー講師を予約できるスタンダードプランのほかにネイティブスピーカーおよび日本人講師も予約できる「プラスネイティブプラン」が用意されています。

イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、南アフリカという、英語を第一言語としている7か国のネイティブ講師を700名以上揃え、発音やリズム、イントネーション、表現方法、英語圏の時事ネタなど、ネイティブならではの英会話レッスンが受講できます。

英語初心者で英語のみのレッスンに不安を感じるという人でも、日本人講師が予約できるプラスネイティブプランなら安心でしょう。

1-7. プラスレッスンチケットで追加レッスンを受けられる

選択したプランの受講数上限を超えてしまっても「DMM英会話」のプラスレッスンチケットを利用すれば、いつでも好きなだけレッスンを追加できます。急に隙間時間ができてしまって、もうちょっと英会話レッスンを楽しみたい、出張や留学前に集中的に英会話レッスンしたいなど、さまざまなケースで利用可能です。

1枚500円、11枚で5,500円のプラスレッスンチケットは、30日間の有効期限があり、日本人・ネイティブ講師の予約には利用できませんが、いつもは1日1レッスンで充分だけど、特別な事情でレッスンを追加したい場合に活用できるでしょう。

2. 徹底調査でわかった「DMM英会話」を使うべき人・会社

2. 徹底調査でわかった「DMM英会話」を使うべき人・会社

オンライン英会話サービスとして、ほかにはないユニークな特徴を持つ「DMM英会話」は、英会話を習得したい個人だけではなく、従業員の自主的な英語学習をサポートしたい法人に向けたサービスも用意しています。法人向けならではのサポートも含め、どのような人や会社が「DMM英会話」を利用すべきなのかを具体的に紹介します。

2-1. ネイティブスピーカーのレッスンを受講したい人・会社

フィリピン人講師が中心、もしくはフィリピン人講師のみが在籍するのがほとんどのオンライン英会話にあって「DMM英会話」は、ネイティブスピーカーの講師が在籍する数少ないサービスです。ネイティブならではの発音や表現を習得したい、と考える人や会社は「DMM英会話」が選択肢の筆頭となるでしょう。

「DMM英会話」で、ネイティブスピーカー講師の英会話レッスンを受講できるのは「プラスネイティブプラン」のみであり、スタンダードプランに比較すればかなり高額の月額料金が必要になります。

しかし、通学型英会話スクールでは1レッスン約4,000円以上になるのに対し「DMM英会話」は、約1/8以下の料金でネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンが実現できます。

2-2. 24時間対応の英会話レッスンを希望する人・会社

世界108か国に在住する講師がレッスンを行う「DMM英会話」では、時差を利用した24時間365日の英会話レッスンを実現しています。昼夜を問わず、思い立った時間、隙間時間のできたときにすぐレッスンを受講したい、と考える人・会社は「DMM英会話」を利用するのが最適です。

もちろん、評価の高い講師やお気に入り講師の予約は、いつでも簡単にできるとは限りませんが、採用率5%という採用試験を合格した優秀な講師が約6,500人も在籍するため、レッスンの予約自体が困難ということもないでしょう。

2-3. さまざまな国の英語を学びたい人・会社

すでに解説したように、ネイティブを含めた世界108か国の講師が在籍する「DMM英会話」では、学習の目的や用途に応じて、さまざまな国の講師からさまざまな英語を学べます。取引予定の国、留学予定の国の講師を選び、その国ならではの英語を学んだり、国によって異なる文化や習慣を学んだりできるでしょう。

私たちと同じように、英語を第二外国語とするノンネイティブ講師であれば、英語を習得するうえでの困難さやヒントも共有でき、必ずしもネイティブばかりではないグローバル市場で、コミュニケーションするための実践力も養えます。

2-4. リーズナブルに英会話レッスンを受講したい人・会社

「DMM英会話」の急成長の理由と魅力に、リーズナブルなレッスン料金があることは解説しましたが、これは個人と同じプラン・料金が適用される法人に対しても同じことがいえます。つまり、英会話習得になによりもリーズナブルな料金を求めるなら、業界最安値を実現する「DMM英会話」を利用するの最適です。

「DMM英会話」の法人向けサポートサービスでは、無料で企業専用の管理画面を提供してくれるほか、スピーキングテストも無料で提供。さらに、専用の教材作成、問い合わせフォームの設置、学習コンサルタントの準備なども有料オプションで対応可能です。

3. 気になる料金プランをご紹介!

3. 気になる料金プランをご紹介!

個人向け・法人向けにサービスを展開している「DMM英会話」ですが、どちらも基本となるプランが共通しているのは解説したとおりです。そのプランも、2種類のみというシンプルでわかりやすいものになっているのが特徴でしょう。具体的に解説していきます。

3-1. スタンダードプラン

「DMM英会話」のもっとも基本的になるプランが「スタンダードプラン」です。ネイティブスピーカー講師、日本人講師を除く、世界101ヵ国の講師陣と毎日1回以上の英会話レッスンができます。1回のレッスンは25分間、予約したレッスンが完了するまで次のレッスン予約ができないのはすでに解説したとおりです。

・毎日1レッスン25分、月額5,980円
・毎日2レッスン50分、月額9,980円
・毎日3レッスン75分、月額1万3,980円(すべて税込)


すべてのコースで毎日受講するのが前提になっているのが「DMM英会話」の特徴です。月数回のレッスンをリーズナブルに提供する、というようなプランはありません。

3-2. プラスネイティブプラン

スタンダードプランで対象となる101ヵ国の講師に加え、ネイティブスピーカー講師、日本人講師の英会話レッスンが選択できるプランです。毎日1回以上のレッスンを前提とし、1回のレッスンが25分間、予約したレッスンが完了するまで次のレッスン予約ができないというのは、スタンダードプランとまったく同一です。

・毎日1レッスン25分、月額1万5,800円
・毎日2レッスン50分、月額3万1,200円
・毎日3レッスン75分、月額4万5,100円(すべて税込)


尚、無料トライアルを設けている「DMM英会話」ですが、プラスネイティブプランには無料トライアルは適用されず、有料の体験レッスンのみ実施されています。

4.「DMM英会話」の学習効果と評判

4.「DMM英会話」の学習効果と評判

それでは「DMM英会話」を利用することで、英会話および英語力の学習効果をどの程度得られるものでしょうか?また「DMM英会話」を利用したユーザーによる、サービスの評判はどのようなものでしょうか?

何度か触れてきたように、英会話レッスンによって英語力を高めていくためには、受講者であるユーザーの予習・復習などの努力が必須であるとともに、サービス自体が持つ学習効果を高める仕組み、講師の質や最適な教材、適切なフィードバックなども欠かせないでしょう。「DMM英会話」が、ユーザーの努力以外に学習効果を高める仕組みを持っているのか?を中心に解説していきましょう。

4-1.「DMM英会話」の学習効果

世界108か国の講師陣を揃える「DMM英会話」は、レッスン内容がバラエティに跳んだものになるとはいえますが、逆にいえば、さまざまな国の英語が飛び交うグローバル市場のなかでは、実践に役立つ非常に有用な英会話レッスンが受講できるといえるでしょう。ネイティブスピーカーや日本人講師の存在も含め、講師陣のクオリティは確保されているといえます。

また、TOEFL対策こそないものの、TOEICや英検などの試験対策にも対応する、幅広い教材が市販のものを含めて豊富に利用でき、レッスン前に内容を確認できるのも「DMM英会話」の特徴です。レッスン後のレポートを講師から受けられることもあり、万全なフィードバックとともに、予習・復習の仕組みづくりも抜かりはないといえるでしょう。

さらに特筆すべきは、教材やフィードバックなどの要素を活かして、受講者が自主的に予習・復習できる「iKnow!」が無料で使えることです。すでに解説したように、エビングハウスの忘却曲線を活用した「iKnow!」は、学んだことを効果的に定着させる仕組みを持ったアプリです。

業界最安値のレッスン料金とあわせ「DMM英会話」による英会話レッスンの学習効果は、非常に高いといっていいのではないでしょうか?

4-2.「DMM英会話」の評判

オンライン英会話サービス評価・満足度調査で、16項目中13項目でNo.1を獲得するなど「DMM英会話」のユーザー評価は高いものであることはすでに解説しました。実際のユーザーの声を拾ってみても「マンツーマンで講師を独占できるのがいい」「講師のプロ意識を感じる」「ヨーロッパやアフリカなど、さまざまな講師と話せるのが魅力」「接続不良や講師都合のキャンセルは代替チケットがもらえた」など、ポジティブなものが多くなっています。

しかし、上述した「予約したレッスンが完了するまで次の予約ができない」ことに不満を持つ声や、4年連続でレッスン料金が値上げされているのを懸念する声もあります。特に値上げに関しては2018年3月の改訂から、再び値上げされるのではないか??と感じる声も多いようです。

もともと「DMM英会話」は、サービス開始当初に最安プランで月額9,800円を設定していたこともあり、多くのユーザーが当初のレッスン料金設定に戻ってしまうのではないかと懸念していることでもあるでしょう。しかし、業界標準の最安値価格が6,000〜7,000円であることを考えれば、これ以上「DMM英会話」の値上げがあっても、大幅なものではないのではないかとも予想されます。

5. まずは「DMM英会話」の無料体験レッスンを申し込もう

5. まずは「DMM英会話」の無料体験レッスンを申し込もう

さまざまな特徴を持つ「DMM英会話」ですが、オンライン英会話サービスの利用がはじめての人を含め、実際に体験してみないことには、自身が続けられるサービス内容なのか?自身の英語力でもチャレンジできるのか?などの疑問は解消しないでしょう。

そんな人に向け「DMM英会話」では、2回までの英会話レッスンを無料で受講できる「無料体験」を用意しています。上述したように、プラスネイティブプランの無料体験はできませんが、無料体験でも1回に限り、日本人講師が指名できるため、気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか?

・「無料体験はこちら」をクリックして会員登録フォームに必要事項を入力
・届いたメール内のリンクをクリック
・サイトにログインして無料レッスン日程を予約

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

6. まとめ

まとめ

オンラインで英会話レッスンを提供することで固定費や運営費を削減し、低価格のレッスン料金を実現する、というビジネスモデルを持つオンライン英会話のなかでも、世界中に講師を確保することで、バラエティに富んだレッスン提供や24時間365日受講対応という特徴を持つ「DMM英会話」は、どちらかといえば異端の存在なのかもしれません。

しかし、ほかにはない特徴がユーザー満足度を高めているのも事実であり、それは「DMM英会話」が業界大手といえるほどまでに成長したことからも明らかです。グローバル市場で使える実践的な英語を学びたいなら「DMM英会話」の利用をまず最初に検討してみるのがおすすめです。

eラーニングシステム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

eラーニングシステムの見積もりが最短翌日までにそろう