あなたの発注コンシェルジュ

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
掲載希望の方

公開日:2020年05月30日 更新日:2020年05月30日

「ビジネスの達人」の評判と実態【2020年最新版】

ビジネスの達人

イー・コミュニケーションズが提供するビジネスの達人は、ビジネスに必要な基礎知識をドリル形式で簡単に効果的に学べるeラーニングシステムです。

優秀な人材の確保が難しくなる一方の現在、ビジネスの達人の存在感は急速に高まっています。
その理由はなぜか?実際の使い勝手は?どんな活用メリットを得られるのか?ビジネスの達人の実態に迫ります。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのeラーニングシステムを厳選!

目次

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

<総評>ビジネスの達人は内定者・新入社員特化型サービス

ビジネスの達人は、内定者・新入社員向けのSaaS型eラーニングシステムです。「人は問われてはじめて考える」のコンセプトをもとに開発されているのが特徴。受講者は、いつでもどこでもドリル形式による学習が可能です。

内定者にビジネスの基礎知識を習得してもらうだけでなく、反復学習によって入社後の新入社員へ知識の定着を促す仕組みも搭載。1IDあたりの月額を低価格に抑えているのもポイントです。

他のeラーニングシステムと比べるとどうなのか

ビジネス全般に活用できるドリル問題や、知識定着に向けたテスト問題で構成されるビジネスの達人は、内定者・新入社員に特化したeラーニングシステムです。学習進捗の確認やフォローアップなど、受講者を管理しやすいようなインターフェースも用意されています。

一方、内定者・新入社員に特化しているため、階層別の社員教育や自社ナレッジ共有などに活用するのは現実的ではないでしょう。オリジナルコンテンツの制作を含む柔軟性・拡張性を求める企業は、別の選択肢を検討した方が無難です。

eラーニングシステム導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のeラーニングシステムの一括見積もりが可能です。eラーニングシステム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
eラーニングシステム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

ビジネスの達人の7つのメリット

それでは、対象者が限定されるにも関わらず、ビジネスの達人が多くの企業から支持される理由はどこにあるのでしょうか?eラーニングの管理者と受講者、双方の視点で考えた場合に挙げられる具体的なメリットを、7つに絞ってご紹介しましょう。

新入社員が知っておきたい知識を網羅した学習ドリル

ビジネスの達人には、新入社員が知っておきたい知識を厳選した、8カテゴリー187問の学習ドリルが標準搭載されています。改めてコンテンツを制作することなく、内定者・新入社員に汎用的なビジネス基礎知識を習得させることが可能です。

ビジネスマナーやコミュニケーション、会社の仕組みやコンプライアンス、プロ意識・仕事術、マーケティングやキャリア、ビジネスワードなど、どのような業界・業種であっても有用な内容になっているのもポイントです。

モバイル最適化でいつでもどこでも学習可能

ビジネスの達人は、モバイルデバイスにも最適化された工夫が成されているのも特徴のひとつです。デバイス最適化はもちろん、コンテンツに関してもモバイルを大きく意識しています。

たとえばドリル問題は、通勤電車でも気軽に取り組めるよう、1問2〜3分で回答できるように制作されています。一駅間を移動するわずかな時間でも、eラーニングに取り組めるようにとの配慮からです。隙間時間を有効活用する工夫を施すことで、受講者のモチベーション低下を防ぐ効果も期待できます。

入社前の内定者に効果的なインプット教育が可能

間違えた問題のみ復習できるカテゴリーごとのテストや、ランクアップに応じて変化する見習い・玄人表示など、ビジネスの達人には気軽に学習に取り組める以外にも、さまざまな工夫が盛り込まれています。これによって、入社前の内定者へ効果的なインプット教育を実施できます。

入社前年の10月から、いつでも学習を始められるのも魅力的なポイント。毎年新たなコンテンツが搭載されるため、時代に応じたタイムリーなインプットができるのも特徴です。

集合型研修で効果的なアウトプット学習を実現

ビジネスの達人のインプット学習によって、内定者・新入社員の知識レベルを揃えられるため、入社後の集合型研修はアウトプット型学習中心の実施が可能です。

個人学習はビジネスの達人で完了しているため、集合研修では一方通行にならない、実践を中心にした教育が可能。すでに習得した知識を実践することにより、知識の習得力を高め、新入社員の即戦力化も期待できるでしょう。

配属後の知識定着を促す効果的な仕組み

ビジネスの達人では、入社6か月目の10月を目処に、これまで学習したことを振り返る確認テストを実施できます。配属後であっても、知識の定着を促せる効果的な仕組みが盛り込まれているのです。

確認テストの内容は「テストに解答して解説を読む」構成になっており、入社後の社会人経験とすでに学んだビジネス基礎知識を結びつけ、実践に活かせる知識を再確認・定着させる仕組みを採用。必要充分な問題数が用意されています。

内定者・新入社員向けの実践的な集合研修も提供

ビジネスの達人の販売パートナーであるキャプランでは、新入社員がビジネススキルや業務スキルを学べる各種集合研修・eラーニングを提供しており、ビジネスの達人と連動するオプションプログラムとして活用できます。

ビジネスマナーはもちろん、プレゼンテーションスキルやチームワークを学べる基礎力研修や、英語学習・ビジネス語学・マインドセットなどのグローバル研修も用意。年間受講者数1万人を超える、キャプランのノウハウが凝縮されたプログラムを受講できます。

使いやすいインターフェースで人事担当者の負担を軽減

自発的に学べる仕組みが搭載されたビジネスの達人は、人事担当者の負担軽減にも役立ちます。使いやすくわかりやすいインターフェースが採用されているため、学習進捗の把握も容易。

内定者・新入社員のビジネス知識習得に特化した内容のため、受講者が操作に迷うことはありません。管理者がフォローしなければならないことは、ほとんどないでしょう。万一、学習に遅れが生じている内定者がいたとしても、ひと目で確認できるためフォローアップも簡単です。

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

徹底調査でわかったビジネスの達人を使うべき人・会社

多くのメリットを持つビジネスの達人ですが、用途・対象が限定されているeラーニングシステムなのも特徴のひとつです。それでは、その魅力を最大限活かすために、どのような企業がどのように活用するのがベストでしょうか?

内定者の辞退を減らしたい企業

学生の就職活動開始は年々早まっており、採用自由化の風潮も手伝って、内定が確定する時期も早まっているのが近年の傾向です。一方で、入社までの期間が長くなることによって、内定辞退を申し出る学生も少なくありません。ビジネスの達人導入は、このような内定者の辞退を減らすのに役立つと考えられます。

入社までの期間が長ければ、内定者は新しい生活への不安を抱えがちであり、心変わりすることもあります。ビジネスの達人を導入することで、早い段階から内定者との関係を構築し、適切なケアを行うことが可能です。

ビジネスの達人には、内定者の知識レベルを揃えるだけでなく、心変わりを素早くキャッチしてフォローすることによって、内定者の不安を和らげて辞退を減らす効果も期待できるでしょう。

新入社員の即戦力化を実現したい企業

ビジネスの達人には、内定者・新入社員がビジネスに必要な基礎知識をドリル形式で学べるだけでなく、習得した知識を定着させるためのさまざまな工夫が盛り込まれています。できるだけ素早く新入社員の即戦力化を実現したい企業にとって、最適なeラーニングシステムだといえるでしょう。

ビジネスの達人で内定者の知識レベルを揃えられれば、入社後の集合研修をアウトプット型中心で進めることが可能です。入社直後からインプット・アウトプットを組み合わせた効果的な教育ができるのはもちろん、実践力を養うことにも貢献できます。

ビジネススキル・業務スキルを学べるオプションが用意されているのもポイント。業界・業種に沿ったプログラムをビジネスの達人と組み合わせることも可能です。

ビジネスの達人の料金プラン

ビジネスの達人は、利用しやすいリーズナブルでシンプルな料金プランも魅力です。内定期間中はもちろん、配属後の振り返りテスト実施までの8か月間すべてのドリル・テストを含むコンテンツを使いたい放題にも関わらず、1IDあたり9,800円(税抜)の低価格を実現。どんな企業でも導入できる手軽さを兼ね備えています。

187問のドリル問題のほか、復習テスト・総復習テストと確認テストを、それぞれランダムに出題できるのもポイントです。

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

ビジネスの達人の導入実績・効果

これからビジネスの達人導入を検討する企業担当者にとって、導入によって実際にどのような課題を解決できるのかは、非常に気になるポイントかもしれません。

そこで以下からは、どのような課題を解決するためビジネスの達人導入が検討されたのか?導入によってどのような効果が得られたのか、具体的な企業事例とともに紹介してみましょう。

A株式会社

ビジネスの達人の導入事例ページ(株式会社イー・コミュニケーションズ https://www.e-coms.co.jp/jirei/interview/interview03.html 参照)によると、A社は、書籍・雑誌などの出版印刷や、広告・販売促進などの商業出版事業を中心に、教科書コンテンツ制作などの教育事業も手がける1911年創業の老舗出版会社です。各々の個性にあわせた多様な人材の育成に力を注いでおり、最適な採用・教育体系を10年かけて構築してきました。

一方で、自社に最適化された育成計画だけでなく外部の確立された分析手法も取り入れた方が、より従業員の問題意識を喚起するのに役立つのではないか?との議論もされていました。そのための手法として、導入候補に挙がったのがビジネスの達人だったのです。

業務時間内でもビジネスの達人を活用した自己学習の環境が構築されると、同期の状況がランキング表示されるゲーム性もあり、全員が一斉に取り組む状況が確立。現場に出てから必要になる「接遇」などを総復習でき、知識を定着させることに成功したのです。

独自の育成計画に加え、ビジネスの達人で新入社員の戦力化に成功し、2年目を迎える新人が次年度に入社してくる新入社員の良き模範となる人物として成長できるよう、期待を寄せています。

B株式会社

ビジネスの達人の導入事例ページ(株式会社イー・コミュニケーションズ https://www.e-coms.co.jp/jirei/interview/interview08.html 参照)によると、B社は、web・動画・広告・タレントキャスティングを含めた、総合的なマーケティングコミュニケーションサービスを提供する総合PR会社です。東証一部上場も果たすなど成長を続けており、国内1位のPR会社の地位を確立。しかし、会社規模の拡大とともに評価する側から評価される側になったマインドセットが醸成されずに、新入社員を配属されてしまう課題を抱えていました。

それまで研修のなかったB社が、課題解決のために導入したのがビジネスの達人です。内定者を対象に「結果にこだわらない人に成長はない。100%やり切る」マインドを浸透させるため、オリエンテーションの初日から実践させたのです。

ゲーム感覚で学習できるビジネスの達人は、近年の若者に対して非常に効果的でした。内定者向けメルマガに、ビジネスの達人修了者を掲載したのも効果を発揮。月に1度の内定者集合日には、学習した知識が浸透しているのが手にとるようにわかり、受講者のモチベーション維持にも成功。配属先の現場からもクレームゼロの成果を実現したのです。

内定者・新入社員向けの研修として、引き続き活用するのはもちろん、今後は自社に特化したeラーニング教育体系も構築していく予定です。

まずはビジネスの達人の見積もりを

ここまで、ビジネスの達人のメリットや有効な活用方法、実際の企業導入事例などをご紹介しました。一方、シンプルな構成とはいえ、ビジネスの達人は内定者・新入社員向けに特化したサービスでもあり、自社の使い方にマッチしているかどうかの判断は簡単ではないかもしれません。

「ビジネスの達人」の導入を検討している方は、まず「アイミツ」で見積もりし、内容を確認したうえで判断するといいでしょう。

まとめ

内定者・新入社員の知識定着や即戦力化に力を発揮するビジネスの達人ですが、自社の育成計画を補完する、汎用的なコンテンツとして活用できる柔軟性もあわせ持っています。

もちろん、本来の使い方で大きな効果を発揮できるのも実証済みです。しかし、実際に利用してみなければ、本当の使い勝手がわからないのも事実でしょう。

幸いにも、ビジネスの達人では、使い勝手を確認できるトライアルIDの入手が可能です。資料を熟読したうえで、検討してみてはいかがでしょうか。

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

eラーニングシステムの見積もりが最短翌日までにそろう