あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日:2020年06月23日 更新日:2020年06月23日

「Tradeshift」の評判と実態【2020年最新版】

Tradeshift

Tradeshiftは、東京都港区に本社を持つ「トレードシフトジャパン株式会社」が提供する、企業間の電子取引を行うEDIシステムです。電子取引におけるメリットを提供しており、世界190ヵ国で150万社が利用しています。

この記事では、Tradeshiftを導入することによるメリットや使うべき人、導入効果などについて解説。EDIシステムの新規導入や既存システムからの移行を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、おすすめのEDIを厳選!

目次
アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

<総評>Tradeshiftは世界最大規模のBtoB商取引プラットフォーム

Tradeshiftは、グローバルに展開している世界最大規模のBtoB商取引プラットフォームです。基本機能は、無料で利用できます。

また、さまざまなアプリを使って必要な機能をカスタマイズできることも、Tradeshiftの特徴の一つ。エクセルアップローダ・ファイナンスアプリ・データ連携アプリ・Paypal・クラウドスキャンなど、100以上のアプリとの連携ができ、システムを拡張していくことが可能です。

EDI導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のEDIの見積もりが可能です。EDI選びの時間も大幅に節約できるでしょう。
EDI選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

Tradeshiftの6つのメリット

それでは、Tradeshiftを活用することでどのようなメリットがあるかお伝えします。

海外の取引先との取り引きが簡単に可能

Tradeshiftは、グローバルで150万社が使用している多国籍・多言語対応の電子取引プラットフォームです。日本法人をはじめとする世界各地の拠点をベースに、クライアントの企業間取引に貢献しています。

中小企業のほか、グローバル企業の多くでもTradeshiftが採用。取引先での導入もコストをかけることなく簡単にできるため、海外の拠点や取引先との企業間取引をスムーズに行うことができます。

アプリとの連携による効率化が可能

必要に応じてさまざまなアプリと連携し、Tradeshiftのシステムを拡張していくことが可能。自由にカスタマイズし、業務をさらに効率化できます。

たとえば、使用している会計ソフトとの連携、金融機関との連携、PDFファイル内の文字情報のデータ化などにおいて、対応したアプリを活用。Tradeshiftの電子ファイルと連携した業務プロセスを、自由に構築できます。

簡単に操作でき、直感的に使用可能

Tradeshiftは、誰もが簡単に操作でき、直感的に使用できるユーザインターフェースが搭載されています。そのため、システム導入時の準備や利用者への研修に工数やコストを費やす必要がありません。

1,000人以上の社員を抱える企業でも、特別なトレーニングを行うことなく、スムーズに導入した事例もあります。クライアント側で簡単に導入できると同時に、取引先にも負担をかけずに済むシステムです。

取引業務の効率化・コストダウンを実現

注文書・請求書の作成から受領・支払い処理まで、すべてオンラインで完結します。スピーディーに事務処理ができるため、業務の効率化とコストダウンにつなげることができます。

たとえば、ペーパーレスによる取り引きができるため、印刷代や用紙代が不要になると同時に、業務がシンプルになることで人的ミスの削減も実現。システムの運用・保守費用も一切かからず、担当していたスタッフを、より付加価値の高い業務にシフトさせることが可能です。

モバイル環境でも利用可能

Tradeshiftは、パソコンのほか、スマートフォンやタブレットから利用することも可能です。OSに特別な制限はなく、ブラウザさえあればどのような機器からでも接続が可能。

サーバなどの設備を準備する必要もなく、クライアントの使用環境を選ばずに利用できることも特徴の一つです。ブラウザは、Internet Explorerのほか、SafariやChrome、Androidなどに対応しています。

実績あるシステムを無料で利用可能

Tradeshiftは、世界の150万社が利用しているシステムで、グローバルレベルの豊富な実績があります。このシステムの基本的な機能を無料で使用できます。

たとえば、アカウント作成・電子ファイルの送受信・メッセージの送受信・APIシステム連携などの基本サービスを無料で利用可能。Tradeshiftの公式サイトから申請を行い、アカウントを取得することで、システムの利用ができるようになります。

アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

徹底調査で分かったTradeshiftを使うべき人・会社

ここまで紹介したメリットを踏まえ、Tradeshiftは一体どんな人・会社が使うべきなのか、具体的にお伝えします。

海外企業との取り引きをしたい会社

多言語対応されているTradeshiftは、グローバルに展開しているBtoB商取引プラットフォームです。日本をはじめ、アメリカ・ヨーロッパ・アジア・オーストラリアにある拠点をベースに、世界190ヵ国で使用されている実績があります。

また、Tradeshiftと自社システムのデータ連携が簡単にできるため、どの国の取引先であっても、短期間で電子取引を始めることが可能。請求書などの電子書類を、いつでも取引先に共有でき、正確でスピーディーな処理ができるようになります。そのため、海外にある取引先と電子取引をしたい会社や、これから海外に進出したいという会社におすすめです。

無料のシステムを利用したい会社

基本的なサービスが無料で利用できることも、Tradeshiftの特徴の一つ。アカウントを作成の上、取引先とは何社でも何件でも、電子請求書の発行・受領が可能。取引先とのチャットや、APIとのシステム連携ができ、電子請求書の10年間保存に対応しています。

サーバーなどの機器や特別なソフトウェアも必要ないため、無料で取り引きを始めることが可能なので、費用をかけずにシステムを利用したいという会社におすすめです。また、有料の「バイヤ向け電子請求書ベーシック」プランでは、基本機能に加えて、電子請求書受信後のワークフローや、承認が完了した電子請求書のダウンロードを行うことができます。

必要に応じてシステムを拡張したい会社

Tradeshiftのアプリストアには、100種類以上のビジネスアプリが用意されています。会計システムと連携するためのアプリや、画像データをテキスト化するOCRアプリなど、業務で必要となるアプリを入手し、既存システムとの連携が可能。これにより請求業務をメインとした、さまざまな業務における効率化やコストダウンにつなげることができます。

また、アプリストアのアプリを使用するだけでなく、自社開発したアプリのTradeshiftへの接続や、開発したアプリの販売も可能です。

Tradeshiftの料金プラン

■バイヤ向けプラン/サプライヤ向けプラン
電子請求書の基本機能を無料で使用できます。

【無料での利用手順】
▼Step1:Tradeshiftの公式サイトから申請を行い、メールによる返信を待ちます。
▼Step2:受信したメール内にあるボタンをクリック。会社情報やユーザ情報などの必要事項を入力して、アカウントのアクティブ化を行います。
▼Step3:アカウントの作成が完了すると、自動的にTradeshiftのアカウントに移動します。

■バイヤ向け電子請求書ベーシックプラン
電子請求書の基本機能に加え、電子請求書受信後のワークフロー・電子請求書データのダウンロード機能を、月額5万円(請求書の受領:月200件まで)で使用できます。

アイミツ
EDIの見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

Tradeshiftの導入実績・効果

ここからは、実際にTradeshiftを導入した企業の例を取り上げ、システム導入後にどんな効果があったのかをお伝えします。

A社

A社は、自動車運送事業を展開している会社です。一般トラック輸送や海上コンテナ輸送、冷凍冷蔵食品輸送などを行っています。

従来は月に数万件の請求処理を手作業で行っており、大変な工数がかかっていました。そのため、企業間取引業務の効率化を目指して、システム導入の検討をスタート。膨大な請求書をシンプルな操作で自動処理できることから、Tradeshiftの導入を決定しました。

システム導入後は、取引業務をすべて自動化でき、業務の大幅な効率化を実現。管理画面がシンプルで直感的に使用できるため、特別なトレーニングを行う必要もなく、スムーズに導入できました。

B社

B社は、公費負担医療によるヘルスケアを展開する医療機関です。

システム導入前は、16万件以上の取引先に対して年間1,400万件の請求書処理を行っており、人的ミスやシステムエラーが多発していました。1日に3万件を超える請求書に柔軟かつスピーディーに対応するために、請求書処理の効率化ができるシステムの検討を開始。請求書を処理する能力と、多くの会計システムとの連動性、公共機関であるがためのシステム拡張性の点から、Tradeshiftの導入を決定しました。

導入前のシステムにおける電子請求を利用した取引先は約100社だったのに対して、Tradeshift導入後6ヵ月で1,350社まで伸ばすことに成功。また、請求書送付後の管理業務の大幅な効率化も実現。簡単な操作により、請求から支払いまでがスムーズに行われるようになりました。

まずはTradeshiftの見積もりを

Tradeshiftは、世界最大規模のBtoB商取引プラットフォームです。豊富なアプリと連携し、システムを拡張していくことも可能。実際に導入した会社の声を聞いても、スピーディーな処理ができるようになり、取引業務の効率化などの効果につながっているようです。

EDIシステムの新規導入や既存システムからの移行を検討している方は、ぜひ導入を考えてみてはいかがでしょうか。アイミツでは、Tradeshiftの見積もりを受け付けています。詳しい詳細を確認するためにも、まずは無料の見積もりから始めてみてはいかがでしょうか。お気軽に見積もりについてお問い合わせください

まとめ

Tradeshiftを導入することにより、電子取引業務の効率化につなげることができます。導入する際のハードルが極めて低く、これまでにほかの電子取引サービスを利用してきた会社や、初めて導入する会社にもおすすめのサービスです。

また、基本機能については無料で導入できることも大きな魅力Tradeshiftは、海外でも多くの企業で利用されている製品です。その特徴とメリットを十分に把握した上で、Tradeshiftの導入を検討してみませんか。詳しい詳細を確認するためにも、まずは見積もりのご連絡をいただければと思います。

EDI探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

EDIが
最短翌日までにそろう